へぇ~♪そうなんだ~♪

映画<ネタバレ・あらすじ>本

「白夜行」<ネタバレ・あらすじ>映画化・ドラマ化された東野圭吾・原作を振り返ろう♪(第1章)亮司と雪穂の青年期

 

白夜行 (集英社文庫)

白夜行 (集英社文庫)

 

 

東野圭吾・白夜行。

映画やドラマではネタバレした状態で制作されていますが、

原作では亮司と雪穂が接触する場面がなく推理による繋がりが徐々に見えてきます。

「白夜行」に勝るミステリー小説がない人も多いのではないのでしょうか。

 

完全ネタバレですので読んでない方はご注意ください

 

 <ネタバレ・あらすじ>

東野圭吾・原作・白夜行(第1章)

スポンサーリンク
 

桐原亮司は小学生の頃、図書館で出会い仲良くなった西本雪穂が父・洋介に連れられ廃ビルの中に入っていくのを目撃しダクトから浸入します。

そこで亮司が見たものは裸で横になっている雪穂にカメラを構える洋介の姿だった。

切絵が得意でいつも持ち歩いていたハサミで亮司は父親を刺し殺してしまいます。

雪穂からハサミを取り上げられ「殺したのは私だから」と言われると怖くなり亮司はその場から逃げるように帰ります。

しばらく経ち、容疑者死亡で事件は迷宮入りし捜査が打ち切られたことを知ります。

ベテラン刑事・笹垣と若い刑事・古賀は、洋介が雪穂の母親・文代の家を頻繁に訪れていた事を突き止めていました。

生計が苦しかった文代は、恋人は事故死して亡くなり殺される直前に大金を下ろしていた洋介が殺された事で警察は金目当ての犯行だと思っていました。

しかし文代がガス漏れによる中毒を起こし死んでしまった事で捜査は打ち切られたのです。

雪穂が自分の体を売った母親に罪を着せ自殺に見せかけて殺し自分を守ってくれたのだと亮司は思うのでした。

 

中学生になった亮司は菊池に脅されていました。

同級生の秋吉は写真が趣味であり、たまたま洋介が殺された日の風景写真に亮司の母親・弥生子と質屋「キリハラ」の店員・松浦がホテルから出てくるところが映っていました。

犯人は違うが殺した動機にはなるため事件の捜査が開始されるのを恐れた亮司は清華女子学園に通ってた雪穂を虐めていた生徒を襲い菊池の私物を現場に置きました。

雪穂はその時、親戚に引き取られたことで唐沢雪穂に名前が変わっていたが雪穂の過去を知っていた生徒・藤村に虐められていたのです。

亮司はアリバイ作りに協力する変わりに写真のネガを手に入れ、雪穂は藤村に優しく接して弱みを握り虐めを無くさせました。

 

高校生になった亮司は同級生の園村と村下に女性の相手をするバイトを紹介していました。

また大学研究所でゲームのプラグラム作りをしている雪穂の家庭教師からデーターを盗み「無限企画」という会社を立ち上げていました。

ある日、ホテルで女性が心臓麻痺で死んでしまい園村が自首したいと言ってきたので亮司はパソコンのプログラム作りを手伝わせる事を条件に死体と性行為して助けました。

 

大学生になった雪穂は親友の江利子と一緒にサークルダンス部に入部していました。

そこで雪穂は初めて篠塚薬品会社専務の長男、篠塚一成に恋するが親友の江利子と付き合い始めてしまいます。

亮司は江利子を襲い、サークルに電話をかけ篠塚の元彼女で部費の管理をしていた倉橋早苗に金を返すように伝えろと言いました。

これにより篠塚は男を雇って江利子を強姦したんだと思い警察に届けようとするが、

こっそり部費の金を下ろしていた雪穂が被害届を出していないのだからと止めさせました。

別れさせる事に成功した雪穂だが篠塚が振り向きもしないので地主の息子・高宮誠に接近して付き合うようになります。

亮司はこの頃、偽造カードを作り園村に下ろさせ莫大な金を儲けていました。

高校生の頃、バイトで知り合った銀行に勤める西口奈美江がオンラインシステムを利用しヤクザの榎本の口座に入金していたが、それに気付いた支店長が殺され怖くなり助けを求めてきました。

亮司は名古屋のホテルに潜伏させるからと言い、

今まで園村が偽造カードを下ろす時に使っていた変装用の衣類を渡し榎本に密告します。

偽造カードの罪を着せられた奈美江は榎本に殺され、榎本は横領の罪で逮捕されました。

 

続きはこちら

「白夜行」<ネタバレ・あらすじ>映画化・ドラマ化された東野圭吾・原作を振り返ろう♪(第2章) - へぇ~♪そうなんだ~♪