へぇ~♪そうなんだ~♪

映画<ネタバレ・あらすじ>本

「 エアフォース・ワン 」< ネタバレ あらすじ > 大統領専用機がテロリストにハイジャックされた!!ハリソン・フォード

 

エアフォース・ワン [Blu-ray]

エアフォース・ワン [Blu-ray]

 

 

◆ジェイムズ・マーシャル(ハリソン・フォード)

◆イワン・コルシュノフ(ゲイリー・オールドマン)

◆グレイス・マーシャル(ウェンディ・クルーソン)

◆アリス・マーシャル(リーセル・マシューズ)

◆ギブス警護官(サンダー・バークレー)

◆コールドウェル少佐(ウィリアム・H・メイシー)

◆ウォルター国防長官(ディーン・ストックウェル)

◆ワード司法長官(フィリップ・ベイカー・ホール)

◆イワン・ラデク将軍(ユルゲン・プロホノフ)

 

< ネタバレ あらすじ > エアフォース・ワン

 

アメリカとロシアの合同特殊部隊はカザフスタンの独裁者ラデク将軍を逮捕しました。

ラデク将軍は民主主義抑圧を目論み所有している核兵器で20万人以上を虐殺していました。

モスクワでジェイムズアメリカ大統領はテロを許したり恐れるような事はあってはいけないと演説しました。

 

ジェイムズ大統領は帰国するためエアフォース・ワンに乗り込みロシアの取材陣を招いていました。

官僚たちやグレイス(夫人)、アリス(娘)も同乗しておりエアフォース・ワンは離陸し飛び立つがイラクに不審な動きが見られ会議を開きます。

しかし会議室の外では銃声が響きます。

ロシア取材陣はラデク将軍を取り戻す事を目的としたテロリストだったのです。

スポンサーリンク
 

ドイツに緊急着陸しようとするがコックピットにまでテロリストは侵入し阻止されます。

エアフォース・ワンから脱出カプセルが落下しジェイムズ大統領が乗っていると思われたが誰も乗っていませんでした。

 

テロリストは大統領を逃したと思い込み、交渉していた副大統領は死んでしまったかテロリストによる時間稼ぎではないかと疑います。

早くしないと30分経過するたびに人質が殺されるため副大統領はラデク将軍を釈放した方が妥当だと考えます。

しかしテロに屈する事やロシア政府を巻き込む事など反対する意見もあり時間は過ぎて行ってしまい人質は殺されていきます。

 

ジェイムズ大統領はエアフォース・ワンの貨物室に潜んでいてテロリストを一人一人始末しなんとか連絡を試みようとします。

ホワイトハウスに連絡する事に成功するがテロリストに捕まってしまいます。ジェイムズ大統領は通話が繋がっている事を確認しホワイトハウスに出来る事は攻撃する事だけだと言います。

副大統領は命令だと判断し攻撃するとエアフォース・ワンはすべての衝撃に耐えコンピューターシステムが自動操縦し機を立て直します。

 

攻撃により機体が揺れた事でジェイムズ大統領は隙をついてテロリストから銃を奪い危機を回避します。

しかし貨物室に誰かいると気付いたテロリストは人質を1人射殺してしまいます。

ジェイムズ大統領は外部に連絡し燃料の捨て方を教えてもらいワイヤーを指示通り切っていきます。

近くで飛んでいる軍機が燃料を放出しているのに気付くがテロリストも当然気付きエアフォース・ワンは飛行中でも給油できることからホワイトハウスに連絡が入ります。

 

空中給油するには高度を下げなければならず、それを利用してパラシュートで一人一人脱出を図りました。

32名の脱出に成功したが途中でテロリストにばれてしまい大統領などがとり残されます。

アリスを人質に取られた事で仕方なくジェイムズ大統領はロシア政府に連絡しラデク将軍を釈放するよう伝えました。

ホワイトハウス内では大統領を解任する閣僚のサインが集められていたが副大統領は署名しませんでした。

 

ラデク将軍が釈放されるニュースが流れます。

喜ぶテロリストだがジェイムズ大統領は隙をついて銃を奪い闘います。

なんとかテロリストを始末した大統領は急いでロシア政府に連絡を入れると闘争を図ったラデク将軍は射殺されます。

 

操縦できる者がおらず大統領は自ら手順を聞き着陸にかかるが軍用機から攻撃を受けます。

アメリカ軍用機が駆け付け撃墜していくがエアフォース・ワンの損傷は酷く操縦がきかなくなります。

 

ロープを繋いで軍用機に一人一人脱出していくが裏切り者が1人いました。

エアフォース・ワンが墜落し始め大統領は格闘に勝ちワイヤーを自分に掛け脱出しました。

軍用機で待っていた家族と抱き合い大統領が無事だと連絡を受けたホワイトハウスは歓喜に湧きました。

 

「今そこにある危機」< ネタバレ あらすじ > 大統領の友人が麻薬組織と繋がっていた!麻薬組織撲滅のための作戦とは何なのか! - へぇ~♪そうなんだ~♪