読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

へぇ~♪そうなんだ~♪

映画<ネタバレ・あらすじ>本

「危険なビーナス」(東野圭吾)  < ネタバレ あらすじ >  (前半)~複雑な家庭環境で育った伯郎の前に突如現れた女性の正体とは?

BOOK ミステリー 東野圭吾

 完全ネタバレですので読んでない方はご注意くださいませ。

 

危険なビーナス

危険なビーナス

 

 

< ネタバレ あらすじ > 危険なビーナス(前半)

 

池田動物病院、院長代理の手島伯郎は助手の蔭山元美と供に茶虎の雄猫を診察している時に矢神楓と名乗る女性から電話がはいります。

楓は弟の明人の妻であるらしく、そこで初めて結婚していた事を知るが弟が行方不明だという。

 

 

伯郎が5歳の時に父・一清は脳腫瘍で亡くなり3年後に母・禎子は総合病院の御曹司・矢神康治と再婚し9歳の時に弟の明人が生まれた。

矢神家(総合病院や介護施設、保養所を経営)はかなりの金持ちで康治の両親が住む屋敷はとてつもなく広い。

親族が多く矢神家とどういう関係なのか把握していないが誰もが祖父・康之介に媚び気遣っているようにみえた。

屋敷で出会った少年・勇磨から”弟が生まれたら伯郎はもう終わり、そして母親の役目も終わったな”と言われた事をはっきり憶えている。

矢神家の後継が生まれ明人はまだ満足に歩けない頃から家庭教師が付けられ帝王学を仕込まれていたが病院は継がずIT関連の仕事に就いた。

伯郎は禎子が再婚し矢神と名乗っていたが相続権が無くなってもいいからと二十歳の時に手島姓を選びました。

スポンサーリンク
 

楓に会い話を聞くと明人はミッションがあるからしばらく帰らないと置き手紙を残していました。

伯郎はそれなら心配することはないと言うと康治が膵臓癌で矢神総合病院に入院しているからお見舞いに付き添って欲しいと頼まれます。

禎子(事故死と警察が判断)の七回忌で顔を合わせてから10年康治とは会っていなかった。

 

明人は失踪ではなく仕事が忙しいことにして、

楓と供に康治のお見舞いに行くと康治の妹であり実質上、矢神家を仕切る波恵がいた。

康治はいつ死んでもおかしくない状態だったが「明人に……背負う必要はないと…」と伯郎に言い目を閉じ寝息を立て始めた。

矢神家との繋がりがない伯郎は意味が分からず考え込んでいる時に波恵から親族会に出るよう言われます。

明人の代理として利害関係のない伯郎が適任だという事と遺産の中に禎子の遺品が含まれているのが理由だった。

 

康治はサヴァン症候群についての研究をしていて一枚の絵を目にした時にサヴァン症候群の人が描いたに違いないと思い調べると、その画家は亡き伯郎の父だったのです。

それが禎子と康治の出会いだったと明人から聞いたことを話す楓だが伯郎は覚えているかぎり父・一清は普通の人だったと記憶している。

楓を連れ紹介がてら3年ぶりに会った叔母夫婦(憲三、順子)も一清とは長い付き合いだが精神的おかしなところはなかったと言います。

伯郎は父親が最後に描いていた未完成の幾何学模様のような絵を思い出していました。

 

矢神家の親族会に楓を連れて参加した伯郎は、

明人失踪に誰か関係しているはずだと楓が疑っている事に気付いていました。

・康之介は2回結婚しており養子も2人いる

・養子は佐代と勇磨だが、佐代は康之介の愛人でありその子供が伯郎の記憶に強く残る嫌な勇磨だ。

・長弟・矢神牧雄の就職先は泰鵬大学研究者と聞き伯郎は1度だけ行った事を思い出すが、そこで見たものは動物実験で使われた酷い姿の猫達だった。

・法定相続人は実子、養子合わせて6人。

 ・姪、支倉百合華は明人に惹かれており楓に対して金目当てで近付いて来たに違いないと思っている。

・20年前に亡くなった康之介の遺言状には個人資産はすべて明人に譲ると書かれている

・明人の意向(作り話)”亡き祖父の意志を継ぎます”を楓が皆に告げます。

 

楓が勇磨に食事に誘われ何度か会っていることを知り伯郎はイライラしてしまいます。

勇磨は血の繋がりがある百合華にまで手を出そうとした人であり気をつけたほうがいいと忠告するが明人が失踪しているのを知っていて真相を探るために近付いてきている可能性があると楓は疑っていました。

勇磨は明人が仕事始める時の資金の調達方法や母親から何か大事なものを譲り受けていないかなど質問してきたらしい。

 

禎子が亡くなった家は今は更地になったと康治から聞いているがその後の処置が不明であり価値はなくても財産であるため伯郎と明人にも相続権がある。

伯郎は気になり楓を連れて禎子の実家に行ってみるとそこには家がそのまま建っていた。

康治に頼まれた家の向かえに住む老人が管理していて話によると明人がたまに訪れていることを知ります。

伯郎は大学生の時に禎子が実家の風呂で溺死したと叔母の順子から連絡を受けたが斎場で久しぶり会った明人は用心深い母親がドアチェーンをしないのはおかしいと言っていた事を思い出す。

禎子の死に疑問を持っていた明人は殺人事件の証拠物件として家を残す必要があったのではないかと推測しました。

また家にあるアルバムは禎子が生まれた頃からの写真で始まっていたが高校生の禎子の隣に写っている女性の顔を見て佐代だと気付きました。

禎子と康治の出会いは一清が描いた絵を見つけたことだと聞いていたが康治の父親の愛人が禎子の同級生なのは偶然にしては出来すぎている。

それに屋敷から禎子の遺品を持って帰る時に佐代からは”気を付けた方がいいですよ、禎子の遺品がこれだけとは限りませんから”と耳打ちされていたので気になった伯郎は佐代が経営する銀座のクラブに足を運びました。

 

後半はこちら

「危険なビーナス」(東野圭吾) < ネタバレ あらすじ > (後半)~事故死ではなく殺人だった16年前の真実、そして楓の正体とは? - へぇ~♪そうなんだ~♪