へぇ~♪そうなんだ~♪

映画<ネタバレ・あらすじ>本

同級生(東野圭吾)<ネタバレ・あらすじ>マネージャーが事故死!!やがて教師も被害に!! この話、すべては主人公が悪い!!

 

完全ネタバレですので読んでいない方はご注意ください。

 

同級生 (講談社文庫)

 

 

< ネタバレ・あらすじ >

 同級生 <東野圭吾>

 


野球部キャプテンの西原壮一は学校へ行くとマネージャーの宮前由希子が事故死したと耳にする。
道路に飛び出しトラックに轢かれたらしいが水村緋絽子の話によると妊娠しているらしかった。
もし噂が本当なら父親は自分だと気付くが 、西原が由希子を抱いたのは彼女が欲しかったからではなく、 いろんなものから逃げている時で相手は誰でも良かったのだ。
由希子の事を大事にして付き合ってきたが愛情なのか分からないでいました。


噂は学校で広まっていました。由希子と緋絽子は仲良いいわけではないのに何故知っていたのか気になり問いただすと天文部顧問の灰籐が由希子の母親から聞いたのだと言う。
また学校で噂になっていたのは産婦人科へ行くのを目撃した親戚の人がお節介で学校に知らせたのが原因でした。

事故現場へ行ってみると花束を持ったマネージャーの薫と会います。近くの喫茶店の人は由希子は1人ではなく一緒に女性がいたと言いました。その女性は彼女が道路に飛び出したと周囲に説明し警察が来た時にはいなかったと言います。

目撃情報により、それは生徒指導部の御崎藤江であり追いかけられたため道路に飛び出したんだと気付きます。

西原は由希子の両親なら知っていると思い自分が父親だと名乗りでて謝罪した。

西原は御崎の授業中に由希子が何故道路に飛び出したのか当事者なら知っているはずだ訴えます。
「由希子の妊娠の相手は俺だから関係ある」と名乗ったため勇気があると騒がれるようになっていた。
 
今のまま事件がマスコミに取り上げられると学校側の問題になるため先に野球部出場辞退という手を打つと教頭が話していました。
西原はみんなの努力を無駄には出来ないから退部する事を考えるが心臓が悪い妹の春美を悲しませてしまうためどうしたらいいか悩んでいた。
西原は登校するとなんか皆の雰囲気がおかしい事に気付きます。御崎の死体が教室で発見されたのです。
御崎は締殺され、西原はどの程度恨んでいたか自分でも分からなかった。
西原の手首に巻いていたテーピングの事をやたら気にしている刑事を見て凶器はテーピングではないかと疑います。
また刑事は由希子と自分の関係、自分と緋絽子との関係を生徒に聞いているらしく胸が締め付けられる西原だが事件とどう関係してくるのか分らなかった。
また緋絽子が第二科学実験室で気を失って倒れているのが発見されたが命が無事だと聞いて安堵するが「御崎を殺した犯人を教える」と下駄箱に手紙が入っていてそれは緋絽子が発見された時刻と重なっていました。
 
刑事が陸上部の部室を調べるとダンベルが一個無くなっていることが分かります。
また由希子の事件現場近くで男の写真を手に聞き込みを開始します。
それに気付いた前原は喫茶店に行き訪ねると男の写真の特徴から灰藤だと分かり、あの時、御崎だけでなく灰藤もいたのではと疑います。

スポンサーリンク
 

<御崎は自殺だった>

由希子を事故死させてしまった事で苦しみ死を決意するが自殺するのなら自分を追い詰めた西原に罪を被せるように細工をし、自分に責任を負わせた灰籐に自殺を他殺に見せかける偽造工作を指示したのではないか。
・・・これが刑事の推理だが物的証拠がなかった。
ところが池の中からダンベルが発見されそこに巻きついていたテーピングを見て自殺だと確信しました。
そのテーピングには灰籐に向けたメッセージが書かれてあり凶器でもあり遺書でもあった。
御崎の姿を発見しテーピングの遺書を読んだ灰籐は自分の行いがすべて書き込まれていたので回収しようとするがダンベルを引っ張ることは出来すテーピングを切り下に放り投げたのです。
後で回収しようとしたが転がってしまい池の中に落ちたのです。恋人である灰籐が自分を守ってくれなかった事による自殺だったのです。

 

<緋絽子は西原の元恋人>
東西電気の工場でトリクロロエチレンが漏れていたことが発覚し、その地域に障害を持って生まれてくる子供が多い事が明らかになり西原は妹の春美は単なる不幸ではなかったのだと知りました。
緋絽子と付き合いだしてから緋絽子の父親が東西電気に勤めもっとも憎い相手だと知るが緋絽子は父親に変わって償いとしなければと思い被害者の会の名簿に同じ高校の西原の名前を見付け近寄って来たのです。

西原はすぐに緋絽子と別れ何もかもから逃げている時に由希子が側にいたのだった。

 

灰籐は西原の写真をネタに抗議活動を辞めさせ野球部を公式戦出場停止に追い込むつもりでいた。
西原はタバコは吸わないが一緒に話をしていた人がタバコを吸いトイレに行ってる間に撮られた写真だった。
その人物は自分がバイトをしているのを見付かり西原のタバコを吸っている写真を撮ってくればなかった事にすると言われ撮ったものだった。
灰籐の目的を知った緋絽子は自分の事が好きであったであろう灰籐に自分の事を好きにしていいから写真を返すようお願いしたのです。
それは運動も出来ない春美が兄の野球をしている姿を見るのが大好きでありその期待に応えたいと西原が言っていたからだ。

灰籐は最終的には緋絽子に何もしなかったが御崎の事件でいつか自分が捕まるだろうと子供のように怯え緋絽子に甘えました。
灰籐から狂言を頼まれた時についでに西原の疑いを晴らすために下駄箱に手紙を入れ、また警察にも西原が表れると名前を名乗らずに電話をしておいたのだ。
あのガス漏れによる事件は御崎の事件はやはり他殺だったと思わせるために灰籐が緋絽子に頼んだ狂言だったのです。


野球の試合は一回戦で敗退してしまったが春美が喜んでくれている事が嬉しかった。
また大学に行っても野球をする事を春美に伝え、春美から緋絽子は彼女なのかと聞かれ「同級生」だよと答えた。(終)

 

<感想>

最後の最後に春美から問われ「同級生だよ」と答えた事で、
この先、二人は良い関係で付き合っていくのだなと予想出来るのでタイトルの付け方には納得しました。


しかしですね、
なんとなく最後は互いを理解して妹想いのお兄様が野球に励み素晴らしい感じで終わってますが私は騙されません。
主人公、西原壮一が誰でも良いからというだけで女性を抱かなければ由希子も御崎先生も死なずに済んだではないか。
緋絽子との関係がよくなっただけで、はい、ハッピーエンド!!とは読み手はならないのではないでしょうか?

 

 ◆流星の絆<東野圭吾><ネタバレ・あらすじ> (前編) 14年前の出来事・詐欺行為、戸神行成との出会い -

 

ゲームの名は誘拐(東野圭吾)<ネタバレ・あらすじ>行方不明だとニュースに!!えっ、誘拐した人物と顔が違う!!