読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

へぇ~♪そうなんだ~♪

映画<ネタバレ・あらすじ>本

「死命」(薬丸岳)<ネタバレ・あらすじ> 余命を宣告された刑事と快楽殺人に目覚めてしまった犯人!

薬丸岳 ミステリー BOOK

 

死命 (文春文庫)

死命 (文春文庫)

 

 

死を宣告された刑事と犯人!!

余命を宣告されても最後まで刑事でいたいと事件を追い続ける者が、
余命を宣告された事で快楽殺人への欲求に目覚めてしまった犯人に罪を償わせる事が出来るのか?

殺人衝動に悩みながら人生を歩んできたものが、
余命を宣告してくれた医者に感謝し動き出してしまう。
ちょっとおぞましい話ですが、
犯人は何故、快楽殺人に目覚めてしまったのであろうか?


途中で休憩を許さない、
一気に読ませてくれる薬丸岳さんらしい一冊です。

皆様は余命を宣告されたらどうなるでしょうか?
隠れていた欲求が動き出す・・・なんて事はだめですよ

 

完全ネタバレですのでご注意ください

 

<ネタバレ・あらすじ> 死命

スポンサーリンク
 

大学時代のサークルメンバーと久しぶりに集まり、

そこで真一は大学時代お付き合いをしていた澄乃と8年ぶりに再会した。
真一は澄乃が忘れられず独身だったが澄乃は圭介と結婚しその後離婚していた。


大学時代、愛し合っている途中で何故か真一は無意識に澄乃の首を閉め、
驚いた澄乃は近くにあった目覚まし時計で真一の頭をたたき家を飛び出した。
それから会ってはいなかったがどうやら澄乃はあまり気にしていないらしく真一はほっとした。


真一は末期の胃癌だと告知されてしまうがその事がきっかけで昔から抱いていた願望(性行為の時に女性の首を絞めて殺してしまいたい)が動き出してしまう。


連続殺人事件の始まりである。


一方、
警察のアオイ凌も末期の胃癌と宣告されていた。
30年間仕事一筋だった凌は最後まで刑事でいたいと仕事に力を入れる!
それはすでに亡くなっている妻の為でもあった。


捜査を続ける中で目撃情報から、
犯人は耳があまり聞こえないのでは?と刑事の勘が働く!
そう、真一は補聴器を付け口の動きを読んで会話をしているのだ。


真一が末期のガンだと知りそばにいる決意をする澄乃だが、
真一の謎の行動と大学時代に首を絞められた事は「昔の自分の行動」と何か関係あるのではないかと思うようになる。
また胃癌を宣告されてから3億円の豪邸を真一が購入した事を知り、
今現在高級マンションに住む真一が何故・・・行ってみようか・・・考えていると小学生の頃の嫌な記憶が。。。


真一と澄乃は一時ではあるが小学生の頃同じ町に住んでいた。。
仲良かった真一と澄乃はいつものように廃小屋で話していると外から声が聞こえたので二人で隠れた。
そこで見たものは、、、
真一の父親と澄乃の姉の性行為である。。
お互い見なかった事にしようと約束したが澄乃は真一の母親だけに話してしまった。
それから真一の様子がおかしくなり心配で真一の家に行った澄乃はとんでもない事を目撃し後悔する。
そんな事を思い出しながら豪邸を見に行った澄乃は犯人が真一だと気付くのであったが、
警察に連絡をしている最中に車にひかれ命を落とす事になる。。。お腹の中には赤ちゃんがいた。


一方次々と連続快楽殺人をする中で、
小学生時代の記憶を少しずつ真一も思い出して行く事になる。


後手に手錠をはめられ母親から性的虐待を受けていた真一は、
ふと窓に向けるとなんとも言えない表情の澄乃と目が合ったのである。。
さらに父親からは暴力による虐待をうけていた。
真一は澄乃から謝罪され、
その時に「次なんかされたらこれで・・・」とナイフをわたされたのだ。


すべて思い出した真一、
自分が何故快楽殺人に目覚めたのか?何故耳が悪いのか?・・・・
もう自分の命が長くない事を勘づいた真一は最後に母親を殺しに行くのであったが、
自分と同じように「先がない」事まで調べあげ行方を追っていた凌に捕まるのであった。
最後は母親を殺しに行くと「刑事の勘」が働いたのである。


死ぬのが怖くない真一にたいしてどうやったら罪を償わせる事が出来るのか・・・・


最後に凌はベッドにいる真一に澄乃の最後の伝言を伝えた。


「あなたの事を待っている、子供と一緒に待っている、」


本当は、
「あなたと出会わなければ良かった、そうしたら愛する事もなかったのに・・・」なのに。。


真一は恐怖を覚えながら死んで行くのであった。


<薬丸岳 ハードラック>

「ハードラック」(薬丸岳)<ネタバレ・あらすじ>(前半)~闇の掲示板で知り合った仲間と強盗するが放火殺人として指名手配されてしまう - へぇ~♪そうなんだ~♪

<薬丸岳 逃走>

「逃走」薬丸岳<ネタバレ・あらすじ>証拠を堂々と残し逃走を続ける理由とは何なのか? - へぇ~♪そうなんだ~♪