へぇ~♪そうなんだ~♪

映画<ネタバレ・あらすじ>本

「エル・クラン」< ネタバレ あらすじ > どこから見ても幸せな7人家族!!なんと裏の顔は誘拐ビジネスだったアルゼンチンの実話

 

 

エル・クラン [DVD]

 

 

アルゼンチンでは有名な実話。

独裁国家だった時に政府の情報局に勤務するアルキメデスは5人の子供に恵まれた7人家族。

しかし民主政治が根付き出すと職を失い家族を養うために身代金を目的とした誘拐をするようになる。

自宅には監禁部屋もあり事件が発覚するとあまりに幸せそうな家族と誘拐が結び付かずアルゼンチンで騒然となった。

 

ここから先は映画の完全ネタバレです。

 

 

監督 = パブロ・トラペロ

 

◆アルキメデス・プッチオ(ギレルモ・フランセーヤ)

◆アレハンドロ”アレックス”(ピーター・ランサーニ)

◆シルビア(ジセル・モッタ)

◆ギジェルモ(フランコ・マシニ)

◆エピファニア(リリー・ポポヴィッチ)

◆マギラ(ガストン・コッチャラーレ)

◆アドリアナ(アントニア・ベンゴエチェア)

◆モニカ(ステファニア・コエッセル)

 

< ネタバレ あらすじ > エル・クラン

 

政府の情報局に勤務するアルキメデス・プッチオはテレビのニュースを見て項垂れます。

史上最悪な独裁政治から7年以上が経過しアルゼンチンは民主政治を取り戻したのです。

プッチオ家は妻と息子3人、娘2人の大家族で裕福に暮らしていたがマルビナス戦争で政府が転覆するとアルキメデスは職を失ってしまったため誘拐ビジネスをするようになります。

 

長男アレックスはラグビーが優秀で代表にも選ばれ祖国の英雄だと街では有名人でした。

アレックスは車が故障して動かないと言い同じラグビーチームのリカルドに送ってもらうがいきなり前方に割り込んできた車が止まります。

アレックスとリカルドは三人組に襲われ布を被らされリカルドはトランクに押し込められアレックスは助手席に座らされます。

運転する男が「大丈夫か?」と声をかけるとアレックスは「ああ、父さん」と言いました。

アルキメデスは仲間の2人だけでなく長男に仕事を手伝わせていました。

帰宅するとアルキメデスは妻と共に子供たちに勉強を教えます。

スポンサーリンク
 

アルキメデスは妻が作ってくれた食事を自宅にある監禁部屋に運びます。民族解放戦線を名乗り拘束したと家族に電話して身代金を要求します。

アレックスが練習場に到着するとチームメイトの様子がおかしい事に気付きます。誘拐されたリカルドが頭を銃で撃ち抜かれて殺されたと知り「そんなはずない…」と口にします。

家に帰り理由を聞くと「アレックスの関与を疑い有力者に話し破滅させると脅された」とアルキメデスは言いました。

「じきに次の話がくる。私を信じろ、失望させないでくれ」と協力を求められます。

 

アレックスはサーフショップを立ち上げるとチームメイトや友人、近所の人々がお祝いに駆けつけます。

「店を持つことで選手生活に影響はないきのか?」と記者に質問された監督は「すぐに慣れるだろう」と答えていました。

ある日、店にやってきた保育園を作るのが夢であるモニカと意気投合し恋人関係になった2人は車の中で激しく身体を重ねます。

 

独裁崩壊で失業した軍の関係者で金持ち誘拐をしていた者が逮捕されます。

国家情報局のバッチを見せて会いに行ったアルキメデスは「新政権は続かないから安心しろ、それまで軍の失態を利用し別の人質で稼げ」とアドバイスされます。

父親の仲間が捕まった事を知ったアレックスは、このままでは捕まるのも時間の問題だと思い「結婚したいからもうこんな事はしたくない」と言いました。

アレックス抜きで実行するアルキメデスだが誘拐に失敗し「私を見捨てるのか、信頼していたのに!直前にお前がぬけたから失敗したんだ!」と怒りを爆発させます。

 

母親から留学している次男マギラを帰国させれば父親も落ち着くと言われアレックスは迎えに行きます。

家族全員が集まりアレックスはモニカとの結婚を祝福されます。

翌日、アルキメデスの仕事をマギラは手伝い誘拐に成功するが監禁すると女性は一日中喚くようになり家族は3週間も身代金に応じませんでした。

有力者から圧力がかかりアルキメデスは「これ以上庇うのは難しい」と大佐から連絡を受けます。

 

身代金受け取り場所でついにアルキメデスとマギラは捕まりプッチオ一家だけでなく家にいたモニカまで捕まります。

プッチオ家の地下には失踪した女性が監禁されており大勢の警察が踏み込んだことでマスコミや近所の人が集まり出します。

翌日の新聞には一面で載り脅迫電話の音声まで流れていました。

 

アルキメデスの有罪は明白だが「全責任は自分にあると罪を認めれば証拠がない家族は守れるかもしれない」と弁護士から言われます。

アルキメデスはアレックスとの面会の許可を得て「拷問され仕方なく罪を認めた」と言うから殴れと言います。

躊躇するアレックスだが挑発的な言葉を浴びされ「お前のせいで人生台無しだ」と叫びながら父親を殴ります。

対審の日、アレックスは飛び降り自殺をしたが未遂で無期懲役となりました。ラグビー代表チームは最後までアレックスの無実を訴え続けモニカは面会を続けたがアレックスに説得され別れる決心をしました。

 

アレックスは刑務所で何度も自殺を試みるが失敗、2008年に49歳で亡くなりました。

マギラは2年勾留のあと判決待ちで釈放されるが1988年懲役12年の判決が下され逃亡し2014年に時効を訴え勝訴しました。

妻エピファニアは証拠不十分で1987年に釈放、長女シルビアも釈放されるが52歳に癌で亡くなります。

次女は叔父夫婦に引き取られたが後に釈放された母親と暮らします。三男ギジェルモは事件とは無関係で行方を知る者はいません。

アルキメデスは無期懲役となり獄中で司法試験に合格し出所後弁護士となりました。アルキメデスは最後まで自分には責任はないと反省はありませんでした。84歳で亡くなり遺体を引き取るものはなく共同墓地に埋葬されました。

 

 ◆「 日本で一番悪い奴ら 」< ネタバレ あらすじ >”正義の味方・悪を断つ”のはずだった刑事は点数稼ぎの為に裏社会に飛び込み人が変わっていく!

 

「 アイスブレーカー 超巨大氷山崩落 」< ネタバレ あらすじ >南極海で氷山崩落に巻き込まれ遭難したソ連船の実話 -