読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

へぇ~♪そうなんだ~♪

映画<ネタバレ・あらすじ>本

「コップランド」< ネタバレ・あらすじ >ニューヨーク市警察が多く住む街コップランド!!地元保安官は市警察とマフィアの繋がりに気付く!

ミステリー

 

コップランド (字幕版)

コップランド (字幕版)

 

 

◆フレディ・ヘフリン(シルヴェスター・スタローン)

◆ゲリー・フィッグス(レイ・リオッタ)

◆レイ・ドンラン(ハーヴェイ・カイテル)

◆モー・ティルディン(ロバート・デ・ニーロ)

◆マレー・バビッチ(マイケル・ラパポート)

◆ジョーイ・ランドーン(ピーター・バーグ)

 

< ネタバレ あらすじ > コップランド

 

70年代、隣接州と共同管轄の鉄道警官はニューヨーク市外に家を希望しニュージャージー州ギャリソンには市警官が数多く住んでおり”コップランド”と呼ばれています。

 

フレディ保安官は耳の障害で市警には不採用だがギャリソン町では英雄。しかし、つまらない仕事ばかりで夜になるとBARで酒を飲みピンボールをする日々が続きます。

 

< 事件発生 >

パーティーの帰り何度も人を救ってきたマレー巡査は当て逃げされ追いかけます。

銃のような物を向けられた瞬間にタイヤが破裂したため撃ち返すと前の車はスピンして停車したためブレーキが間に合わず追突してしまいます。

警官と救急隊員が調べるとステアリング・ロックの音を発砲だと勘違いし殺してしまった事が分かります。

マレー巡査はギャリソン町に住む警官のまとめ役でもあり市警察にコネがあるレイ警部補の甥にあたるため警官は当て逃げした車の中に銃を入れもみ消しを計るが反抗した救急隊員が銃を川に投げ捨ててしまいます。

警官と救急隊員の喧嘩の最中にマレー巡査は川に飛び込んでしまいました。

スポンサーリンク
 

内務調査局の監察官ティルディン警部補は川へ飛び降りたのを誰も見ていない事で生きていると疑っていました。

ティルディンはもともとレイ警部補率いる警官グループを内部調査しており現場の警官は内部調査局を嫌っているため調査は進みません。

 

火災が起こりフレディ保安官は駆け付けると親友の家でありフィッギス刑事の恋人が焼死してしまいます。  

しかし、これは爆弾処理班の女から手に入れ保険金目当てでフィッギス自ら起こした火災だった。

 

また水没車を助けた時に耳に障害を負ったがその運転手の女性はジョーイ巡査と結婚しました。

密かに想いを寄せていたがジョーイがレイの妻と浮気していると相談され元気付けます。

 

フレディ保安官は葬儀の手配をしニュースでは英雄的なマレー巡査が司法制度を信用できず投身自殺したと流れました。

 

ティルディンがフレディの元へ訪ねてきます。

レイがマレー巡査を匿っているから調査を分担して真実を突き止めようと言われます。

しかしニューヨーク市長が選挙で警察の票を確保するため捜査を打ち切るよう言いました。

 

フレディは急いで警察学校の同期であるレイに、葬儀のあとすぐにマリーの送別会をするのは止めた方がいいと告げるが盛大に行われてしまいます。

ジョーイ巡査は夜勤のため遅れて送別会に行くと慌てて逃げ出すマレーとすれ違います。

マレーを逃すはずだったが警官擁護会ビンス会長が死体が見付からないのはヤバイとレイに連絡があったのです。

マレーを殺すことに協力できないジョーイは危険な目に遭った時に意図して助けを送らせたレイによって屋上から落ちて亡くなってしまいます。

 

マレーが怯えた様子で助けを求めに来ました。

フレディ保安官はレイが裏でマフィアと繋がっている事を知りティルディン監察官に会いに行きます。

監察官が今まで調べていた書類を手に入れすべての悪事を把握したフレディはマリーを見付けて監察官に保護してもらおうとするが拉致されてしまいます。

 

フレディは正義感を取り戻したフィッグスと供にライフルを持って後を追いレイやレイの仲間を殺し助けだしました。

 

フィッギスはレイとマフィアの関係を告白して減刑となりマフィアとボスや警官が次々と起訴されました。

レイを殺したフレディの回復を望まない連中がいたが法が絶対だと彼は信じていました。

 

「サンブンノイチ」< ネタバレ あらすじ >銀行強盗を成功させた三人・自分の取り分を多くするため言い争うが関わっていたのは三人だけではなかった! - へぇ~♪そうなんだ~♪

 

「鍵泥棒のメソッド」< ネタバレ・あらすじ >売れない役者が記憶喪失の者と入れ替わったら、まさかの殺し屋だった?!! - へぇ~♪そうなんだ~♪