へぇ~♪そうなんだ~♪

映画<ネタバレ・あらすじ>本

「アレックス・ライダー」< ネタバレ あらすじ > 知らぬ間に鍛えられていた14歳のスパイ!!

 

アレックスライダー [DVD]

アレックスライダー [DVD]

 

 

◆アレックス・ライダー(アレックス・ペティファー)

◆ジャック・スターブライト(アリシア・シルヴァーストーン)

◆ダリアス・セイル(ミッキー・ローク)
◆ジョーンズ夫人(ソフィー・オコネドー)
◆アラン・ブラント(ビル・ナイ) 
◆ヤッセン・グレゴヴィッチ(ダミアン・ルイス)
◆サビーナ・プレジャー(サラ・ボルジャー) 
◆ナディア・ヴォール(ミッシー・パイル)
◆イアン・ライダー(ユアン・マクレガー)
 

<ネタバレ あらすじ> アレックス・ライダー 

スポンサーリンク
 

アレックスは子供の頃に両親を亡くし叔父・イアンと同居するようになります。
銀行員の祖父は仕事が忙しくあまり家にいないため家政婦・ジャックに面倒をみてもらって育ちます。
 
ある日、警察が家にやってきてイアンが事故死したと聞かされる。
葬儀の場でイアンは真の愛国者だと称えられ疑問に感じたアレックスは銃を持つボディーガードのような者達が数人いるのに気付きます。
イアンの車が盗まれアレックスは自転車で追うと廃業工場に辿り着きます。
"駅へ盗品を運ぶ"と盗み聞きしたアレックスは駅で張っていると葬儀の場にいた男を見付け後をつけます。
すると証明写真機の中から隠し通路がありMI6の特別作戦局長ジョーンズ夫人に謎の建物へ招かれます。
 
イアンの本当の姿はMI6スパイであり葬儀にいた怪しい連中は供に働いていた者だと知ります。
MI6指揮官ブラントからイアンは任務中に殺されたと聞いた後スパイになるよう言われます。
まだ14歳のアレックスだが知らぬ間に語学力や運動神経、武術や射撃をイアンに鍛えられていました。
 
ジャックのビザは7年前に切れているから強制送還させると言われアレックスは仕方なくウェールズにある特殊部隊キャンプ地にk部隊として訓練を受けます。
厳しい訓練を終えるとスパイグッズを渡され、
21世紀最高のパソコン"ストームブレイカー"の発明者で億万長者のセイルを探るよう命じられる。
またこの仕事は半年前イアンがスパイとして調べておりコーンウォールにある工場に潜入するが"ウィルスが…"が最後の言葉だった。
真相を突き止めるためコンテストで優勝したパソコンオタクのケヴィンに成り代わって近付きます。
 
工場ではグレゴロヴィッチが"ウィルス"を運び入れていた。
ストームブレイカーに何故ウィルスを入れるのか不思議に思うがコンピューターウィルスではなく病原菌だと気付く。
セインはストームブレイカーを学校などへ寄付しており贈呈式で大統領が何も知らずにスイッチを押すと、
すべてのストームブレイカーが始動し英国人の子供達がいる学校で病原菌が噴射される。
セイルは子供達の頃、英国に生きる異邦人として酷く虐められ、率先して虐めていた人が今の大統領なのでした。
英国1の実業家になったセインの復讐なのです。
 
捕らわれてしまったアレックスですがスパイグッズでなんとか脱出します。
まさに大統領がスイッチを押す瞬間、
ヘリコプターからパラシュートで落下してきたアレックスが屋根を突き破ります。
大統領警護班がアレックスを狙いにくるが供に特殊部隊訓練を受けた仲間でした。
アレックスは銃を借りてスイッチを破壊しました。
 
姿を消したセインだが、
アレックスはセイル・タワーにバックアップがあると睨み家政婦ジャックが運転する車に乗り込む。
渋滞にはまり動けないでいると同級生・サビーナが乗馬の練習をしていたのでサビーナの後ろに跨ります。
 
セイル・タワーの屋上で危険な目に遭うが、
何故かヘリコプターでやってきたヘレンを殺した者・グレゴロヴィッチが大事なクライアントの顔をつぶした理由でセイルを射殺しました。
何の指示も受けていない理由でアレックスは助けられました。
 
「助けてくれてもヘレンを殺した奴は忘れない。」
 
グレゴロヴィッチは敵が多いから怖がりません。
「子供がいる世界ではない、学校に戻れ」と言い残しヘリコプターで去りました。
 
何にも話さないと契約書にサインしたアレックスは学校に戻りサビーナと良い関係になりました。
 
<感想>
ストーリーは面白いですが、
14歳に重要な任務をさせるのが無理ある気がします。
とは言っても当然何歳が良いのかは分かりませんけどね。
叔父を殺した者と最後普通に話して終わるのがちょっと物足りないですが、
母親のような存在・家政婦がアレックスを心配する姿はほっこりしますね。