読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

へぇ~♪そうなんだ~♪

映画<ネタバレ・あらすじ>本

夢幻花 <東野圭吾><ネタバレ・あらすじ>~存在しない黄色いアサガオがすべてを結び付ける

 
夢幻花 (PHP文芸文庫)

夢幻花 (PHP文芸文庫)

 

散らばったどのストーリーも、そして人間関係も、

中心には黄色いアサガオがあり複雑なすべてが1つに結びつきます。

スカッとする気持ちの良い長編です。

キーワードは、
「存在するはずない黄色いアサガオ」
「負の遺産」
「原発」

と勝手に思っております。。

<ネタバレ・あらすじ>夢幻花 東野圭吾

蒼太は毎年七夕の日に行く朝顔市で、

同じ年の孝美に出会い仲良くなるが何故か父親から反対さえ会えなくなる。

梨乃はアマチュアバンドで活動していた従兄、尚人が自殺したと報告をうける。
梨乃は祖父、周治の家を訪れ、
周治が庭で育てていた花の写真をブログで連載しているが、

何故か黄色い花だけはブログに載せないでくれと言われる。
それが最後の会話となる・・・・次に家を訪ねた時には死んでいたのである。

黄色い花がなくなっている事に気付いた梨乃は ブログに連載して情報を求めると
蒲生要介から連絡がありすぐに消去した方がいいと忠告を受ける。

父の三周忌で実家に帰った蒼太は兄を訪ねてきた女性と出会う。
その女性が梨乃であり 梨乃に写真を消去するよう忠告したものが兄、 要介であった。

どうやら黄色い花の正体はアサガオだと知る。存在するはずない黄色いアサガオ。

蒼太は梨乃の 従兄が活動していたバンドのライブに向かうと、
そこで10年前に出会った孝美と偶然出会うがそれから孝美は姿を消してしまう。

やがて蒼太と 梨乃は孝美の居場所(研究所)を突き止め向かうと 勝浦と 書かれているメモを発見する。
勝浦はバンドの店のオーナー 工藤アキラの別荘がある場所だと気付く。

工藤アキラが別荘を購入する前に夫婦が住んでいたわけだが、
その夫婦の息子はM,M事件(マリリンモンローが死んだ日に東京で起きた路上事件)の犯人であり、
その被害者が
蒼太の祖父母だったのである。
このM,M事件の犯人の部屋からは黄色いアサガオの種が見つかっている

同じバンドメンバー雅哉は壁にぶちあたり苦労していたところ、
相談した工藤から謎の種を渡され
梨乃の従兄と雅哉は見事な曲を作り出す事に成功する。
しかし種がなくなると曲が作れないので、
その種を増やすよう頼んだ相手が周治だったのです。
だが周治は幻覚作用がある事を知り警察に行こうとした為に雅哉は周治を殺してしまう事になる。
梨乃の従兄はその種を摂取した事により混乱しマンションから飛び降りたのだ。

黄色いアサガオは実は江戸時代に存在していて幻覚作用がある為に、
世に広めないように取り締まっていたのだが外部にもれてしまっていた。
その結果M,M事件が起こってしまったわけだが、
それを世に広めない為に実行していたのが
蒼太の祖父であり、
その役割が代々続き蒼太の兄が実行していたわけです。
そしてその兄の仕事のパートナーが孝美だったのだ。

すべての中心に黄色いアサガオが存在する長編ミステリー

蒼太は原子力の研究と向き合い、
梨乃は謎の発作の為に諦めた水泳をまた始めるのであった。
 
< ダイイング・アイ >