へぇ~♪そうなんだ~♪

映画<ネタバレ・あらすじ>本

「 階伯 ケベク 」< ネタバレ あらすじ > ① 新羅出身の王妃の悲劇・ケベクの誕生、そして父の死・サテク妃に恨みを持つ者たち

 

階伯 [ケベク] (ノーカット完全版) コンプリート・スリムDVD-BOX

 

< ネタバレ あらすじ >

 階伯 ケベク   ①

 

西暦660年、三国時代(高句麗、新羅、百済)。

百済のケベク将軍は、新羅のキム・ユシンが唐の援軍を得て5万の兵を率いている事を密偵から聞かされます。

百済の兵は5千しかいないがケベクの見事な策略で黄山伐(ファンサンボル)で新羅軍に4回とも勝利します。

偉大なる戦士の勇気と忠誠心を誇りに感じたケベクは5回目の戦の前に「死ぬな、生き延びろ、今日だけは歴史に残ることも国の事も考えずに戦え、家族がいる故郷に生きて戻れ」と命じました。

 

〜時は遡り、

 

西暦612年 泗沘城(百済の王都)。

武王が巡察に出たのでムジン(徳率”百済における16官位の4番目)は着替えるため妊娠中の妻ミョンジュに会いに行きます。

ミョンジュから王妃様と私が溺れたらどちらを先に助けますかと聞かれムジンは「泳げない」と冗談で切り返し「そなたは私だけの王妃だ」と言いました。

ムジンは刀部(武器の製造と管理を司る官庁)を訪ね待ちに待った強度な剣を職人チョンドルから授かります。

 

善花ソンファ王妃は新羅出身でありクイウン首領率いる偽済団(百済のために働く暗殺団)に命を狙われるがムジンがしっかり守ります。

武王は駆け付け息子のウィジャを慰めたあと司軍部(軍事業務を司る官庁)のペギョン将軍を呼び出し3度も宮殿に忍び込まれ偽済団の手がかりすら掴めていない事で責任を取らせ首を刎ねます。

沙宅”サテク”妃は新羅人であるソンファ王妃やその息子ウィジャが王族であるのが民は納得しないのだと進言するが武王はウィジャ王子を太子にしたいと重臣たちに伝えます。

反対するチョクトク(大佐平”百済の最高官職)の官職を解き領地を取り下げて流刑にせよと命じるがサテク妃の説得により護衛官は王命に従いませんでした。

武王は即位して12年経つが兵も動かす力もない名だけの王だと思うのです。国の分裂と混乱を防ぎたかっただけで皆王様の味方だとサテク妃は言いました。

王様を哀れだと思ったサテク妃は近衛兵の総率県を与えるよう指示し、王様の分別と洞察力を鈍らせているソンファ王妃とウィジャ王子を亡き者にしようとします。

 

武王はウィジャを太子にすると命を狙われるから時を待つようソンファに伝えます。

ムジンは王妃と王子を守って欲しいと主君としてではなく同門の者として武王からお願いされます。

しかし、ウィジャが成長してから太子にするつもりだと読んでいるサテク妃の考えは変わりません。

ソンファ王妃とウィジャがお参りに行った時に新羅と内通している罪を被せられ捕らわれてしまいます。同行していたムジンはこれは陰謀だとして立ち向かおうとするが王妃に止められます。

サテク妃は高句麗の密偵を捕らえ、命を助ける変わりに王妃と内通している新羅の密偵になるよう話を持ち込んだのです。

ムジンを慕っていたサテク妃は、打ち首と決まった王妃とウィジャの命を助ける方法は馬車で逃してあげるしかないと告げます。

ムジンは連れて行かない事を条件に武王は承諾するが、ムジンを脱獄させ妻を連れて王妃と一緒に行くよう告げました。

ムジンは王妃に追い付き馬車を走らせるがサテク妃とクイウン首領が追い付かれます。

新羅に逃げては百済に戻れなくなり密偵だと認めてしまう事に気付いた王妃は「ウィジャを新羅に行かせてはならない」とムジンに伝え自ら首を斬りました。

ウィジャを連れて逃げるようミョンジュに伝えムジンは襲ってくる偽済団をたった1人で始末していきます。

ウィジャは宮殿に戻り王になって復讐すると誓い王妃の遺品を受け取ったムジンは必ず生き延びると約束するが追い詰められミョンジュと共に崖から落下してしまいます。

2人はウルニョに助けられるがミョンジュは「階伯 ケベク」を出産し亡くなります。

スポンサーリンク
 

〜14年後、626年。

ウィジャ王子は自分は無能で子供のような存在だとアピールして暮らし武王とサテク妃の間に生まれたキョギ王子が王を継ぐと言いふらしていました。

長い年月子供が爪を隠して生きるとは考えられないと重臣たちから言われるがサテク妃は警戒します。

ムジンはウルリョと暮らし互いの息子は兄弟のように育ちます。ムジンはいつも酒を飲み酔っ払っていたが偽済団に潜り込むため刺客として密かに活動していました。

ケベクは義兄ムングンと共に酒場で働き呑んだくれのムジンの世話をします。正義感が強く町のゴロツキにも容赦なくかみつき敵が複数なら罠を仕掛けて懲らしめていました。

 

ヨンミョ商団のお嬢様・恩古(ウンゴ)はサテク妃の誕生日にお祝いの品を持って行くが刺客に気付き遮ったため腕を斬られてしまいます。

前日酒場で酔い潰れたウィジャ王子を介抱したケベクは側近からサテク妃の誕生日に変装して参加してほしいと頼まれていました。ケベクはウンゴに好意を持っており助けるが刺客と間違われ拷問を受けてしまいます。

ウィジャにも見捨てられ誰からも信用されないケベクだがサテク妃に近付くことができたウンゴによって牢獄から出されます。

薬代だと高額な金を渡されたケベクは「自分の気持ちに比べたら安すぎる」と言い受け取りませんでした。

 

ソンファが眠る神聖な宮南苑を刺客により血で染めてしまったサテク妃は王子を連れて供養に行きたいと王様の許可を得ます。

しかしウィジャは別の部屋で酒を飲み母親であるソンファの位牌はただの木片にすぎないと口にして燃やしてしまいます。

保身のためにここまで出来るのかと驚くサテク妃は偽済団に暗殺を命じていたため先に帰るようウィジャに命じます。

 

ウィジャを目撃して後をつけたケベクは小屋で寝てしまい外に出ると偽済団から暗殺を命じられた父親ムジンを目撃します。

初めてみるムジンの姿が怖くなりケベクは尾行し馬に乗るものを殺そうとしたので止めに入ります。そして命を狙われたものを見て「ウィジャ王子…」と口にします。

ケベクの言葉に驚いたムジンは覆面を外すとウィジャは「ムジン将軍!!」と驚き14年振りの再会を果たします。

王様にも本心を隠して生きていたウィジャは「王になり復讐しなければならない」と初めて本心を口にしました。

ムジンはウィジャの偽物の首を持って偽済団に行くとそこでサテク妃と再会し人質にして逃げ出します。サテク妃にとっては愛するムジンが生きていた事に喜び人質に取られても怖くはありませんでした。

朝になってもムジンが戻らないことでケベクはウンゴの力を借りてウィジャ王子の手紙を武王に届けさせます。

護衛総管を連れてウンゴの商団にやってきた王様はウィジャの本心、そしてムジンが生きていることを知り「ムジンは助けるから心配ない」とケベクに告げ信頼できる充忠(ユンチュン)の屋敷に向かいます。

その頃、サテク妃の父親であるチョクトクはサテク妃を犠牲にしてでもムジンに盗まれた殺生簿を取り返せと命じていました。またムジンを偽済団に紹介したトッケ(殺人請負業者)は酒場でムングンを捕まえ自宅に案内させます。

 

ムジンはサテク妃を人質にとり宮南苑で王様を待っていると偽済団がムジン一家を連れてきました。

サテク妃、そして殺生簿を返さないと家族の命はないと脅されるがムジンは応じませんでした。

ウルリョは斬られるが王様が駆け付けたため偽済団は去りました。ムジンは王様に殺生簿を渡すが傷を負っており倒れてしまいます。

ムジンは宮殿で治療を受け、ウルリョとムングンと血が繋がっていない事を知ったケベクだが育ててくれた事に感謝しウンゴの力を借りて最後は絹の服を着せ美しい姿にして葬りました。

ウンゴの父親はサテク妃から密偵の濡れ衣を着せられ殺されていました。父親からムジンは真の忠臣だと聞かされていた事をウンゴは思い出していました。

殺生簿を王様に預けたムジンは宮殿を去る事に決めケベクに武術を伝授し始めます。

 

殺生簿を受け取った王様はソンファだけでなく先の王2人も殺されたのだと知るが、疑われるサテク妃は貴族会議を解散し生殺与奪の権を握ろうとするはずだと読み先手を打って貴族たちを抱き込み王様から賜った王妃擁立勅書と王妃璽綬を返しました。

王様は貴族たちを皆殺しにしては国が成り立たないため仕方なくムジンが命懸けで手に入れた殺生簿を皆の前で燃やしました。

しかし、サテク妃の要求はそれだけでは終わらず貴族を納得させるため首謀者であるウィジャとムジンを差し出せと要求します。

何も知らないムジンとケベクは牢獄され王様は謝罪しに行きます。ウィジャだけでも生きなければならないと思ったムジンはサテク妃を狙うから自分を殺すよう伝えました。

王様から聞かされたウィジャは無理だと訴えるがムジンが許しを請いたいとサテク妃の前に現れ兵士から剣を奪い襲い始めます。

サテク妃が斬られそうになりウィジャは泣きながらムジンを短刀で突き刺しました。

 

流刑となったケベクが新羅軍に襲われ亡くなった報せが届きウィジャはサテク妃を毒香で殺そうとするが、サテク妃と一緒にいたウンゴがそれに気付きうまくすり替えました。

邪魔したウンゴに「おまえは何者なのか」と問い詰めると「ムジン将軍を救おうとして無残にしんだハンビョクの娘だ」と答えました。

ウンゴは「サテク妃を殺すだけでは一族は滅びない。必ず王となって連中を残らず始末するのです」と涙を流しながら言いました。

 

数年後、新羅軍の捕虜として高句麗と戦わされながら生き抜いていたケベクはイリと呼ばれ、首にはウンゴから貰った香瓶がぶら下がっていました。

 

続きはこちら⇒ ②サテク妃に近付くウンゴ / 生きていたケベクと再会 / 捕虜の暴動 -