読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

へぇ~♪そうなんだ~♪

映画<ネタバレ・あらすじ>本

「ギャング・オブ・ニューヨーク」< ネタバレ あらすじ >父親を殺され15年後の復讐・ギャングの抗争~レオナルド・ディカプリオ


ギャング・オブ・ニューヨーク [DVD]
 
◆アムステルダム・ヴァロン(レオナルド・ディカプリオ)
 
◆ジェニー・エヴァディーン(キャメロン・ディアス)
 
◆ビル・”ブッチャー”・カッティング(ダニエル・デイ=ルイス)
 

<ネタバレ あらすじ>ギャング・オブ・ニューヨーク

スポンサーリンク
 

アメリカンドリームを夢見たアイルランド人の移民達が次々と港に降り立っていた。
この街(ファイブ・ポインツ)で生まれ育った「ネイディブ・アメリカンズ」によって、
アイルランド人の移民達は一箇所に集められ貧しい暮らしを強いられていた。
対抗するためアイルランド人はそれぞれ組織を作りあげるが、
その中の「デッド・ラビッツ」を率いるヴァロン神父は息子に悪魔を追っ払った堕天使ミカエルのペンダントを預け、それぞれの組織のリーダーに声をかけ集結させる。
 
1846年、ファイブ・ポインツの支配権をかけ決闘することになるがヴァロンは殺されてしまい息子も投獄されてしまう。
 
16年後、
ヴァロンの息子アムステルダムはファイブ・ポインツに降り立つ。
「ネイディブ・アメリカンズ」が仕切る街になっており今でもヴァロンが死んだ日は盛大な祝事が行われていた。
また「デッド・ラビッツ」は消滅していて上納金を払うため奴隷のように扱われ中には裏切る者もいた。
アムステルダムはヴァロンの命を奪ったナイフを掘り起こし、
「堕天使 聖ミカエルよ 闘いの場で我らを守りたまえ」と祈った。
 
火事になると市警察と中央警察が争い37もある火消し組は仲が悪く争う。
市民達は祭り事のように盛り上がりアムステルダムは、ヴァロンが殺された日に助けてくれたジョニーと供に盗みに入る。
そんな時、ヴァロンを殺した「ネイディブ・アメリカンズ」を率いるビル・ザ・ブッチャーを見掛けるのだ。
アムステルダムは素性を隠し近付いていく。
 
街ではプロの盗人であるジェニーと出くわすたびにポケットの中身をすられていた。
盗人パーティーではジェニーのパートナーにアムステルダムは選ばれ急速に互いに惹かれあっていく。
 
働きぶりが認められブッチャーと行動を供にするようになったアムステルダムはジェニーがブッチャーの世話をしていることを知り動揺するが愛する気持ちが勝り身体を重ねる。
密かにジェニーを愛していたジョニーはそれを目撃してしまいブッチャーにヴァロンの息子だと密告してしまうのだ。
 
舞踏会場ではブッチャーがナイフ投げを披露すると言いパートナーにジェニーが選ばれる。
ヴァロン神父の追悼が盛大に行われる中、アムステルダムは隙を伺いナイフを投げつけるが、
それを読んでいたブッチャーは防ぎ逆にナイフを投げつける。
 
ナイフが腹に刺さりその後激しく拷問されるアムステルダムだがジェニーの懸命な看病で助かる。
ヴァロンと供に戦ったモンクが現れヴァロンの遺品であるカミソリを渡される。
 
アムステルダムはウサギと裏切者の警官ハッピージャックを殺し吊るし上げた。
 
「デッド・ラビッツ」の復活を知らせるために。
 
ヴァロン神父と供に戦った者や港にやってくる移民達が続々とアムステルダムの元へ集まる。
ジョニーがブッチャーに密告したことを謝罪しに来るがアムステルダムは裏切者を信用しなかった。
しかしジョニーはブッチャーから激しく拷問され吊るされてしまったことで激し後悔する。
 
権力を手に入れるためアムステルダムはモンクを推薦し住民を味方につけ投票させるがブッチャーがモンクを殺してしまう。
モンクの葬儀の時にブッチャーを見付けアムステルダムはパラダイス・スクエアで決闘を申し込むのだ。
 
南北戦争のため徴兵が選ばれる日に市民は暴徒化した。
政府や金持ちは狙われ保安局事務所は火災が発生し黒人が全市で襲われた。
カルフォルニア行きの船に乗るため急いでいたジェニーも暴動に巻き込まれる。
そんな中、
アムステルダム率いる「デッド・ラビッツ」とブッチャー率いる「ネイディブ・アメリカンズ」は対面する。
船からの大砲を受け混乱し霧で覆われる中、アムステルダムはブッチャーの身体にヴァロンの遺品であるカミソリを突き刺すのだ。
 
<感想>
復讐に燃える話かと思いましたが人間ドラマが隠されていますね。
アムステルダムは身を挺してブッチャーを守った場面が何よりの証拠であり、
ブッチャーは自分には子供がいなく実は悲しんでいる事を打ち明けていることから実の息子のように大事に扱っていたのでしょう。
密告により本当にアムステルダムは自分を狙っているのかを確認するためにナイフ投げのパートナーにジェニーを選んだ。
アムステルダムは父の仇を討たなければならない、そんな気持ちをブッチャーは受けとめ殺されに行ったようにみえました。