へぇ~♪そうなんだ~♪

映画<ネタバレ・あらすじ>本

「火の女神 ジョンイ」 <ネタバレ・あらすじ> ②父ウルタムとの別れ!ジョンの決意・朝鮮初の女沙器匠を目指して。

前回①はこちら

「火の女神 ジョンイ」 < ネタバレ あらすじ >①ジョンと光海君の出会い!初代国王の建国記念壺の修復にむけて。 - へぇ~♪そうなんだ~♪

 

スポンサーリンク
 

< ネタバレ・あらすじ > 火の女神 ②

 

修復された壺を見て皆が驚きます。

しかし祭祀の稽古の様子を見に来た宣祖にユクトは割れた物だと告発しました。

鶏子白はつなぎに混ぜると綺麗に直せるが湯を注ぐと亀裂が見え始め漏れ出すことを知っていたユクトは証明しようとしたが湯は漏れて来ませんでした。

首を刎ねられそうになったのでガンチョンは仕方なく壺を割りつなぎの光沢があることを証明しました。

 

光海君はすべての責任を背負うつもりだが宣祖は王子を守るため、また官僚達に示しがつかないと思い壺を直したウルタムを捕らえ投獄させます。

ジョンは自分が直したことを告げに行きますがまだ幼く不可能だと信用されませんでした。

宣祖は証明する機会をあげようと”美しい器”を作らせます。

 

ジョンは幼い頃からウルタムが割る器がもったいないと思い修復だけはしていたが作ることが出来なかった。

だが親の愛情を込めようと、

母親を知らないジョンは底面に乳を与える母親の思いを表し冤罪で捕らわれている父の涙を器全体に表しました。

 

器を見た宣祖は体裁のよい言葉に騙されないと言うと、ジョンは王位につく資格はないと告げました。

王様や官僚達が絶句するなかジョンは万民の父である王様が哀れな民の心を理解出来ないなんて信じられなくて口走ってしまったと謝罪しました。

宣祖は粗末で大王の品格にそぐわない器を作ったが父親を救おうとしたその心に免じてウルタムとジョンを許しました。

f:id:netabare1:20160721212017j:plain

 

側室インビンはピン(側室の最高位)であり息子である第三王子・信城君のために世子冊封(王位継承者を正式に定めること)を急がせるよう吏曹判書(文官の人事を担当する官庁の長)に命じます。

インビンと繋がるガンチョン郎庁は王様にお仕えする官僚達に金品を渡しました。

 

光海君はウルタムを分院に呼び寄せようとします。

沙器匠たちは人格に優れているウルタムが来ると聞いて、これからはウルタムの時代であり郎庁になるべきだと盛り上がっていました。

息子ユクトまでウルタムに興味を持ちガンチョンは自分の立場を守るため護衛兵マプンにウルタムを殺すよう命じました。

 

ウルタムは一緒にいたジョンを身を挺して守りマプンに殺されます。

駆け付けた光海君とテドはマプンを追うがテドは腕を切られ逃げられてしまいます。

 

ジョンはウルタムを侮辱していたガンチョンを許せず朝鮮一の沙器匠は父親だと言い張りました。

ウルタムの遺品でもある器を割られジョンは父親の血を受け継ぐ私が朝鮮一の沙器匠になりガンチョンに謝罪させると誓いました!!

 

テドに助けられる環境では甘えが出ると思いジョンは自分が死んだことにして欲しいとお願いします。

ジョンは父親の思い出がある家を出てウルタムの師匠であるムン・サスンの家で器作りを学びます。

テドはジョンと会えない間に今度はしっかり守れるように強くなると決意しました。

 

〜5年後〜

 

●ムン・サスンの元で修行しているジョンは土と相性の良い水を研究しています。

定積土(元々の場所で堆積した土)は溜り水、

運積土(水や風に乗り堆積した土)は流水、

砂嬢土(粘土の多い土)は結露した水が相性がいい。

 

●光海君は副提調から都提調(主要官庁の最高責任者、正一品の名誉職)と昇格し王様から玉帯の褒美を受け取る。

今でも落とし穴に入り死んだと思っているジョンを想う。

 

●司僕寺(管中の馬や乗り物を管理する官庁)の提調(主要官庁の責任者、従一品から従二品)である臨海君は貢物である駿馬を売り老婆と入れ替え王様に叱られるような変わらない女好きの遊び人。

 

●ソン行首の商団で世話になっているファリョンは交渉や管理を任されています。

●ユクトは分院の辺首となり皆と供に最善を尽くすと働く者たちに語りかけます。

● テドは独学で武芸に励み商団から依頼された仕事をたまに手伝っている。

 

ジョンは器を売りに都にある海月館(妓房=芸妓のいる店)に行きます。

海月館には臨海君が遊んでいたが吏曹判書が遊びに来ていると知り逃げるように店を出るがその時に勝手に持ち出した光海君の玉帯を置いてきてしまう。

何故かジョンが光海君(本当は臨海君だが弟の名を使って遊んでいた)の酒代を払うことになり壺を取られてしまいます。

 

ジョンは玉帯を持って海月館に行き光海君にお金を返して貰おうとしますがテドに取られてしまいます。

側室インビンの息のかかるもの(吏曹判書やガンチョンなど)と取引をしていたソン行首がテドに手に入れるように依頼したためであるがテドとジョンは互いに誰か気付きませんでした。

 

<続きはこちら>

「火の女神 ジョンイ」 <ネタバレ・あらすじ> ③テド、ファリョン、感動の再会!分院の工抄軍となる! - へぇ~♪そうなんだ~♪