へぇ~♪そうなんだ~♪

映画<ネタバレ・あらすじ>本

「 華政 」ファジョン< ネタバレ・あらすじ >③復讐のために戻ってきたはずの貞明公主は光海君の心臓である火器都監を守る / 仮面をはがす黒幕

 

前回の<ネタバレ・あらすじ>はこちら

「 華政 」ファジョン<ネタバレ・あらすじ> ②黒幕の影/利用されたジュウォン/朝鮮を万乗の国にするため光海君の計画/無実を証明し火器都監を守ったファイ -

 

f:id:netabare1:20170207162903j:plain

 

< ネタバレ・あらすじ > 

 華政 ファジョン ③

 

光海君(王様)は王室の作法まで知っている倭国から来たファイ(貞明公主)の存在が気になり、

キム尚宮(王様付きの尚宮)も初対面なのに要件を訪ねるだけで誰なのか聞かれなかった事で目を付けていました。
また慶運宮に幽閉されている仁穆大妃は公主を逃す時に手首につけてあげた”観音の目”を女官が身に付けていたので驚きます。
慶運宮の門番が拾い女官にあげたものであり死んだはずの公主は実は生きていて訪ねてきたのではないかと冷静ではいられなくなります。

そのためファイは多方面から調べられるようになります。

 

ホン・ジュウォン(火器都監の校理)と訓錬都監(都の守備を担当する官庁)になったカン・イヌはファイに想いを寄せており母親から貰った大事なものだという”観音の目”を探します。

王様に呼ばれたジュウォンは隠れ屋に連れて行かれると王様が会ってはいけない弁髪(後金の密使)がやってきます。

ジュウォンは弁髪との連絡係となり明と後金の戦の件を任されます。

また明と繋がり、王様の弱点は火器都監だと思っている漢城府の判尹を退いたカン・ジュソン(イヌの父)に対しホ・ギュンは王座を得るために犯した罪の象徴である仁穆大妃を利用し王を失脚させるべきだと言います。

朱常浩(明の皇子)は王様より先に慶運宮にいる仁穆大妃に挨拶し出兵要請に従えと無言の圧力をかけます。

 

背後に王様がいて仁穆大妃を狙っていると勘違いされたファイはホ・ギョンに拉致されます。

”観音の目”が母親の手に渡っている事を知り、

自分は公主様に付いていた女官の妹だと説明し目の前で殺された恨みから王の座を引きずり下ろしたいのだと説明しました。

ファイは何でもするから仁穆大妃に会わせてもらえるようホ・ギョンに頼むが、

”観音の目”は公主の物だと知ったホ・ギュンはそれを利用し書状を送って仁穆大妃を誘き出し側近(西人派)と会わせ謀反の罪を着せました。

それは仁穆大妃を殺めるために謀反の罪を王様が着せた事にする狙いでした。

イチョム(兵曹判書)が銀商人を襲った者に永昌大君を擁立するための謀反の罪を着させた事があったが兄貴分はホ・ギュンであり仲間を全員殺された復讐心を抱いていたのです。

王様は仁穆大妃が関わっているため収議(公開討論)を行い皆の意見に従う事を決めるがイチョムは王様と王妃を共に陥れる罠ではないかと疑います。

スポンサーリンク
 

父親のジュソンとホ・ギュンが密会しているのを目撃したイヌは”観音の目”が公主様の物だと知り衝撃を受けます。

ずっと探していた貞明公主がファイだと知ったイヌだが王の手先であるジュウォンには話せずにいました。

イチョムが謀反を疑い誰かを監視していると知った王様は自分を出し抜いたホ・ギュンに違いないと思い呼び付けるとファイと密会していたのを知ります。

ジュウォンはファイが謀反を起こしたと知り王の敵ではあるが守るため先に見つけ出します。

 

ジュウォンの守りたいという気持ちを受け止めたファイは女人の服を用意してもらいます。

”必ず探しますので名前を覚えていてください、私の名前はホン・ジュウォンです”

ずっと昔そう言ってくれた事を話すとジュウォンは貞明公主だと気付きました。

 

仁穆大妃を守るため、ホ・ギュンが公主の証しを使って慶運宮から連れ出し謀反の罪を着せ、その後に王の座を狙うつもりだと王様に告げました。

貞明公主は王に復讐するため必死で生き残って戻ってきた事を知る王様だが側近の者達が企てた事とは当時は知らず悔やんで生きてきました。

王様は貞明公主の存在を誰にも知られないように匿い守るようジュウォンに命じました。

 

王様は収議の場でホ・ギュンの発言に支持するようイチョム等に命じ重臣達から君主を思いやる忠心の言葉を引き出させます。

忠義に満ちた巨下がいるのに母親を殺してまで国を守る必要はないとして死罪にしない代わりに身分は剥奪し後宮に降格させ称号は西宮としました。

王様は黒幕を捕らえるため味方のふりしてホ・ギュンに近付くようイチョムに命じました。

 

王様は貞明と母親を面会させるようジュウォンに命じ感動の再会を果たします。

しかし、それでも光海(王様)を信用できない西宮(仁穆大妃)は生きている事が知られたら予言書を知るイチョムやキム尚宮にまた命を狙われるはずだと思い逃げるよう言います。

王様に会いに行った時に匿ってもらった貞明は何かおかしいと気付き始めます。

 

計画が失敗に終わったと知ったジュソンはホ・ギュンとファイ(貞明)を始末するよう命じました。

刺客に襲われファイを守ろうとしたジュウォンが斬られてしまいます。窮地に陥るが正体不明の者(共に倭国で育ち朝鮮に行くファイを守ったジャギョン)に助けられファイはジュウォンを連れ屋敷まで逃げ帰りました。

王命を受けたイチョムはホ・ギュンが井戸水を赤色に染め民を恐怖に陥れ檄文を貼った証拠を屋敷に残し謀反を企てた首謀者だと重臣に伝えました。

捏造した檄文を見たホ・ギュンは自分が死ねば謀反を偽造した告発書が王宮に届くと脅しジュソンに協力を求めました。

 

ファイはたった1人でホ・ギュンを訪ね「王に狙われている。ジュウォンを刺して逃げてきた」と言い倭国へ逃げたいと願い出ました。

計算通りホ・ギュンは協力するならと交換条件を出してきます。

ファイは銃の使い方をホ・ギュンの手下に教えたあと、陵幸(王が陵に詣でること)の日に狙う計画だと王様に伝えました。

王様は通る道に兵を待機させジュウォンやイヌが目を光らせるが襲ってくる者は現れませんでした。

その頃、ファイは火器都監の隠し通路に案内するよう脅され手下の者に捕らわれていました。

ホ・ギュンはジュソンが仕入れた地雷火(導火線を用い離れた場所から爆発させる爆弾)で火器都監と陵幸から戻る王様を狙う計画だったのです。

ジャギョンに助けられたファイは火器都監の提調ホン・ヨン(ジュウォンの父)にすべてを伝えると職人だけでなく村人にも避難するよう命じました。

火薬倉庫に仕掛けられた導火線を発見したファイは火器都監に被害が及ばないように最小限に防ぎました。

 

王様は吹角令(有事の際に兵士と役人に発動された招集令)を布告しイチョムに全権を委ねました。

父親の行いに目をつぶってきた事を後悔していたイヌの告発によりイチョムは急いで駆け付けるとジュソンがホ・ギュンを捕らえていました。

王様はホ・ギュンにジュソンを探らせれば黒幕だという証拠を掴み謀反を起こすはずだと読んでいました。

ホ・ギュンを処刑し、ジュソンを手なずけ明と朝鮮の重臣を動かせる力を手に入れるためだったのです。

 

続きはこちら

「 華政 」ファジョン< ネタバレ・あらすじ > ④ 王の座を狙う綾陽君 / 明と後金の戦 /意志を継ぐ者を守る光海君 -