へぇ~♪そうなんだ~♪

映画<ネタバレ・あらすじ>本

「 ダーク・プレイス 」< ネタバレ あらすじ > 一家殺害事件!当時逃げ延びた8歳の少女は28年後に真相を突き止める!

 

ダーク・プレイス [Blu-ray]

 

 

監督  ジル・パケ=ブランネール

 

◆リビー・デイ (シャーリーズ・セロン)

・幼少期 (スターリング・ジェリンズ)

◆ライル・ワース(ニコラス・ホルト)

◆ベン・デイ(コリー・ストール)

・幼少期(タイ・シェリダン)

◆ランナー(ショーン・ブリジャーズ)

◆ディオンドラ(アンドレア・ロス)

・幼少期(クロエ・グレース・モレッツ)

◆パティ(クリスティーナ・ヘンドリックス)

 

< ネタバレ あらすじ >  ダーク・プレイス

 

母親と姉2人が殺害され当時8歳だったリビーには寄付金が集まりました。

28年経っても働かずに生活できていたが時が経てば世間から忘れられていくもので残金は少なくなりついに家賃も滞納するようになりました。

家も着ている服もボロボロなリビーは自叙伝を出版し、じきに30周年で新しい寄付が集まると楽観視していたがそう簡単にはいきません。

そんな時に500ドル出すから「殺人クラブ」の会合へ参加するよう会員のライル・ワースから手紙が届きました。

クラブには元刑事や探偵、弁護士などがいて本格的な集団でした。当時リビーは兄であるベンを見たと証言した事で28年間ベンは刑務所にいるがクラブ会員たちは犯人ではないと考え釈放を願っていました。

混乱した証言であり物証も欠落しているのに悪魔崇拝をしていた理由だけで逮捕されたと説明する会員たちは犯人はリビーが2歳の時に離婚した父親ラナーだと疑っていました。

家族を殺したのはベンだよね?と病院のベッドで毎日何回も警察から聞かれ頷いたことを思い出すリビーは死刑囚用の面会所を選びベンに会いに行きました。

ベンはリビーをずっと心配しており会えた事に喜んでいたが犯人なのかと聞くと違うと答えました。

犯人ではないのになぜ上訴もしないで服役しているのかリビーには分からなかった。リビーはベンの腕に恋人の名前「ディオンドラ」とタトゥーが入っているのを見付けました。

 

リビーはクラブの調査記録を読みます。

28年前、母親パティは両親が残してくれた農業を継ぎ4人の子供たちを必死に育てていたが収益が悪く差し押さえとなっていました。

真面目で絵の才能があったベンは誰にも注目されない暗い存在でしたが彼女ディオンドラの影響でロックや悪魔崇拝にはまり部屋の中は不気味な光景でした。

美術クラスを手伝っていたベンは生徒のクリシーを含めた女性4人の親から性的な悪戯をされたり悪魔崇拝の現場に連れて行かれたと訴えられていました。

パティは差し押さえとなって頭を悩ませている時に別れたラナーがいつものように金をせびりにやってきました。追い返したパティは帰っていくラナーにライフルを向けるがベンの事が頭をよぎります。ベンのために弁護士を雇うための金が必要だったのです。

スポンサーリンク
 

リビーは現在ストリッパーをしているクリシーに会いに行きます。ベンの事が好きだったクリシーだが彼は真面目で相手にされず嫉妬から嘘を付いていた事を知らされます。

リビーは路上生活をしている最低な父親ラナーを探し出すと何を聞いても酒か金をせびられます。

話にならないと思ったリビーは帰ろうとすると妊娠していたベンの彼女は探したのかと言われます。

当時、ベンは生まれてくる子供のために服をプレゼントしようと部屋に隠していたがそれを発見したパティは訴えられている事と関係があると思い証拠を消すため焼却炉にすべて捨てていました。

 

ディオンドラは事件があった日から行方不明になっていました。

リビーとライルは当時ベンと一緒の悪魔崇拝グループだった者を訪ねるとディオンドラは家出を繰り返し別人を演じるのが好きだったと知らされます。

そして現在の名前はポリー・パームだと知り現住所を突き止めリビーは1人で会いに行くといつか来ると思っていたと言われました。

事件の日の事を訪ねると、一緒に街を出るためベンは貯金を取りに家に帰ったが戻って来なかったと言いました。

妊娠していたはずだが子供はどこだと聞くと「リビー叔母さん」とクリスタルが現れました。

驚いたリビーは気分が悪くなり洗面台を借りると母親パティが身に付けていたネックレスを発見します。

その時、ライルから電話があり母親と姉を殺したのはカルバン・ディールだと知らされます。

破産した元農民のディールは自殺を殺しに仕立て残された家族に保険金がおりるよう手伝っていました。

パティはベンと農業を守るため自分の命と引き換えに遺書をディールに託しそして雇ったのです。

 

ディールが犯人なら何故ベンは何も言わず服役しているのかと考えていたリビーは我が子を守るためだと気付きディオンドラも殺人に関係しているはずだと気付きます。

リビーはライルに迎えにきて欲しいと頼み帰ろうとするとクリスタルに後頭部を殴られ気を失います。

意識が戻るとディオンドラとクリスタルは殺害するため隠していた拳銃を探していました。リビーは発砲を受けながらもなんとか28年前と同じように必死に逃げました。

事件の日、

リビーは母親と一緒に寝ていました。

ベンは貯金を取りに家に戻っていたがポリーもいたのです。ポリーは長女ミシェルに見付かり首を絞めるがその現場を目撃した次女のデビーはパティに助けを求めようとするがディールに刺されていました。

叫び声をあげられディールは思わずパティとボビーを射殺し逃走します。銃声を聞いたベンはミシェルから離れろと指示し部屋を出ると2人の死体を発見します。そして自分の部屋に戻るとポリーがミシェルを絞め殺していました。

何故殺したんだと怒鳴るベンは外へ逃げるリビーを目撃して懐中電灯を持って探しに行くと小屋に隠れているリビーを発見したのです。

そして現在のリビーも迎えに来てくれたライルに隠れているところを発見されました。

 

警察はミシェル殺害の容疑でディオンドラを逮捕しクリスタルは行方不明となります。連続殺人犯ディールが絡んだ事件だったと報道され28年間服役中のベンは釈放される事が決まりました。

28年間見た事もない我が子のために口を閉ざしていたベン。

自分の嘘の証言で兄を刑務所に送り込んでしまったリビー。

ベンだけが「許すこと」を学んでいました。リビーは行方不明のクリスタルを訴えることはしないと伝えました。

農業に行ってみると家はまだありました。恐ろしい記憶だけでなく楽しい思い出もありました。

有益な人生を送れとママに言われたリビーは事件に振り回されずに普通に生きたいと思います。

普通の人生がやっと始まったのです。

 

「 グッド・ネイバー 」< ネタバレ あらすじ >些細な悪戯が取り返しのつかないダメージを与える事もある!

 

◆ 「 ザ・ギフト 」THE GIFT < ネタバレ あらすじ >人に弄ばれるというのはどうゆう事か思い知らせてやる!!次々と贈られてくるギフト -