へぇ~♪そうなんだ~♪

映画<ネタバレ・あらすじ>本

「Aではない君と」(薬丸岳)<ネタバレ・あらすじ>(前半)~息子が殺人で逮捕!嘘だと言ってくれ!なぜ何も話してくれないのか?!

 

完全ネタバレですのでご注意ください

 

Aではない君と

Aではない君と

 

 

「Aではない君と」 ネタバレ・あらすじ (前半)

 

穂村建設に勤める企画室第二のリーダーである吉永圭一は子供達が遊べる美術館を建設する企画を立てた。
企画が通った吉永は祝杯をあげその仲間の中にはアイデアを生み出した恋人の野依美咲がいた。
またこの時、
吉永の14歳になる息子(翼)の同級生(藤井優斗)が雑木林で胸を刃物で刺され殺害された。
青葉純子は家庭的な女性だったので幸せになれると思い結婚したが翼が生まれてから文句ばかり言うようになったので5年前に離婚し純子が翼を引き取っていたのだ。


美術館のデザインについて打ち合わせをしている時に、
警視庁捜査第一課の室田次郎と東大和署生活安全課の佐々木道代が事件について被害者の同級生や保護者に話しを聞いているらしく訪ねてきた。
吉永もアリバイを聞かれたが祝杯をあげている時に翼から電話があった事を思い出す。
調布に住んでいたと思っていた翼は一昨年の夏に東村山市に移っていた事を警察から聞かされ驚くが事件に巻き込まれたのかと思った吉永は翼が無事だと聞いて安堵する。


ある日、藤井優斗が殺された事件で翼が警察に連れて行かれたと純子から連絡があり急いで東大和署に行くと目の前の道路にはマスコミがあふれていた。
室田と佐々木がやってきて取調室に連れて行かれると遺体を遺棄した容疑で逮捕したと聞かされる。

スポンサーリンク
 

 

吉永はマンションにつくとマスコミから声をかけられたので逃げるように美咲のマンションに逃げ切った。

美咲なら助けてくれると思い正直に話すが頭の中が混乱して何も考えられないと言うのでホテルに泊まる事にした。

会社には翼が事故に遭ってと説明し早退や遅刻を繰り返すようになるが、

いまにマスコミが仕事場に来るのではないだろうか、またいつも自分は見張られているのではないかという恐怖心で埋め尽くされていた。

テレビや新聞では事件について大きく取り上げられておりネットで検索すると住所だけでなく純子と翼の画像が出回っており世間では大騒ぎになっていた。


純子とは連絡が取れない状態であるため、まずは少年犯罪に強く加害者側の身になって考えてくれる「芹沢法律事務所」に行くと長戸光孝という弁護士が相談に乗ってくれた。
国選だとお金はかからないかも知れないがやる気も力量もない弁護士に当たる可能性があるため、
家庭裁判所の元裁判官だった芹沢が参謀として仕事をチェックしてくれるというのもあり長戸弁護士にお願いする事にした。
これで事件について何か分かると思ったが長戸弁護士が何を訊いても翼は黙ってうつむいたままだと言う。


少年審判は傍聴人がいる刑事裁判とは違い他人の目に触れられる事はないが殺人や傷害の場合は被害者遺族が少年審判を傍聴する事が出来ると知る。
また家裁から検察に送致し直される逆走になって刑事裁判を受けたケースは14歳ではないという。
親権者でも監護権者でもないので賠償責任を負われる可能性は低いらしいが、
父親として責任を負わなければならないと思う吉永は逆の立場で考えると何をしても許せないのでどうしたらいいのか分からなかった。

 

両親にかぎり15分だけ翼と会える許可が出たので長戸と一緒にタクシーで向かうと、
マスコミが集まってきたので弁護士バッジを見せ敷地内まで入れてもらった。
だが看守に連れられてきた翼は長戸が接見していた時と同様に何を訊いてもうつむいたまま答える事はなかった。
そして翼から面会を拒否され会えなくなったのでお金や本、衣類などを差し入れする日々が続いた。
 

翼が何も話してくれないので少年事件を多く手掛けている神崎京子弁護士を雇う事にした。 

またマスコミが会社まで押しかけるようになった事で職場に知れ渡り辞表を出すよう言われるが、
神崎からどんな事があっても生活を守るよう言われていたので働かせてほしいとお願いした。
 
事件については何も話さない翼だったが優斗を殺した事については頷いたことで殺人の容疑で再逮捕され、この時に長戸が無力感に耐えられなくなり弁護を降りた。
また付添人選任届に翼はサインしなかったため、
純子のサインをもらい神崎が付添人になるが翼が何も語らないので方針を立てることも出来なかった。
翼が少年鑑別所に収容されたので吉永はジュースを差し入れ面会に向かうが翼の態度は変わらないままだった。
だが翼が弁護士に対して敵意を抱いている事に吉永は気付いた。
 
翼がこのまま事件について何も話さないと逆送になるかも知れないし2人で話せば何か話してくれると思い吉永は翼の付添人になれるよう神崎にお願いした。
殺人事件で保護者が付添人になった前例はないが本当の事を話さないと更生は果たせない訴えが通ったのだ。
調査官が作る少年調査票が提出される前に翼からすべて聞き出さなければならない。
 
事件現場には花束がたくさん添えられていた。
吉永は花束を置き手を合わせると純子のアパートの花瓶に活けられていた赤い花が事件現場にも咲いていた。
あの花瓶は翼が大事に可愛がっていた猫のペロが死んでしまった時に買ってきたものだ。
吉永は去年の12月にペロが死んだと翼から聞いていたが調べると5月だと分かる。
ペロを拾った空き地に埋めたと聞いていたが行って見ると、そこには6年前からマンションが建っていた
 
 
(後半)