へぇ~♪そうなんだ~♪

映画<ネタバレ・あらすじ>本

カッコウの卵は誰のもの<ネタバレ・あらすじ>カッコウは他の種類の鳥の巣に自分の卵を産んで雛を育てさせる<東野圭吾>

 

完全ネタバレですのでご注意ください

 

カッコウの卵は誰のもの (光文社文庫)

 

 

< ネタバレ あらすじ > カッコウの卵は誰のもの

 

元オリンピック選手だった緋田宏昌は映像で娘(風美)のスキー技術をチェックしていた時に新世開発スポーツ科学研究副所長の柚木洋輔が訪れる。

風美は日本人には少ないFパターン(視覚情報処理とボディバランスに優れ瞬間的な状況変化への対応力を持つ)を持っていて「カエルの子はカエル」を科学的に証明したいという。  

努力が大事であり才能など遺伝しないと考え断るが、同時に不可能だと内心思います。


19年前にヨーロッパで武者修行中に風美が生まれた。
引退して最初の夏、智代がマンションのベランダから飛び降り自殺します。

古い新聞記事の見出し「新溜の病院で新生児不明  夕食の準備で看護婦気付かず」に目が止まります。 

事件の日と風美の誕生日が近かったので嫌な予感がして調ると妻は流産していた事を知ります。

新生児誘拐事件の記事には父親の名前、上条伸行と書かれており有名な建設会社に勤めていた。 

 

鳥越伸吾は密かな夢を抱き無限の可能性があると信じていたが柚木と部長である小谷が家に訪れその夢は崩れた。 

体内に極めて効率的なエネルギー交換が出来るため結果的に筋持力や心肺力が高くなるBパターンの持主であり登山家の父、克哉もまったく同じパターンの持主だった。

無職だった父の仕事の世話をする、伸吾の学費すべてを負担する、住処も用意する、を餌に伸吾はクロスカントリーをする事になったのだ 

 

風美が入社した新世開発に脅迫文が届いていた。
「緋田風美をメンバーから外さないなら緋田風美の身に被害が及ぶ」
彼女の身近を監視するため専属の広報担当として柚木が選ばれた。


上条と名乗るものから電話があった。

来るべき時が来てしまった、逃げずに会わなくてはいけなかった。
女性の血を付着させた紙とお嬢さんのDNAのサンプルを鑑定業者に出して調べて欲しいとの事。
 
風美とクロスカントリーのジュニア選手の伸吾は所属しているクラブの先輩後輩の関係となる。
伸吾は自分の才能を気に入ってない…そして風美はどんなにスキーを愛しても才能がなければ勝てないと考える。
 
風美が乗るはずだった札幌行きのシャトルバスが交通事故をおこした。
携帯電話を忘れ風美はバスを降りていたがファンがそのバスに乗っていたので運が良いとは思えないでいた。
ファンの人は上条伸行54歳で意識不明の重態だと分かった。
 
緋田は柚木にDNA鑑定を依頼した日、上条さんのお見舞いに行ってみると風美も来ていた。
そこで上条夫人と対面するが風美を見ても何も感じてない様子で伸行が何故北海道にいるのかも知らないようだった。
そして風美と似てないと思います。
 

スポンサーリンク
 

 
DNA鑑定の結果、
血判からFパターンが見付かり風美の母親のもので間違いないという。
 
上条さんには白血病の息子がいた。

骨髄移植は親でも適合する事は稀らしいが兄弟姉妹の場合だと四分の一まで確率が上がる。
息子が難病で苦しんでいる時に上条が北海道までやってきた真の理由はこれだと思います。

真実を隠してきただけでも罪深いのに上条夫妻に対しても、風美に対しても、そして風美の兄に対しても重大な罪を犯す事になる。


すべてを打ち明けようと世津子に会いに行った緋田であったが、
骨髄移植の適合の話をしている時に世津子がAB型だと知った。AB型からO型である風美は絶対に生まれない。

 

風美に送られた脅迫文が上条伸行の自宅のパソコンから発見される。


柚木はFパターンが父親からではなく母親から受け継いだものだと知りがっがりしていたが、
緋田の妻、智代の中学生頃の写真を手に入れ、後ろに段違い平行棒が写っていた事に興味をもち調べていた。
Fパターンの持主は器械体操に向いている研究結果だったからだ。
仲良かった友達が全国レベルなだけで智代は見学に来ていただけであった。
しかし、その仲良かった友達、畑中弘美は風美そっくりだった。

 

畑中弘美を調べて見ると19年前に女児と一緒に亡くなっている。
家に火を点けた後、自殺を図った可能性が高く、また亡くなる直前に女児を出産していたが結婚はしていなかった。
 
緋田は柚木と会い畑中弘美の写真を見せられ涙した。
畑中弘美が母親で父親が上条伸行という事だ、そして、一緒に死んだ女児は病院から奪われた上条の子供だ。
 
上条伸行の容態が急変しそのまま息をひきとった。
 
鳥越克哉が出頭する。
息子の伸吾は音楽をやりたい夢を我慢しながらやりたくないクロスカントリーをやっている。
笑わなくなり、自分を殺して生きている。
そう思っていた時、
「新世開発スキー部の緋田風美に怪我をさせて欲しい、彼女がだめになればスキー部の存続自体あやしくなる。
そうなればまずジュニアクラブからなくなるし克哉は仕事を解雇されなくなる」、
と何者からかメールがきたのだ。
悪戯かと思っていたら特殊な装置をバスに取り付けるようにと報酬の100万と一緒に送られてきた。
伸吾を救いたかったのが動機だ。

出頭する前、柚木は克哉から言われた。
才能の遺伝はカッコウの卵みたいなものだ、
でもそのカッコウの卵は俺のものじゃない、伸吾のものだ、伸吾だけのものだ、
伸吾は音楽をやりたがっている、もう好きにさせてやってほしい。
 
克哉にメールを送り操っていたのは上条の息子だった。
上条伸行が息をひきとり克哉が出頭した後、上条の息子は病院で服毒自殺した。
 
上条の息子から緋田に手紙が送られてきた。
すべては19年前の真実を母親には知られたくないからであった。
伸行が風美に関心を持っている事が分かり脅迫分を父親に送るが伸行は新世開発に脅迫状を送る事で警護されるように目論んだのだ。
 
風美が怪我をすればドナーの対象から外れるため克哉の弱みにつけ込み自分の手足となってもらったのだ。
目標は別の形で結局は達成された。
 
警察には過去をほじくり返さないような彼等が納得するような遺書を送ってあった。
そして手紙の最後には、
どうか最後まで風美の父親でいてくださいと記してあった。
 
緋田は甘える事にした。
風美を守るためにはこれしかなかった。
 
カッコウの雛には罪はないのだから。終
 
 
 
< 天空の蜂 >映画