読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

へぇ~♪そうなんだ~♪

映画<ネタバレ・あらすじ>本

純平、考え直せ <奥田英郎><ネタバレ・あらすじ・感想>鉄砲玉を親分に命じられ実行するまでの三日間

奥田英郎 ドラマ BOOK

 

完全ネタバレですのでご注意ください

 

純平、考え直せ (光文社文庫)

純平、考え直せ (光文社文庫)

 

 

<ネタバレ・あらすじ> 純平、考え直せ

スポンサーリンク
 

新宿歌舞伎町で安眠が約束されない生活をしている早田組の組員、坂本純平(21)。

街を歩けば夜の女性達から声をかけられる気のいいハンサムなヤクザである。

 

純平の直径の兄貴分である北島敬介は街でチンピラと喧嘩になった時に仲裁に入ってくれた人で、
その時北島は笑いながら「これでメシでも食って機嫌直せ」と小遣いを渡したのだ。

それを見た純平は「なんて恰好いい人なのか」と憧れを持ったのだった。


躾の厳しさと日々の激務に音を上げ一度、埼玉に逃げ帰った事があったが居場所がなかった。
こっそりと歌舞伎町に戻った純平は兄貴衆から木刀でヤキをもらったが北島は許してくれ、この道で突き進もうと決意したのだ。

 

北島が義理掛けで出張している時、親分から鉄砲玉を命じられ「三日間、娑婆を味わってこい」と30万渡される。

「場面」で子供扱いされ袋叩きにあって悔しい思いをしていたところ純平は親分から直に頼まれた事で血が騒ぎ即決したのである。


(三日間)
指定された場所で拳銃(7発)を購入し、
「場面」で負けてしまった相手にやり返すのは24時間以内という北島の躾の元、復讐に出た。
前に不動産屋へ行って知り合いの敷金を返してもらおうと乗り込んだのだがケツ持の連中に返り討ちにされたのだ。
純平は拳銃を持ってカウンターの上に立ち脅して知り合いの敷金を取り返したのだ。

 

違法カジノを仕切っている矢沢を狙うため、

純平はビルにむかい一階のコインランドリーからターゲットを確認する事にした。

わたされた写真はピンボケしていたが一目瞭然のカツラを被っているから見れば分かるとの事だった。

確認した時、確かに髪の生え際が不自然で舎弟は見て見ぬフリをするのは大変だろうなと思った

 

出張から帰ってきた北島と歌舞伎町の喫茶店で待ち合わせする。

北島は自分がいない時に舎弟にこんな話を持ってきた親分に怒りをあらわにしていたが、

「親分はともかく、兄貴の舎弟ですから兄貴にやれと言われればなんでもやります」
と純平は答えた。

「おまえを絶対に見捨てない、おまえが勤めている間に一家を構え組を大きくして若頭で迎えてやる」

直径の兄貴分に言われ純平は嬉しかった。

 

北島から貰ったお小遣い20万でホテルのスイートルームに泊った。
ステーキなり御寿司を食べようと出掛けた純平だったがいつも北島の付き添いで行き、
時には外で車の中で待ってるだけだったから1人でどうしたらいいのか分からなかった。

いきなりイカとか注文したら見下されるのか・・・・いろいろ考え結局、高級店には行かれなかった。

 

街を歩けばあっちこっちから声をかけられる純平。。
北島はおまえをさしだす変わりに一家を持つ事になったらしいな・・・
復讐した組の奴等が必死で探してますよ・・・
お店で遊んでってよ・・・

 

嘘か本当かよく分からない話まであった。
また一日関係を持った女性に鉄砲玉となる事を話してしまったためネットの掲示板に書き込まれてしまった。

そこにはネット住民から書き込みがどんどんアップされていた。

止めるよう真面目にアドバイスするもの、おちょくるもの、・・・いろんな人が書き込んでいた

 

自分に関心を寄せる人間がこんなにいるのかと不愉快な思いはしなかった。


育った街に帰り、暴走族時代の仲間達から喜ばれ、また2年会ってない母親にもあった。

この時、この街に侵入してきた組織等が運転する車のタイヤに純平は拳銃の試し撃ちを2発している。

 

無銭飲食で有名な爺さんから殺し屋よりも殺される人間の方が価値は上だと聞かされる。

「若者が死を恐れないのは人生を知らないからだ。ろくな経験がないから今燃え尽きてもいいなどと平気で言う。」
 
純平は密かに想いを寄せるダンサーに別れを告げた 
 
街を歩けばあっちこっちから声をかけられる人気者。。。
 
コインランドリーから矢沢を見付けると・・・
 
純平は叫びながら向かって行った。 うぉぉぉぉぉぉぉ
 
< 感想 >

えええええぇぇぇぇぇぇぇ・・・考え直さないのね ( ̄▽ ̄;)!!ガーン

純平くん、娑婆の生活も3日だけ、となってから、
今まで見えなかったものが見えてきたのではなかったの??
 
1人じゃなかった。。。愛される人間だったって。。。
 
悲しいねぇ (`・ω・´)
私にはよく分からないけど、いらないプライド、見栄、みたいなものが邪魔したのでしょうかね。


< 灰色の虹 貫井徳郎 > スピード感あふれる復讐劇