へぇ~♪そうなんだ~♪

映画<ネタバレ・あらすじ>本

映画「デスノート」 < ネタバレ あらすじ > 天才的な頭脳を持つ大学生がDEATH NOTEを拾い新世界の神となる

 

DEATH NOTE デスノート (スペシャルプライス版) [Blu-ray]

 

監督 = 金子修介

原作 = 大場つぐみ 小畑健

 

◆夜神月(藤原竜也)

◆L / 竜崎(松山ケンイチ)

◆秋野詩織(香椎由宇)

◆南空ナオミ(瀬戸朝香)

◆レイ・イワマツ(細川茂樹)

◆リューク(中村獅童)

◆ワタリ(藤村俊二)

◆夜神総一郎(鹿賀丈史)

◆夜神幸子(五大路子)

◆夜神粧裕(満島ひかり)

◆弥海砂(戸田恵梨香)

 

< ネタバレ あらすじ >

 デスノート   DEATH NOTE

 

世の中を平和にするため司法試験合格を目指す天才的な頭脳を持つ大学生・夜神月(ライト)。

しかし警察のデーターシステムに侵入すると凶悪犯をこの世から抹殺するのは法では限界があると思い始めます。

ある日、落ちていたデスノートを拾うと「名前を書かれた者は心臓麻痺となる」と書かれていました。

「くだらない」と思いながら持ち歩くライトは不起訴となった凶悪犯の名前を書いてみるとデスノートの力は本当だと知ります。

①各人物の顔が頭に入ってないと効果はない。ゆえに同姓同名の人物は死なない。

②死因を書かないと心臓麻痺。名前の後に人間界単位で40秒以内に死因を書くとその通りになる。

次々と凶悪犯の名前を書き続けるライトは世の中を平和にするため自分は新世界の神となると心に決めます。

 

世間では「キラ」のおかげで世の中から犯罪が無くなっていると騒ぎ始めキラ信者が増えていきます。

ライトは満足そうに帰宅する途中「気に入ったようだな」と声を掛けられ振り向くと死神リュークがいました。

デュークの姿が見えるのはデスノートに触った者だけであり使った者に代償はない。強いて言えば苦悩や恐怖が訪れデスノートの所有権を放棄すれば記憶が消される事を知ります。

一方、警察では共通点は犯罪者とゆう事であり事件性を証明する事ができず頭を悩ませていた。ライトの父親であり部長の総一郎は長官に呼ばれると世界中の迷宮事件を解決してきた「L」と唯一コンタクトがとれるワタリがいました。

世界中で起こっている不審死事件の犯人は日本にいると「L」は判断し証明すると言いました。捜査本部が開かれ総一郎は本部長となります。

 

「L」は本日付けで死刑となる者を替玉として用意し全世界同時臨時放送を流します。

凶悪事件の犯人キラは正義感ぶる恥ずべき幼稚な人間だと言われたライトは「幼稚はお互い様だ」と笑いデスノートに名前を書きました。

テレビに映る替玉は心臓麻痺を起こすが画面が「L」の文字に変わり「驚いたなキラ、おまえは直接手を下さず人を殺せるのか」と流れます。

実はこの臨時放送は世界同時ではなく日本の関東地区にしか流れていませんでした。「L」は必ずキラを死刑台に送ると言い放ちました。総一郎は例え死刑囚でも殺しと変わらないと思い「L」のやり方には賛成できません。

スポンサーリンク
 

「L」は死亡時刻から犯人は学生である事を突き止めていました。

ライトは家族で食事している時に「僕も力になりたい」とお願いするが「おまえを巻き込むわけにはいかない」と断られます。

ライトは警視庁のデーターベースに侵入すると犯人は大学生であると見抜かれている事を知ります。

ライトは1時間に1人始末していくがそれにより死の時間を操ることが出来ると「L」に暴かれてしまいます。また情報が漏れていると判断した「L」は捜査員の関係者で大学生のライトをFBIに監視するよう命じていました。

 

ライトはリュークの大好物であるリンゴを渡すが受け取りませんでした。

リュークから誰かに尾行されていると知らされたライトは頭を悩ませます。死神は人間の名前と寿命が顔を見ただけで分かり残りの寿命の半分を差し出せば死神の目と交換する事が出来ると知らされます。

しかし論外だと思ったライトは尾行する者の名前を知るためにデスノートの掟である「死因を書くと更に6分40秒詳しい死の状況を記載する時間が得られる」を利用します。

ライトは彼女の詩織と一緒に乗るバスに尾行者を引き付けて乗ります。次の駅で乗ってきた銀行強盗犯がバスジャックをしライトは「僕が取り押さえる」と書いたメモをそっと尾行者に見せます。

危険だから止めろと言われたライトは「尾行する者は信用できない。共犯者かもしれない」と伝えると尾行者は身分証明書を出しました。

〜FBI…レイ・イワマツ〜

頭に叩き込んだライトはデスノートの切れ端をわざと床に落とし拾った強盗犯は驚いてバスを降りたところ走ってきた車に轢かれ死亡。すべてはライトのデスノートに書いた通りでした。

FBIが単独で捜査するはずないと疑うライトはレイ・イワマツにコンタクトを取り指示に従わないと殺すと脅迫します。その証拠に隣に座る凶悪犯を心臓麻痺で始末します。

封筒の中に入っているデスノートにFBI潜入捜査員の名前を書かせたあとライトはレイ・イワマツを心臓麻痺で殺しました。

 

キラの能力に恐れを持った捜査員が次々とリタイアして残った者は「L」と総一郎、ワタリ含め8人だけとなりました。

総一郎は姿も見せない者の指示には従えないと伝えると「L」はサンダルにジーパン、白いTシャツを着て竜崎と名乗り姿を現しました。

「L」は名前や顔を簡単に明かさないよう指示します。

ライトは部屋に入る時にいつもとドアの位置が違うことに気付きリュークから話しかけられても無視します。外に出たライトはおそらく盗聴器やカメラが仕掛けられていると話しリュークに調べさせます。大好きなリンゴが食べられないと困るリュークは必死に調べました。

ライトはポテトチップスの袋の中にデスノートの切れ端を入れニュースで流れていた犯罪者の名前を書きました。

翌日ライトが家に帰ると盗聴器やカメラがすべて取り外されていました。

 

疑いが晴れたライトは喜ぶが死んだレイ・イワマツの婚約者が訪ねてきました。レイ・イワマツはライトを監視していたため「キラ」だと疑われます。

婚約者も元FBIの人間でありやっかいだと思ったライトは「失礼だ、訴えさせてもらう」と伝えメモるフリをしてデスノートに名前を書きます。

「殺すのは無駄よ、教えた名前は違うから」と言い残し婚約者(南空ナオミ)は去って行きます。

 

ナオミは命と引き換えに夜神月がキラだと証明すると「L」に伝えます。

詩織から電話で呼び出されたライトは美術館に行くとナオミが銃を突き付けていました。

「詩織が殺されたくなかったらキラだと認め懺悔しろ」

キラではないと必死に訴えると「私の本名は南空ナオミ、殺しなさい」と言われます。

それでもライトはキラではないと必死に説得します。

サイレンが聞こえ詩織がライトのもとへ逃げるとナオミはライトに向かって発砲するが詩織を誤って撃ち殺してしまいます。

パニックに陥ったナオミは自分の頭を銃で撃ち抜きました。

これもすべてデスノートに書いたライトの筋書き通りでした。レイ・イワマツの婚約者だと知ったライトは片っ端から教会をあたり本名を突き止めていたのです。

愛する詩織を犠牲にしたのは復讐したいと願い出るためです。詩織がどうして死ななければならないのか必死で総一郎に訴えるライト。

すると「L」が姿を現し捜査本部の一員として迎え入れてくれました。すべて計画通りだと思うライトだが「L」がポテトチップスを持っていたのでまだ疑われているのだと気付きます。

 

キラ信者であるアイドルの弥海砂(ミサ)はストーカーに追われていました。追い詰められたミサはストーカーがナイフを取り出したのを見て殺されると覚悟を決めます。

するとストーカーは心臓麻痺を起こし、ミサは空から降ってきたデスノートを拾いました。

 

後編、

デスノート the Last name の<ネタバレ あらすじ>

映画「デスノート the Last name」< ネタバレ あらすじ > 新世界の神・ 夜神月 vs 警察を指揮する天才推理探偵L 決着!! - へぇ~♪そうなんだ~♪