読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

へぇ~♪そうなんだ~♪

映画<ネタバレ・あらすじ>本

赤い指(東野圭吾)<ネタバレ・あらすじ>少女を殺害したのは?認知症の母親が被害に!!

 

完全ネタバレですのでご注意ください

 

赤い指 (講談社文庫)

赤い指 (講談社文庫)

 

 

<赤い指> ネタバレ・あらすじ <東野圭吾>

スポンサーリンク
 


練馬西署に勤める加賀恭一郎と捜査一課から派遣されてきた松宮修平は事件で手を組む事になる。
この二人は従兄弟であるが恭一郎の父・隆正が入院中でありいつどうなってもおかしくない状態なのに恭一郎は姿を見せなかった。
修平は自分の子供のように可愛がってくれた隆正に恩がありお見舞いに何回か訪れるが一度も見舞いに来ない恭一郎に対して反感を抱いている。

ちなみに人形町が舞台となった阿部寛さん主演のドラマ「新参者」に出てくる加賀恭一郎(阿部寛)と同一人物であり人形町に赴任する2年前の話です。

前原昭夫は妻の八重子から急いで帰ってきてほしいと連絡があった。
母親が認知症になってから八重子と母親はうまくいかなくなり、
家に帰れば母親の愚痴を聞かされるのでわざと残業などして家に遅く帰るようになっていた。

妻との関係も悪い中、珍しく連絡があった事で嫌な予感を抱きながらも急いで帰宅すると、
中学生になる息子の直巳が首を絞めて殺してしまった少女の遺体を自宅の庭で発見する。
昭夫は自主させようとするが八重子から猛反対される。
これは親の責任であり自分達の人生も終わりで息子の将来もこの先ないとガミガミ怒鳴り出した。
仕方がなく昭夫は八重子の提案を受け入れ遺体を箱に入れ自転車で近くの公園の公衆便所まで運び遺棄した。
家に戻ると直巳はゲームをしていて昭夫は叱る気力もなかった。

確かにどこの家庭でも起こってしまう事なのかも知れませんが隠蔽しようとするでしょうか。
どうも読んでいて息子を自主させるなら私も死ぬとか何かあるとヒステリックになり、
あーすればいいこーすればいいと口にしているだけで本人は実行しない八重子にストレスを感じます。

恭一郎は周辺から聞き込みをする中で前原家の様子がおかしい事に気付く。
遺体には芝生が付着しており、現場にはタイヤ痕を足で消したような跡があったのだ。

前原家の庭の芝生と同じであり、また泥だらけの自転車が置いてある事で恭一郎は何回も前原家を訪れていた。

認知症の昭夫の母親・政恵がはめている軍手から何やら異臭を感じた。

 

何回も訪れてくる恭一郎に対してもはや誤魔化す事は不可能だと感じた昭夫。
恭一郎が訪れている時に部屋の中で認知症の政恵が暴れているかのように見せかけたりしていた昭夫は、
人形を壊された事で怒った政恵が少女の首を絞めて庭に遺棄してしまったので自分が公園まで運んだと説明したのだ。


恭一郎は離れて暮らしながら母親の看病をしにきている昭夫の妹、春美に話を聞くと母親が暴れるのはあり得ないという。
認知症になった時に施設に入れたがった八重子に対して思い出ある実家を追いだすのはかわいそうだと思い自分が看病しに行くからそのまま実家にいさせるようにお願いしたのだった。

そんな事もあり昭夫の話を聞いた恭一郎は政恵に近付くと政恵の手に赤い口紅が塗られている事に気付き、また政恵の目を見た時に何かを必死で訴えている目に見えた。

 

母親の政恵を逮捕すると留置所にいく事になります。

高齢の方にはとても辛く大変な場所です。そこへ母親を送りこんで良いのですね?
恭一郎は昭夫に問いただした。

仕方がありません
 
警察に連れて行かれる政恵が持っていた杖には名札がついていた。
それは小学校を卒業する直前に母親にプレゼントしたものだった。
今でも大事にとってあったのだ。
それを見た昭夫は崩れ落ち母親は犯人ではありませんと白状した。
 

政恵は認知症ではなかったのです。そして春美だけがそれを知っていたのだ。 

赤い口紅が手に塗られていたのはこの手で少女の首を締めたら口紅が付着しているはずだと警察なら気付きますよと息子へ向けたメッセージだったのだ。

遺体を運んだ時に使用した軍手を警察の前でわざと見せたのも現場はここだと訴え息子に正しい事をしてほしかったのだ。

恭一郎はその口紅は春美が最後に会いに行った日に塗られたものでもし犯人なら遺体に口紅が付着しているはずだと指摘し説明するが実は政恵本人の口紅でありそれを庭に捨て春美に回収するようお願いしていたのだ。
政恵は携帯電話を持っていて春美とやり取りをしていた。
前原家には家族の絆も何もなく自分の殻に閉じ籠る事しか出来なくなった政恵は認知症のフリをしていたのだ。
昭夫は春美にひっぱたかれるまでそれに気が付かなかった。

母親とは特別な存在なはずです。
それなのに認知症だからたいした罪にならないと罪を着せる事にするなんて読んでいて苦しいです。
ましてや政恵は認知症ではなかった、
政恵はどんな気持ちだったのでしょう、息子の計画を目の前で聞いていた政恵は怒りと悲しさ、情けなさが渦巻いていたでしょうね。

直巳は恭一郎に襟首をつかまれ部屋から出され連行された。
取り調べの時、怒鳴られると小刻みに痙攣を始め「親が悪いんだ」と言った。
学校の帰りにスーパープリンセスのキーホルダーをつけているのを見て春日井優菜がどこで買ったのか訊いてきたのだ。
家にあるフィギュアを見せてあげてたところ帰るというので首を絞めたのだった。
 
事件が解決した後、隆正は永遠の眠りに付いた。
恭一郎は一度も顔を出さなかったがそれは父親との約束を守る為だった。
刑事だった隆正は家庭の事をほったらかしだったために恭一郎の母親は独り暮らしで看取ってくれる人もなく1人で死んでいった。
隆正は自分も一人きりで死のうと決めたのだ。
息を引き取るまで絶対にそばに寄るなと恭一郎にいっていたのだ。
入院中、隆正は看護婦の人と将棋をするのが楽しみであったが実はその相手をしていたのは恭一郎だった。
看護婦と恭一郎がメールでやり取りをしていたのだ。
隆正は「桂馬」を握ったまま息を引き取っていた。
恭一郎はその駒を将棋盤の上に置き父親の方を振り向き言ったのだ。
 
「親父の勝ちだ、よかったな」
 
少女の事件は政恵が本当にかわいそうで悲しいですが、
恭一郎と隆正の関係にはほっこりさせていただきました。
前原家は本当にしょうがない人達でしたね、刑事の方の話がうまくまとまっているだけに残念です。
 
< ナミヤ雑貨店の奇蹟 >