読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

へぇ~♪そうなんだ~♪

映画<ネタバレ・あらすじ>本

「クローズド・ノート」< ネタバレ あらすじ >出会いは偶然でもあり奇跡でもある♪♪ 沢尻エリカ×伊勢谷友介

ドラマ

 

クローズド・ノート スタンダード・エディション [DVD]

クローズド・ノート スタンダード・エディション [DVD]

 

 

原作 雫井脩介

 

◆堀井香恵(沢尻エリカ)

◆石飛リュウ(伊勢谷友介)

◆夏目涼(黄川田将也)

◆真野伊吹(竹内結子)

◆可奈子(永作博美)

◆池内ハナ(サエコ)

◆水原君代(山口愛)

◆鹿島(田中哲司)

◆山崎星美(板谷由夏)

 

< ネタバレ あらすじ >  クローズド・ノート

スポンサーリンク
 

堀井香恵は一人暮らしをするため友人のハナに引っ越しを手伝ってもらいます。

小学校教員になるのが夢である香恵は万年筆専門店でアルバイトし始めます。

 

香恵は引っ越し先で以前の住民者が忘れていったノートを見付けます。

小学校教師・真野伊吹の日記であり新任教師として子供たちとの触れ合いが書かれていました。

教師を目指す香恵は伊吹先生の日記を読んでますますやる気が湧きました。

また偶然行った図書館で戸棚の上にある本を取ってくれた隆に伊吹先生は想いを寄せていました。

 

ある日、万年筆を買いにきた人を見て、

引っ越した時に部屋を見上げていた人だと気付きます。

イラストレーターの石飛リュウは社長が作ったオリジナルの万年筆を売って欲しいとやってきました。

また頻繁に店に来ていた留学している親友ハナの彼氏・鹿島からいきなり告白され驚きます。

 

香恵は家に帰って伊吹先生の日記を読むのが日課となっていました。

伊吹先生は”がんばれ”という言葉で水原君代という生徒の心を閉ざしてしまい落ち込んでいました。

香恵は言葉1つ1つがとても重いのだと知ります。

 

好きになり始めたリュウに偶然会った香恵はモデルとなり絵を描いてもらいました。

市民会館でマンドリンの演奏会を行うが花束を持ってくる人がいると話すとリュウは「何時から?」と聞いてくれました。

当日、リュウが来てくれているのを確認した香恵はあまりの嬉しさに「あの人が好きなの」と同じサークル仲間に伝えます。

しかし…大きな花束を持ってきたのは鹿島であり、それを見たリュウは小さい花束を持って引き返しました。

 

隆にも登校拒否した経験があり伊吹先生は隆の言葉で前向きになっていました。

また恋すると1人になるのが寂しくなる…と日記を読んだ香恵は積極的にリュウに近付きます。

 

リュウは仕事が忙しくて演奏会に行かれなかったと言いました。

香恵はリュウが展示会に向けて準備している事を知り私に出来る事があればなんでも協力しますと言います。

 

ある日、伊吹先生が隆にしたように香恵は料理をして持って行くと喜んでくれました。

しかしリュウの助手をしている山崎星美が家にやってきたのに驚き嫉妬から香恵は出て行ってしまいます。

 

君代が学校に来てクラス全員で”翼をください”を練習できた事に伊吹先生は喜んでいました。

子供たちから勇気をもらい前向きに頑張っている伊吹先生の日記を読んで香恵はリュウに告白します。

しかし…リュウにはずっと想っている人がいて香恵をモデルにしたデッサンも想っている人を描いた絵だと星美から聞かされます。

そして石飛リュウとはペンネームであり本名は隆だと知るのです。

 

香恵は日記を返すため伊吹先生が務める小学校に行きます。

恋敵ではあるが純粋に人を想う事をノートに学んだ香恵は会いたかったのです。

しかし…

下校中の生徒から伊吹先生は事故で亡くなったと聞かされます。

君代に会いに行くと伊吹先生から「心の力」を教わったと言い一枚の紙切れをくれました。

 

君代が持っていた一枚の紙は伊吹先生が紙飛行機にして教室から飛ばしたものでした。

またそれは日記の最後に書かれたページでもありました。

 

リュウが伊吹先生を忘れられない気持ちを理解した香恵は彼の展示会に行きます。

マンドリンの演奏をするつもりだったが香恵は伊吹先生の日記に書かれた最後のページを読みました。

 

伊吹先生みたいな教師になりたいと思う香恵は学校を訪れると生徒達が教室の窓から紙飛行機を飛ばしていました。

その紙飛行機を拾うリュウ。

伊吹先生に負けない絵を描くと前向きになったリュウは”ありがとう”と香恵に言いました。終

 

「利休にたずねよ」< ネタバレ・あらすじ >利休が追い求めた茶室は美しい者との出会いが生み出した!主演・市川海老蔵 - へぇ~♪そうなんだ~♪ 

 

「さいはてにて-やさしい香りと待ちながら-」< ネタバレ・あらすじ >一杯の珈琲が人を繋ぐ心温まるストーリー♪海辺に店を構える理由とは!? - へぇ~♪そうなんだ~♪