へぇ~♪そうなんだ~♪

映画<ネタバレ・あらすじ>本

「 アイデンティティー 」< ネタバレ あらすじ >モーテルで缶詰め状態の男女が次々と殺害される!共通点は全員同じ誕生日!

 

アイデンティティー (字幕版)

 

 

監督 = ジェームズ・マンゴールド

 

エド(ジョン・キューザック)

ロード(レイ・リオッタ)

パリス(アマンダ・ピート)

ラリー(ジョン・ホークス)

ジニー(クレア・デュヴァル)

ジョージ(ジョン・C・マッギンリー)

アリス(レイラ・ケンズル)

ティミー(ブレット・ローア)

カロライン(レベッカ・デモーネイ)

ルー(ウィリアム・リー・スロット)

ロバート(ジェイク・ビジー)

マルコム・リバース(プルイット・テイラー・ヴィンス)

マリック医師(アルフレッド・モリーナ)

 

<  ネタバレ あらすじ  >

  アイデンティティー

 

アパートの住人6人を殺したマルコム死刑囚が執行前夜に再審理される事になりました。

マルコムは詩をつぶやきます。

「階段を上がってたらまた会った、姿のない人に、そこにはいない人に、どうか僕の前から消えてくれ」

診断の結果、マリック医師は解離性同一障害であると判断しマルコムの中の誰かが犯行に及んだのではないかと疑います。

 

土砂降りの日、モーテルの主人ラリーは客はもう来ないだろうと思い酒を飲みながらテレビを見ていました。

するとジョージが妻アリスを抱えモーテルに飛び込んできました。子供ティミーを連れて車を走らせていたがタイヤがパンクしてしまい天候が悪いなかタイヤ交換をしていると外に出ていたアリスが走ってきた車に轢かれたのです。

加害者は女優カロラインを後部座席に乗せた彼女の運転手エドでした。雷と激しい雨のせいで電話が通じず元警察官のエドは嫌がるカロラインをモーテルに残し救急車を呼ぶため車を走らせます。

エドは病院まで車を走らせていると車が故障して立往生して娼婦のパリスに助けを求められ車に乗せます。

洪水で水浸しになった道路にはまってしまい動けなくなったエドは新婚のルーとジニーが乗る車を止め助けを求めました。洪水で何処へも行かれないためモーテルに戻ることにしました。

アリスの出血が酷いためエドは出血がひどい箇所を縫うと脈拍が安定してきました。そこへロバート囚人を移送するロード刑事が泊めてくれと訪ねてきました。

こうして雨と雷がひどい天候のなかモーテルに10人の客と主人ラリーが閉じ込められる事になりました。

 

女優カロラインは携帯も通じない田舎町のモーテルに閉じ込められ機嫌が悪くなります。電波をひろうため土砂降りのなか携帯を手に外に出たところ何者かに襲われます。

悲鳴を聞いたエドは外に出ると洗濯室の乾燥機の中からカロラインの生首を見付けます。近くに10号室の鍵が落ちていました。

ロードは部屋に行くとトイレのパイプに手錠で繋いでいたはずのロバート囚人がいませんでした。

また別の部屋で殺されたルーを発見したエドとロードは囚人を探しに出ます。ルーの死体のそばには9号室の鍵が落ちていました。

 

スポンサーリンク
 

 

囚人は必死に逃走を試みたが激しい雨のため方向が分からなくなり気付くとモーテルの近くまで戻っていました。エドとロードは囚人を捕まえ椅子に縛り付けるがラリーが少し目を離した隙に殺され口には鉄バットが押し込められていました。囚人のそばには8号室の鍵が落ちていました。

盗んだカロラインの財布を持っていたラリーは皆から疑われパニックとなり車で逃走しようとするがティミーを助けようとしたジョージか轢かれ死亡します。

本物のモーテル主人が冷凍庫の中から発見され偽物だと暴かれたラリーは認めたがモーテルに来た時には死んでいて名前が同じラリーだったため金欲しさに死体を冷凍庫に押し込めフロントにいたのだと訴えました。当然信用されないラリーは椅子に縛られます。

 

パリスは「男女10人が殺される映画があったけど犯人から恨まれる共通点があった」と話します。

残された者は皆で話し合うが共通点は見付けられません。ロードは何気なくアリスの容態を見に行くと息を引き取っていました。ベッドの下には6号室の鍵が見付かりました。順番で行くと7号室の鍵のはずだが、それよりも何故殺されたわけでもないのに鍵が置かれていたのか疑問に思いエドとロードは事故で死んだジョージの服を探ると7号室の鍵を見付けました。

ジョージは急に車の前に飛び出したため予想できるはずもなく、アリスが死んだ時はラリーは椅子に縛られていたため犯人ではないとエドは思い始めます。

エドはパリスとジニーにティミー連れて車で遠くに行けと指示するがジニーとティミーが乗り込んむと車が爆発しました。

爆風で倒れたラリーはなんとか縄を解き消化器を持って駆け付けるが火を消すと誰もいませんでした。

それだけでなく今まで死んだ者の姿もすべて消えていました。

 

残された者はエド、ロード、ラリー、パリスの4人。

4人の誕生日が同じだと気付き他の者を調べると全員同じ誕生日でした。また名前に必ず州の名前がある事に気付くエドは何か関係しているのかと頭を悩ませます。

すると、

エドの意識がモーテルから審議室に飛びます。目の前には判事や弁護人がいました。マリック医師から「6人を無惨にも殺害した多重人格障害マルコムの中の1人だ」と説明されます。

マルコムは分裂した人格を同じ場所に集め対峙させる治療の途中でした。

人殺しの人格が消滅すれば死刑が中止されるから協力してくれと頼まれたエドの意識がモーテルに戻ります。

パリスは車の中からネバダ州刑務所の資料を見付けロードは刑事ではなく脱獄した囚人だと知ります。

それに気付いたロードに襲われるが悲鳴を聞いて駆け付けたラリーに助けられます。しかしラリーは拳銃で撃たれ死んでしまいます。

銃声を聞いて駆け付けたエドはパリスを安全な場所に隠れさせロードを始末しに行くが相撃ちとなり死んでしまいます。

 

1人残ったパリスは天候が回復したあと故郷まで車を走らせます。

殺人を犯した人格が消滅した事でマルコムの死刑停止は妥当と判断されマリック医師の管理のもと措置入院となりました。

オレンジ農園が広がる故郷に戻ったパリスは穏やかに暮らし始めるが土の中から1号室の鍵を発見します。

振り向くとそこには目付きの鋭い子供ティミーが立っていました。

一方、入院するため移動中のマルコムは「ティミーやめて」と魘されておりマリック医師は声を掛けます。

「あばずれ、地獄へ行け!」

ティミーがパリスを殺すと同時にマルコムは車中でマリック医師と弁護人を殺害しました。 

 

「 シークレット・デイ 」< ネタバレ あらすじ >赤ん坊を殺してしまった少女2人!出所した7年後、新たな誘拐事件が発生した!歪んだ危険な愛情!

 

「 シックス・センス 」< ネタバレ あらすじ > 衝撃のラスト!小児精神科医は秘密を誰にも話せず苦しむ子供を救うが…