へぇ~♪そうなんだ~♪

映画<ネタバレ・あらすじ>本

「 スキャナー 記憶のカケラをよむ男 」< ネタバレ あらすじ > 残留思念を読む落ちこぼれ芸人が事件を解決する! 人間って美しい 野村萬斎×宮迫博之

 

 

監督 = 金子修介

 

◆仙谷和彦(野村萬斎)

◆丸山竜司(宮迫博之)

◆秋山亜美(杉咲花)

◆沢村雪絵(木村文乃)

◆佐々部悟(安田章大)

◆伊藤忍(ちすん)

◆陶芸久美子(高畑敦子)

 

< ネタバレ あらすじ >

スキャナー 記憶のカケラをよむ男

 

かつて「マイティーズ」というお笑いコンビがいました。残留思念を読める仙谷和彦の能力を活かし相方の丸山竜司がお客さんの秘密を暴露するスタイルが爆発的に話題となっていました。

しかし「やらせ」を暴かれた事や残留思念を読んでばっかりで人と接する事に疲れた仙谷が引きこもりとなった事で活動は中断となりました。

丸山は借金を抱えながら毒舌なトークで1人頑張っていたが商店街のイベントですら首になる始末、ついに社長の峠から契約解除通知を言い渡されます。

そんな時、18歳の秋山亜美が訪ねてきました。

 

亜美は1ヶ月後に控えたピアノコンクールに向け頑張っていたがなんとなくやる気を失い間違えると演奏を止めてしまいます。

「手を止めたらダメ、あなたは才能があるから大丈夫よ」

音大に通う沢村雪絵は亜美の爪をヤスリで磨きながら言いました。

亜美はプレッシャーにやられ「自分の夢を人に押し付けないで!」と言い出て行ってしまうがその日以来、雪絵が行方不明となってしまいました。

亜美は雪絵がファンだった「マイティーズ」の事務所を訪れ30万集めたから仙谷の能力を活かして雪絵を見付けて欲しいとお願いします。

仙谷に会いたくない丸山だったが社長が引き受け借金もある事で現在マンションの管理人をする仙谷に会いに行きます。

 

仙谷はマンションの屋上のペントハウスで水槽に囲まれて住んでいました。

丸山は亜美を連れて行くが仙谷は人間不信に陥っており雪絵の私物を手に取り適当に伝えて追い出そうとするが爪ヤスリを手に取った時に「才能は自分ではなく人の為に存在する」と発言する雪絵の姿を見ます。

それでも断る仙谷だったが思念を読んでしまった事で寝れなくなり嫌々協力する事になりました。

 

仙谷は雪絵の自転車の残留思念を読むと亜美のレッスンを終えた日に拉致される映像を見てしまいます。

座り込む白いワンピースを着た女性に「大丈夫ですか?」と声をかけるが注射をうたれたあと車に押し込まれたのです。

亜美が警察署に行きマイティーズに記憶を読んでもらったと告げるが相手にされなかったので丸山は警視庁に手紙を送ると野田部長や新人の佐々部巡査の目に留まります。

警視庁は連続殺人事件を捜査していたが公開していない情報と一致していたので仙谷と丸山を連行しました。仙谷の超能力を信じない警視庁は遺族を弄ぶなと激怒し長い聴取を終えたあと2人を返しました。

スポンサーリンク
 

「あなたには特別な才能がある。人の為に才能はあるのよ」

仙谷と丸山は警視庁が捜査している連続殺人事件の被害者のお宅を訪ねて思念を読み埠頭に行くと倉庫で犯人のエリカが被害者に暴行を加える映像を見てしまいます。

仙谷と丸山は車の中で今後について話し合っている時に大型トラックに衝突され車ごと海に落下してしまいます。丸山はなんとか仙谷を助け出し車から脱出すると警視庁がやってきます。

 

警視庁に信用してもらえなかった丸山はどうせ何を言っても信用しないだろうと暴言を吐いたあと髪の長い女性のエリカが犯人だと告げました。

仙谷を心配する亜美に社長は人を好きになり楽しませる喜びを知ってもらいたいのだと言いました。丸山は11歳からしか記憶がない仙谷は他人の記憶よりも自分の記憶が欲しいのだと言いました。

亜美はコンクールに向けて1人練習に励んでいると仙谷が訪れました。

雪絵は手を怪我するまで天才ピアニストとして評されていました。「私に託されても…」とつぶやく亜美に仙谷は雪絵の爪ヤスリを渡し「才能は人のためにある、今もどこかで優勝すると信じている」と伝えます。

 

仙谷は1人で埠頭の倉庫に足を運びます。雪絵がまだ殺されていない事を知り丸山に「エリカは4人を殺そうとしている」と伝えます。

4人目がどこにいるのか雪絵から聞き出そうとしていると警視庁佐々部巡査に報告すると殺された2人と雪絵は小学生の時に霞高原で夏期講習に参加していた事が分かります。

参加名簿には雪絵の友人で音大に通う伊藤忍の名前があったが彼女は参加していないから分からないと答えました。

仙谷と佐々部は2時間かけて車を飛ばし「木戸エリカ」が住んでいた今は誰も住んでない家に向かいます。

エリカは体が弱く家族で引っ越してきたがいつ間にか姿を消したと地元の刑事は言いました。

家にあった1枚の絵を手に取った仙谷は残留思念を読むと4人目は亜美だと分かり佐々部は急遽戻ります。

仙谷は木戸エリカが10歳で病死したのに思念が残っている事に頭を悩ませます。

 

ピアノコンクールの日。亜美は練習した通り演奏を終えました。花束を渡そうする伊藤忍の前に警視庁捜査一課が現れ容疑者として逮捕します。伊藤忍はエリカの名前を使ってネットで4人を探していた事を突き止めたのです。

しかし伊藤忍は身に覚えがないと言いました。

 

木戸エリカの家にいた仙谷は丸山に車で迎えにきてもらいエリカの思念が誰かに取り憑いている可能性があると話します。

思念を頼りに山奥に進んで行く仙谷と丸山だが雪絵の死体を発見してしまいます。雪絵を抱き抱えた仙谷は犯人が佐々部巡査だと知り急いで車を走らせます。

その頃、伊藤忍のIPアドレスが改竄された事が判明した警視庁では保護したはずの亜美が行方不明となっていました。

 

亜美は気付くと手足を縛られていました。白いワンピースを着た少女がいたが近くに来ると女装した佐々部だと分かります。

身体が弱く病気で遊ぶことが出来ないエリカだが夏期講習に来て広場で遊んでいた当時小学生の4人は「外で遊んだ方が元気になる、一緒に遊ぼう」と声を掛けたのです。

姿が見えないエリカを探すと土砂降りの雨の中ボールを抱えたまま死んでいたのです。兄は両親から責められ、エリカの変わりとなって生きようと髪を伸ばしはじめます。すると両親からの虐待が始まり保護を受け警察官僚の家に引き取られました。

そして佐々部と名前が変わるが心の底に眠っていた恨みは消えませんでした。

 

「エリカはずっと待っていた、どうして約束を破ったんだ!」と佐々部はナイフを振り上げるとギリギリのところで雪絵の思念に居場所を教わり丸山と仙谷が間に合いました。

佐々部は子供達と遊ぶ約束をしたから土砂降りの雨の中エリカは出て行ったと思い込んでいました。

しかしエリカはもうすぐ死ぬと分かっており最後に兄と遊びたくて「4人と遊んで楽しかった」や「遊ぶ約束をした」と嘘をついていたのです。

仙谷から真実を知らされた佐々部は警視庁捜査一課に囲まれ持っていた銃で自らを撃ちました。

仙谷はエリカが持っていたボールを佐々部に渡します。エリカと一緒におもいっきり遊ぶは佐々部は満足して息を引き取りました。

雪絵はどうなったのか聞かれた仙谷は「最後まで亜美を守ったんだ」と言いました。

 

峠社長はうちのマイティーズが事件を解決したと記者会見して浮かれている頃、仙谷と丸山はコンクールに行かれなかった亜美の演奏を聞きます。

忍が雪絵の遺影を持ち亜美は雪絵が母親の形見だとして肌身離さず持っていたペンダントを譲り受けていました。

このペンダントは昔、仙谷が拾い残留思念を読んで雪絵の家に返しに行っていました。テレビでマイティーズを見た雪絵は仙谷の超能力を信じていました。

仙谷は家に帰り爪ヤスリに手を触れると「頑張ったね、ありがとう」と雪絵に言われます。

 

「のぼうの城」<ネタバレ・あらすじ>~秀吉が落とせなかった城 / 主演・野村萬斎 - へぇ~♪そうなんだ~♪

 

映画「デスノート」 < ネタバレ あらすじ > 天才的な頭脳を持つ大学生がDEATH NOTEを拾い新世界の神となる - へぇ~♪そうなんだ~♪