へぇ~♪そうなんだ~♪

映画<ネタバレ・あらすじ>本

ダイイング・アイ(東野圭吾)<ネタバレ・あらすじ>遺族から命を狙われ事故を起こした記憶を失う!事故の真実・謎の女性の正体とは!

 

ダイイング・アイ (光文社文庫 ひ 6-11)

 

 

慎介を殺そうとした男は1年前交通事故で死なせてしまった女性の夫だった。

しかし自分が襲われた事で1年前に人身事故を起こした記憶を慎介はなくしていた。

そこから記憶を取り戻そうと捜査を始める。
事故の真実・謎の女・・・・ 東野圭吾さんのミステリーは本当素晴らしいです♪♪
 
 
ここから先は完全ネタバレになりますので読んでいない方はご注意ください。
 
 

 <ネタバレ・あらすじ> ダイイング・アイ 

 
バーテンダーの西村慎介は外に出て戸締りをしている時に襲われ最後に見たものは店じまいをしようとした時にやってきた客だった。
頭の骨が折れかなりの大手術だったと同棲している村上成海から聞かされます。
慎介が働くお店「茗荷」のママ・小野千都子と以前勤めていた「シリウス」のオーナー・江島光一も来てくれていた。
犯人、岸中玲二は自宅で自殺したが、慎介が自ら起こした人身事故で亡くなった岸中美菜絵の夫だと小塚刑事から聞かされ事故の記憶だけなくしている事に気が付きます。
事故現場に行くと車の前で自転車に乗る女性がいた事を思い出し「早く交差点に入りたかったのでスピードをあげてしまった」と発言した事を思い出すが誰に話したか分からない。
 
犯人である岸中玲二が住んでいた住所へ行ってみると職場仲間(マネキン職人)がいて玲二の私物を返そうとしていたので慎介は預かる事にするが箱の中を見てみるとマネキンが本物の人間の顔にしか見えず寒気がした。
お店に美女が表れ一目見ただけで慎介は惚れてしまい次来たら何のカクテル作ろうか考えていたが同棲していた成海が行方不明となり警察に届けました。
その帰り交通事故を起こした時の担当刑事に会い記憶がない事を伝えると事故の事がはっきりした。
女性は慎介が運転する車に接触して後方からきたもう1台にはねられ死亡したのだった。
もう1人の加害者は誰なのか?そしてその人も復讐されたのだろうか?
江島は慎介が運転していた車の所有者だったために迷惑かけたがもう1人の加害者を知っているのではないかと思い訪ねると帝都建設に勤める木内晴彦だと分かります。
木内晴彦が「シリウス」に来る情報を聞き入れ慎介は向かうと被害にあっていない事を確認します。
 
自殺した岸中玲二の家の前を通りかかった時、
小塚刑事から「隣に住む高校生の男の子が部屋から女性が飛び出してきた」と言っていた事を思い出し小塚の名刺を使い聴取しに行くと1年前に死んだ奥さんだと言いました。

スポンサーリンク
 

慎介は店に来る美女・瑠璃子とちょくちょく会っていた。
連絡が来て高層マンションに呼び出された慎介はそこで瑠璃子に監禁されてしまう。
自分の服を取ろうとしたが鎖で繋がれ届かない、何かないかと思い探したところタオル掛けの金具に目がとまった。
これしかないと思った慎介はスプーンの先端をネジ溝に突っ込みネジを回したところで、自宅の鏡のネジを一生懸命ドライバーで回していた事を思い出す。
金具が外れ、それで服をなんとか手前に引いて携帯電話を探し小塚に助けを求めた。
 
小塚刑事がきて助かった慎介は部屋にあったマネキンが玲二の職場仲間から預かった顔とそっくりだと気付き、その顔が瑠璃子だと気がつきました。
岸中玲二はマネキン職人だった事から寂しさを紛らわすために美菜絵とそっくりな人を造ろうとしていたのだ。
自宅に帰り鏡を取り外すと何もなかったが三千万隠した事を思い出した。

監禁されていた階はすべて帝都建設の社長、上原の所有になっていた。
慎介は木内がよく行くシーガル(カクテルバー)行ってみるとそこの店員は木内とクルージー仲間らしく集合写真を一枚見せてもらうと瑠璃子が写っていました。
その女性は木内の婚約者上原ミドリで木内が事故を起こしてから婚約解消になったそうだ。
 
< 結末 >
 
江島の車に乗って移動していると後部座席に座っていた慎介は成海がよくしていた紫色の爪を発見し爪を拾おうとしたとき時に何故三千万を隠していたかはっきりと思い出した。
1年前、運転していたのは江島で慎介は三千万と引き換えに身代わりになったです。
金が出てくるといろいろと面倒だと思い鏡の中に隠しすべてが終わったらこのお金で独立しようと成海にだけ話していた。
慎介の記憶がない事で成海は金を見付け逃げたのだ。
そしてその事をネタに江島から更に金を奪おうとしたが江原に殺され三千万も取られたのだろう。
慎介は江島にすべてを黙ってるかわりに5千万を要求し受け取った。
 
木内は社長令嬢のミドリと付き合っていたがミドリが運転する赤いフェラーリが女性をはねてしまった。
木内はミドリが多少お酒を飲んでいる事と社長令嬢だと言う事で身代わりになったのです。
しかしミドリは死んだ時の美菜絵のガラス玉のような目が忘れられないらしく精神的におかしくなってしまいます。
そんな時ミドリは被害者の家に行きマネキン(美菜絵が生きている)を見て安心感から立ち直ったかのように見えたが玲二の悲しんでる姿を見て自分が美菜絵となり復讐しようと思ったのです。
 
自分を早急に殺そうと思えばいつでも出来たはずなのに何故身体を重ねたのか・・・
瑠璃子の目を見ていると何故か催眠術にかかったようになる
そう思いながら帰宅した慎介は後ろから江島に殴られ意識を失い酒を無理矢理飲まされていた。
そんな江原の後には瑠璃子の姿が・・・・「私を殺したのはおまえだな」
瑠璃子はベランダに行き、自分を突き落とせと江島にせまる。。
江島は瑠璃子の目を見て怯え発狂しながら瑠璃子を突き落とした。
江島は警察で精神的におかしくなり両目を自分で潰した。
 
玲二はミドリと会ったときに美菜絵の目が忘れられない事を知ってその目を造りだそうとしたです。
美菜絵は自分の事を殺した人を呪ってやると見つめながら死んでいったのでしょうか。
 
<東野圭吾 疾風ロンド>