へぇ~♪そうなんだ~♪

映画<ネタバレ・あらすじ>本

「 偶然の恋人 」< ネタバレ あらすじ > 臆病だから勇敢になれる / チケットを譲った飛行機が墜落!

 

偶然の恋人 [Blu-ray]

偶然の恋人 [Blu-ray]

 

 

◆バディ・アマラル(ベン・アフレック)

◆アビー・ジャネロ(グウィネス・パルトロウ)

◆グレッグ・ジャネロ(トニー・ゴールドウィン)

◆スコット・ジャネロ(アレックス・D・リンツ)

◆ジョーイ・ジャネロ(デヴィッド・ドーフマン)

◆ミミ・プラガー(ナターシャ・ヘンストリッジ)

◆ジム・ウィラー(ジョー・モートン)

 

< ネタバレ あらすじ >  偶然の恋人

 

シカゴでインフィニティ航空と2年契約を結んだ広告代理店に勤務するバディはロスに帰ろうとするが大雪のため足止めされてしまいます。

BARで時間を潰している時、ダラス行きの飛行機を待つミミ、そして同じくロス行きの飛行機を待つ脚本家のグレッグと知り合い楽しみます。

グレッグは妻アビーと子供2人(7歳スコット、4歳ジョーイ)が待っているので早く帰りたいらしく困っていました。

バディは自分が乗る便の搭乗が再開されたため航空券をグレッグに譲りミミとホテルに泊まる事にしました。

 

翌朝、自分が乗るはずだった飛行機が墜落した事を知りバディは搭乗者名簿が違うから差し替えるよう願い出ました。

墜落事故により亡くなった人の物語を流す感傷的な広告を作ると賞を受賞するがバディはグレッグ遺族の事が頭から離れず酒浸りな生活になっていき仕事も疎かになります。

スポンサーリンク
 

事故から1年、アルコール依依存症のため病院通いしていたバディは仕事に復帰します。

依存症を克服するための12項目の中に”自分が傷付けた人々に償いをする事”と書いてありました。

グレッグの遺族に会いに行くとアビーは不動産屋を営みながら男の子2人を育て父親がいないから慰めになればと犬を飼っていました。

 

アビーはグレッグが飛行機事故に巻き込まれた事を言わず離婚したと言いました。

本当の事を伝えよう何回か訪れるがバディは何も言えませんでした。バディは仕事の移転先を探すようアビーにお願いすると徐々に互いに良い関係となっていきます。

野球観戦やディナーを楽しみ惹かれていくがアビーは子供達に”隠し事は嘘と同じ”と教育しておりバディは罪悪感を持ちながらもスコット、ジョーイからも好かれるようになります。

 

バディはアルコール依存症だったため酒は飲まないと伝えるが墜落事故の事は言えませんでした。

罪悪感からバディは関係を続けるのは自信がないと伝えるとアビーは夫は1年前に死んでいて離婚したのは嘘だと言い謝罪してきました。

それでもバディはアビーに惹かれていたので会いに行ってしまいます。

 

航空会社との交渉のため遺族は弁護士と会います。

アビーはこれですべてが終わり皆から忘れ去られるのだと言います。

バディはアビー、そして子供2人を連れて飛行機に乗りプールに遊びに行きます。

バディは真実を伝えると決意し帰りの飛行機の中で明日大事な話をすると言いました。

しかし、

あの日空港で出会ったミミがアビーを訪ねBARで撮影した動画を持って来てしまいます。

激怒するアビーにバディは説明する時間も与えられませんでした。

 

バディは不法にグレッグを搭乗させたため証言台に立つ事になりました。インフィニティ航空は引き続き広告を任せるか協議中でありインフィニティに不利な発言はしないよう上司から言われます。

”グレッグは不幸が起きて家族の元に戻れなかったら代われる者がいないと言っていました。

それなのに愚かにも何も分からない自分が手を差し伸べ後悔している”

一生重荷を背負っていくと言ったバディをテレビで見ていたアビーは自分もいろいろ嘘をつきデートに誘ったのも自分からだと気付きます。

 

バディは仕事を辞め荷造りしているとアビーが訪ねてきます。

グレッグは飛行機に乗る前”良い人に出会った”とアビーに電話していました。

バディは事務所の売却をアビーに頼み臆病だから怖いのは分かるけどやり直そうと伝えました。

 

「 舟を編む 」< ネタバレ・あらすじ >言語学部卒の無口で生真面目な変人が辞書作りと共に成長する / 松田龍平・宮崎あおい・オダギリジョー - へぇ~♪そうなんだ~♪

 

「パーマネント野ばら」< ネタバレ・あらすじ >西原理恵子の漫画を映画化・それぞれの切ない恋心には秘密が隠されていた - へぇ~♪そうなんだ~♪