へぇ~♪そうなんだ~♪

映画<ネタバレ・あらすじ>本

「 アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場 」 <ネタバレ・あらすじ >ドローンを用いた戦争の実態・罪なき少女が犠牲に!

 

アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場(字幕版)

 

監督=ギャヴィン・フッド

 

キャサリン・パウエル大佐(ヘレン・ミレン)

スティーヴ・ワッツ中尉(アーロン・ポール)

フランク・ベンソン中将(アラン・リックマン)

ジャマ・ファラ(バーカット・アブディ)

ブライアン・ウッデール閣外大臣(ジェレミー・ノーサム)

キャリー・ガーション上等航空兵(ファービー・フォックス)

ジェームズ・ウィレット英国外相(イアン・グレン)

エド・ウォルシュ中佐(ギャヴィン・フッド)

アンジェラ・ノース政務次官(モニカ・ドラン)

ケン・スタニック米合衆国国務長官(マイケル・オキーフ)

 

< ネタバレ あらすじ >

アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場

 

イギリス軍のキャサリン・パウエル大佐は自宅でパソコンを立ち上げると「アル・シャハブ(ソマリアのイスラム武装勢力)がケニアの首都ナイロビで西欧からの若者の勧誘を阻止していた情報屋を処刑した」と報告が入ります。

アル・シャハブはイスラム法の徹底を目的として国連に支援されたソマリア政府と英国・ケニア軍を敵視しています。

 

PJHQ(常設総合指令部)で司令官を務めるパウエル大佐は、操縦士のワッツ中尉、キャリー上等航空兵、マッド航空兵長と通信を繋ぎケニアのナイロビでのE作戦(コードネーム)会議を開きます。

アル・シャハブの主要メンバーが協力者のシャヒド・アフメド宅に来る情報が入り、確認次第ケニア特殊部隊が突入するが捕獲作戦で殺害ではないとパウエル大佐は念を押します。

MQ-9リーバー(軍用無人航空機)の偵察飛行と現地の偵察型ドローンによりアル・シャハブの主要メンバーの姿を確認したパウエル大佐はケニア特殊部隊に準備するよう伝えます。

しかしテロリストが移動を開始したので現地工作員が近くまで追跡し昆虫型ドローンを飛ばすと最重要指名手配者ダンフォードの姿を確認しパウエル大佐は「攻撃すべき」とフランク国防副参謀長に連絡します。

フランクはMQ-9リーパーなら高い精度で標的を攻撃出来るから同意して欲しいと閣外大臣に伝えるがコブラ(内閣府ブリーフィングルーム)に立ち会っていた法務長官や政務次官は国に連れ戻し裁判にかけるべきだと反対します。

 

武装勢力の支配地域なので捕獲は移動するまで無理だとパウエル大佐は報告します。

しかし、自爆ベストや大量の爆薬、犯行声明を撮影しているのを昆虫型ドローンに確認したパウエル大佐は状況が変わったと連絡し民間人を守るためにヘルファイア攻撃するべきだと言います。

法的認可が必要であったがパウエル大佐は目標建物にヘルファイアを撃ちこむ準備をするようドローン操縦士のワッツ中尉に伝えました。

ワッツ中尉もキャリー上等航空兵も監視しかした事がなく動揺を隠せません。

 

スポンサーリンク
 

 

発射準備が整い待機するが議論が続き政府から許可がおりません。

パウエル大佐は自爆ベストを身につけるのを確認し手遅れになる前に早く決断するようお願いします。

フランクは現在中国に滞在するスタニック国務長官に伝えると「アル・シャハブに参加する者は敵だから攻撃を支持する」と許可が下ります。

2万フィート上空にいるMQ-9リーパーから攻撃をしようとした時、ワッツ中尉が近くでパンを売る少女を見付け独断で遅らせます。

パウエル大佐は「チャンスを逃すな。攻撃しないと被害者の数が激増する」と命じるがワッツ中尉は少女が逃げるチャンスを与えたいと思い付随的損害予測の再考を求めます。

 

パウエル大佐は付随的損害予測の再考を認め保留にするとワッツはウォルシュ中佐から「大佐の命令に逆らうな」とお叱りを受けます。

少女が売るパンをすべて買うよう命じられた現地工作員は武装勢力の支配地域に入ります。すべて買い「すぐ家に帰れ」と伝えるが行動が怪しいと疑われ捕らわれそうになり逃げ出します。

逃げる工作員をドローンは追うが、パウエル大佐は目標建物に戻すよう支持を出しました。

 

少女が家に帰らずパンをすべて拾い売る気だと分かります。

パウエル大佐は周辺の致命的な損害の可能性は65%~75%だが市街地で自爆が行なわれたら推定80人が被害を受けると伝えるが法務長官や政務次官は反対します。

「少女を救うべき」

「少女を犠牲にしてでもテロを防ぐべき」だと議論が続き英国外相は首相に委ねようと言いました。

昆虫型ドローンのバッテリーが切れ家の中の監視が不可能になってしまいます。パウエル大佐は付随的損害を50%以下にするから攻撃を認めて欲しいと伝えたころ首相も付随的損害をできるだけ小さくしろと指示を出していました。

パウエル大佐はどうやっても65%までしか下げられなかったが「どうしても攻撃するべき」と考え推測ではあるが45%にしたと報告します。

政府に軍事的決定は任せられないとフランクは訴えると閣外大臣は迷いながらも許可を出しました。

 

指令を受けたワッツ中尉はシステムをオンにしてレーザーチェックを行ないます。

ミサイル発射ボタンを押した時に男の子が現地工作員に頼まれパンを買いに来ました。

パンがすべて売れたのを確認したワッツ中尉やパウエル大佐は早く帰るよう願うがミサイルが着弾するまでに間に合わず少女は爆風に巻き込まれてしまいました。

標的を確認するとダンフォードがまだ生きていると分かりパウエル大佐は再攻撃を命じるとワッツは目に涙を浮かべながら返事しました。

テロを阻止することは出来たが少女は運ばれた病院で亡くなってしまいました。

一貫して反対していた政務次官は「恥ずべき作戦、あなたは安全な場所からやったのだ」と批判すると爆破直後の現場処理を経験していたフランクは「戦争の代償を知らないなどと軍人に言ってはならない」と言いました。

 

blog.netabare-arasuji.net