へぇ~♪そうなんだ~♪

映画<ネタバレ・あらすじ>本

「 エージェント・マロリー 」< ネタバレ あらすじ > 凄腕女スパイがテロリストに仕立て上げられた!格闘家ジーナ・カラーノ主演!

 

エージェント・マロリー [Blu-ray]
東宝 (2013-02-22)
売り上げランキング: 71,093

 

監督 = スティーブン・ソダーバーグ

 

◆マロリー・ケイン(ジーナ・カラーノ)

◆ケネス(ユアン・マクレガー)

◆ジョン・ケイン(ビル・パクストン)

◆アーロン(チャニング・テイタム)

◆ポール(マイケル・ファスベンダー)

◆ロドリーゴ(アントニオ・バンデラス)

◆スコット(マイケル・アンガラノ)

◆コブレンツ(マイケル・ダグラス)

 

< ネタバレ あらすじ > 

エージェント・マロリー

スポンサーリンク
 

凄腕女スパイ・マロリーの前にかつて恋人だった民間企業経営者ケネスが訪ねて来ました。

ワシントンDCにいるケネスは政府関係者コブレンツとロドリゴからバルセロナにいる分離主義者の男を救出して欲しいとお願いされマロリーを指名してきたのです。

バルセロナに到着したマロリーはアーロンと他2人と合流します。警護が手薄になったのを確認し突入したマロリーは人質のジャン記者を救出し車に乗せます。

警護する者が戻ってきたのでマロリーは車を先に行かせ銃撃戦となります。逃げた者を追い詰め叩きのめしてシャッターの下敷きにしてやります。

任務を終えるとアーロンから「なんで後を追ったんだ?」と聞かれ「中途半端が嫌いだから」と答えました。

 

ケネスが再び訪ねてきて仕事の依頼を受けます。サンディエゴに引っ越したばかりで荷物を片付けてもいないと答えると休暇に行くみたいに楽勝な仕事だと言われマロリーはダブリンに向かいます。

フランス国籍でアイルランド在住のステューダーと接触するMI6のポールの妻役を演じるマロリーは彼がいない間に携帯をトラッキングします。またマロリーがシャワーを浴びているときには私物をチェックされていました。

パーティーで妻役を演じたマロリーは髭面の男に気付かれたと伝え尾行するため離れるが目的はポールとステューダーを尾行することでした。

2人が入って行った廃墟の中からジャン記者の死体を発見すると手には自分が身に付けていたブローチを握り締めていました。

ホテルに戻るとポールから急に襲われるがマロリーは格闘で勝り絞め落としたあと拳銃で頭を撃ち抜きました。

ポールの携帯を調べると不在着信がありかけてみると相手はケネスであり「離婚はうまくいったのか?」と聞かれます。マロリーはケネスも関与していると気付き電話を切りました。

 

マロリーはニューメキシコに住む父親ジョンに連絡し2.3日かかるかも知れないが実家に帰らせてとお願いしました。

しかし尾行されていると気付き携帯を駐車場に停めてある車に捨てて逃走します。新しく携帯を手に入れるため店に入るがバッグにGPSが仕掛けられている事に気付きます。

パトカーのサイレンが近付いてきたので屋上まで駆け上がり屋根を伝って逃走しながら追ってを叩きのめします。

 

ニューヨークに到着したマロリーは「人質をステューダーに売ったのはケネスか?それともあんた?」とロドリゴに電話します。

するとコブレンツから折り返し電話がありケネスの裏に誰がいるのか?そしてなぜ命を狙われたのか突き止めるよう依頼されます。

コブレンツがケネスと会えるよう手配してくれたがレストランで待っているとアーロンが姿を現しました。いきなり殴られ銃口を向けられるがその場に居合わせた客のスコットに助けられます。

スコットに車を出してもらいバルセロナの一件から現在までの状況を話すと前方で検問しているのに気付き山中に逃げます。

しかし鹿に突っ込まれ車が故障したため捕まります。パトカーの無線で連邦職員が向かっていると聞いたマロリーは偽物だから近付くなと保安官に伝えるが信じてもらえません。

予想通り保安官は射殺されるかマロリーは銃を奪いスコットを連れてパトカーで逃走します。

 

コブレンツは「マロリーの実家に行きあなたの娘はテロリストで人を殺していると伝えろ」とケネスに指示します。

その頃、マロリーは「私を悪人に仕立てるだろうから驚くフリをして右腕を骨折しているアーロンを誘導しバルセロナの話をさせケネスともめさせて」とジョンにお願いしていました。

ジョンは言われた通り驚いたフリをしてそれとなくバルセロナの話にもっていきます。ジャン記者の死体の画像をメールで受け取ったアーロンは彼女がテロリストに仕立て上げられていると気付きケネスを責めると撃たれてしまいます。

 

コブレンツはマロリーの腕を買いケネスの居場所を教える変わり政府関係の仕事をしないかと誘います。

マロリーはケネスを見付けてから返事をすると答えメキシコのベラクルスの海岸に向かいます。

 

内部告発をしたジャン記者を消したいと思ったのはステューダーであり話を持ち込んだのはロドリゴでした。会社を辞めるマロリーに顧客を奪われたら会社は終わりだとケネスに話しジャン記者を救出させたのです。そしてジャン記者をロドリゴがステューダーに引き渡しケネスは金のために仕事を引き受けポールに殺害を命じたのです。

真実を聞き出したマロリーはケネスをボコボコに殴り付けたあと身動きとれないようにして海岸に放置しました。

そしてマヨルカ島でバカンスを楽しむ黒幕ロドリゴの前に姿を現しました。

 

blog.netabare-arasuji.net