へぇ~♪そうなんだ~♪

映画<ネタバレ・あらすじ>本

「 春のワルツ 」 < ネタバレ・あらすじ >(後編)許されない愛・真実・許される罪・会いたいと願えば本物の愛は2人を導く

 

 

中編の<ネタバレ・あらすじ>はこちら

「 春のワルツ 」< ネタバレ・あらすじ > (中編) はじまりのキス・愛の宣言・本当の名前はイ・スホ -

 

 

 

f:id:netabare1:20180317154510j:plain

 

< ネタバレ・あらすじ >

  春のワルツ (後編)

 

チェハは度々街で見かけていた少年カングが自分の少年時代と重なり何度か助け連絡先を渡していました。カングの父親はいいカモを見付けたと喜び訪ねるがチェハは留守にしておりイナはみすぼらしい男を目撃します。

ウニョンの気持ちに応えるため「君が待っていたチェハはいない」とイナに伝えるが「過去を隠してチェハとして生きるならウニョンではなく私を選ぶ」と聞き入れてくれません。

自分からチェハを奪い二人で幸せになるのは許せないと思ったイナはチェハとの思い出の写真をウニョンに見せます。

ウニョンはチェハの少年の写真がイ・スホとそっくりだったため驚き「子供の頃、チョンサン島に来たことない?」と聞くがイナが横から入り「似てるだけよ」と言いました。

 

スホは養子となってチェハになったのではなく行方が分からないままとなっている事をイナは知ります。

イナは皆の前で一方的に結婚を宣言しチェハの養母に「今のチェハは本物ではないと知っているが誰にも言いません」と言います。養父もチェハのままでいるためにはイナの協力が必要だと思います。

その頃、偶然にもヤンスンの店にスホの実父チョンテが客としてやってきます。

ヤンスンは怒り、追い出そうとするがウニョンが帰ってきてしまいます。

ウニョンはスホは何処にいるのか聞くとチョンテは「猛勉強して成功し今は海外へ出張中なんだ」と言いました。

 

チェハは「父親が無銭飲食で捕まったから助けて欲しい」とカングから電話があり警察に向かうと実の父親チョンテがいて驚きます。

チェハは金だけを置いて姿を消しました。一方、チョンテの写真を記者から入手したイナは前に訪ねて来たみすぼらしい男だと気付きます。

チェハは路上でガムを売るカングを見付けると「父親はいなくなった」というので宿泊するホテルに連れて帰ります。フィリップやウニョンはカングを可愛がるがイナはチョンテが連れていた子供だと気付きます。

カングがいなくなりチョンテはチェハに電話をかけます。チェハの電話に出たイナはカングがいる事を伝えみんなで食事するレストランへ呼びよせます。

チョンテはチェハを見てもスホだと気付かすウニョンに「スホは出張から戻っていないんだ」と言いました。

 

チェハはチョンテにしばらく暮らせるほどの金を渡し「ソウルを離れカングを学校に行かせろ」と言いました。

イナが勝手に結婚を宣言した事でどうゆうつもりだと責めるがウニョンが見ている事に気付いたイナは強引にチェハにキスしました。

ウニョンは走っていなくなりフィリップが「ウニョン!!」と呼んだ事で見られていたんだと気付いたチェハは必死に探します。

チェハはフィリップとウニョンがヤンスンの家にいると知り向かうがそこには店から追い出されるチョンテがいました。

チェハは「なんで姿を現した。これ以上ウニョンを傷付けるな」と掴みかかり自分はスホだと言い放つがウニョンとフィリップに聞かれてしまいます。

「今すぐソウルを離れ、二度と現れるな」

 

スポンサーリンク
 

 

母親が貯めた手術費用を盗み、そのせいで母親が事故死したにも関わらず目の前にチョンテが現れ、そして初めて愛したチェハがあの許せない人だった事にウニョンは悲しみ苦しみます。

チェハはウニョンから貰った指輪をして仕事場に行きます。すべて話そうと決心したチェハだがウニョンは指輪をしていませんでした。

ウニョンは涙を流しながら「ずっと会いたかったけど、こんなのは嫌だ、お兄ちゃん!もう終わりにしよう」と出て行きます。

自分がすべて話す前にウニョンはすべてを知ってしまったのだと落ち込むチェハだがそれでも話がしたいと探します。

ウニョンは倒れてしまいフィリップから連絡をもらったチェハはお見舞いにいきます。

どうにか分かってもらおうとチェハは愛する想いをぶつけるがウニョンは「出会った事を後悔している。あなたにときめいた自分が恥ずかしい」と泣き叫びました。

 

ウニョンはチェハが自分の手術費のために養子になり親から死んだと偽りを伝えられていた事を知りません。

しかし、人が良いフィリップから真実を告げられ、お金を盗み姿を消したと思い込んでいたウニョンはチェハも苦しんでいたんだと涙を流します。

チェハがいなくなって養母は自分が追い詰めたからだと反省します。心配するイナにフィリップは「君が追い詰めたからだ!」と言い放ちます。

ウニョンは子供の時にスホと一緒に漂流して辿り着いた島に足を運ぶとチェハを見かけ「スホお兄ちゃん!」と呼び掛けます。

2人は抱き合い浜辺からチョンサン島を眺め「すべてを許します」とウニョンは言いました。

 

天才ピアニストのチェハは誘拐されたスホだと記事が出ます。

大臣就任が間近と噂される養父は隠すべきだと訴えイナは自分と結婚すれば「チェハ」だと隠し通せるとウニョンに告げます。

記者会見が決まり養母から「チェハもスホも私の大事な子供、今まで辛い想いさせてごめんなさい」と謝罪されたチェハはウソを脱ぎ捨てピアノを捨ててでも「イ・スホ」に戻ると決意します。

しかし、記者会見にふらっとチョンテが現れ「私の子供ではない。なぜか探しているスホだと思われている」とカメラに向かって訴えました。

養父が昔の写真を出し、イナが「結婚する彼とは同級生であるためスホではない」と言いました。

その後チョンテは酔っ払いトラックに轢かれ亡くなります。

 

みんなが幸せになるなら一番良い選択だと思いウニョンも最後にチェハの演奏を聴いてから離れる決意をします。

チェハは「冬しか知らなかった僕に春を運んでくれた少女に捧げます」と想いを込めて演奏します。

そしてウニョンのためにも韓国にいない方がいいと思いオーストリアに旅立ちました。

冬が訪れ、出前を終えて戻ると店にはイナがいました。

イナは結婚していない事、そしてチェハが元気ない事を告げます。

「今でもウニョンを愛しているから行ってあげて」

ウニョンはオーストリアに飛びチェハと再会を果たします。

 

ウニョンとチェハはチョンサン島に行き結婚する事をお墓の前で宣言します。

結婚後チェハはチョンサン島に家を建て「古くてごめん」と伝えるがウニョンは愛し合っている2人は互いの心が最高の家なんだと言いました。

「本当に愛していれば、会いたいと願えば、必ず出会える。愛は必ず導いてくれる」

 

(感想)

ただただイ・スホの父親が邪魔でしたね。ギャンブルに溺れ子供を学校にも行かせず・・子供を捨て子供を売る最低な父親。

ここまではまだ許せますが手術費を盗んで姿を消したにも関わらず謝罪もなしにのうのうと現れ再会を喜ぶもんだから手に負えません。

そしてやっとイ・スホに戻れる時に記者会見にのこのこ出てきて・・・本当に邪魔な存在でした。

恋敵は必要なんでイナのキャラはまだ許せるが「私と結婚すればチェハだと隠し通せる」の意味が分かりません。そんな権力も何も持っていないでしょう。

もうちょっと筋を通すキャラにして欲しかったですが、ウニョン役ハン・ヒョジュさんの春の笑顔に癒されます♪

 

blog.netabare-arasuji.net