へぇ~♪そうなんだ~♪

映画<ネタバレ・あらすじ>本

「 奇皇后 」< ネタバレ あらすじ >②タファン陛下の専属の女官 / 高麗復位のため勝負に出るワン・ユ

 

前回の<ネタバレ・あらすじ>は⇒ ①母親を殺された貢女は復讐を誓う。元の皇太子とその支配下に置かれる高麗の世子

 

 

f:id:netabare1:20170706140931j:plain

 

< ネタバレ あらすじ >

奇皇后 ~ ふたつの愛 涙の誓い  ②

 

元に連行される途中スンニャンは女だと皆にバレてしまいタンギセ将軍に気に入られるが辱められるぐらいなら死んだ方がましだと言い放ちます。

ワン・ユ(高麗王)はスンニャンを逃がそうとするが捕まってしまいチュルクの残党討伐のため過酷な危険な地へ送られてしまいます。

ワン・ユはおまえのために必ず生きて戻るからヤンも生き延びろと命じます。

一方、大都(元の都)ではヨンチョル丞相が娘タナシルリとタファンの婚姻を進めていました。勝手に決められた皇太后は教育をする条件で認めるがタナシルリの事は良く思ってはいませんでした。

 

チュルク残党討伐のために高麗王よりも先に行かされていたペガン将軍とタルタルは軍紀が乱れている事に激怒し軍の編成を立て直します。

そこへ側近と共に到着したワン・ユは高麗の部隊に入れて欲しいと志願しました。

生きて帰るにはチュルクを全滅させる事以外にありません。指揮権を得たワン・ユはチュルクを率いているのは仮面を被ったパドルだと知るが襲撃を仕掛けてきてもすぐに引き返す理由が分かりませんでした。

 

大都に到着したヤン(スンニャン)は皇帝陛下となったタファンを目撃し復讐心が湧き起こります。

タンギセ将軍から宮中から追い出せと言われていたトクマンだが女官の選別の際に素晴らしい人相をしているヤンを中級だと認め雑用係に就かせました。

雑用係のヨンファ率いる先輩たちから虐めを受けるヤンだが簡単に返り討ちにして黙らせます。

ヤンは復讐するチャンスを何回か得るが失敗に終わりついに対面してしまいます。タファンはスンニャンに似ていると思うがヤンは女性であるため同一人物だとは気付きません。

丞相は高齢で先は長くないため勢力を追い出すためにもタナシルリを懐妊させてはいけないと皇太后から言われたタファンはわざと酒を大量に飲みます。初夜に何もなかったと聞いた皇太后は女官や宦官に噂を流しパク・オジンを側室に選びました。

オジンと同じ高麗出身のヤンは専属の担当となります。しかし懐妊したオジンに対して激怒したタナシルリからお腹の子を殺害するため食事に毒を入れるよう命じられます。

毒入りではない食べ物に目印をつけオジンに教えていたがヤンが従うわけないと読んでいたタンギセ将軍がヨンファを使い毒を飲ませていました。

 

チュルクと戦う準備をするためワン・ユは秘密の武器を作り山中に仕掛けます。

作戦は成功し敵に大打撃を与えたワン・ユは敵の狙いは馬を寝させない事だと気付き部下2人を潜入させるとパドル将軍の正体が女性ヨンビスだと知ります。

ワン・ユが奇襲をかけたあとすぐに退却し油断している陣営にペガン将軍が奇襲をかけます。ヨンビスは作戦を逆手に取りペガン将軍を捕らえるがすべてはワン・ユの策略でありその後捕らわれてしまいます。

ワン・ユは先のない者同士、絹の道はこれから先、高麗とチュルクの活路になるから手を組み道を切り開こうと伝えます。ヨンビスを逃したワン・ユはペガン将軍たちの縄を解き大都に向けて馬を走らせます。

スポンサーリンク
 

復讐を果たせば高麗の者全員が殺されるのだとオジンに言われたヤンはワン・ユの命令を思い出し生き延びると決心します。

その頃、助けてくれたスンニャンを思い出していたタファンは心配になり高麗に人を送っていました。それによりスンニャンとヤンが同一人物だと知ります。

丞相やタナシルリがオジンは懐妊していると偽りを述べ陛下に近付いたと騒ぎ出すがヤンとトクマンが気付いていて毒を抜いていました。皇太后はタナシルリを責めると丞相は逃れる事はできず皇室の権威を地に落としたとして席藁待罪(筵に座り皇帝逃れる許しや処分を待つこと)を命じました。

タファンは懐妊しているオジンを才人(側室)に任命し丞相に狙われないためにもヤンを女官とし3歩以上離れるなと命じました。

 

ワン・ユが大都に到着します。ペガン将軍は危機から救い勝利に導いたのはワン・ユだと正直に伝えました。

タファン陛下はワン・ユに褒美を、そしてペガン将軍とタルタルに守備司令官の座を与えました。

ヤンとワン・ユは再会できたことに互いに喜ぶがヤンは陛下のそばにいなければならず話す事が出来ませんでした。

 

丞相は毒殺した先の皇帝が隠した血書を探すよう命じていたが他に探す者がいると気付き正体を突き止めるよう親衛隊長に命じていました。

ペガン将軍とタルタルは丞相の勢力を一掃するには血書が必要だとして親衛隊長を殺害し高麗村の井戸に捨てました。

また高麗に戻るよう見捨てられたワン・ゴから先の皇帝は血書を残しており見付けた者が丞相を蹴落とせるとワン・ユは知らされます。

丞相が字が読めない皇帝に変わり玉璽を押している事を知ったワン・ユは上奏文「血書が見つかれば丞相の三代没落」を利用し激怒させて側近を疑わせます。

丞相から血書を探す事はしないよう脅されたタファン陛下は従うフリをしながら無念の死を遂げた父親の呪いだと信じペガン将軍とタルタルに血書を探すよう命じました。

 

ワン・ユはいつになるか分からないが一緒に高麗に帰るとヤンと約束をして丞相の気持ちを的確に読むため囲碁に誘い「攻める事ばかりに気を取られていると負ける」と教えます。

丞相は嫉妬に満ちている息子のタンギセはワン・ユの足元にも及ばないと思い部下にしたいと思うようになります。

嫉妬に狂うタンギセは高麗村でワン・ユの部下が先の皇帝の唯一の生き残りである護衛チョクホを探している事を突き止めます。

タンギセは血書の存在を知るチョクホの名を使いタファン陛下を呼び出し同行していたヤンを呼び出します。

タファンのもとに丞相が駆け付けおまえが血書を探しているのかと激怒します。父親の遺書なので血書は探していたが怪文書は自分ではないと言いました。そこへ皇太后が兵を引き連れ現れたためタファンは助かります。

呼び出されたヤンが向かうとそこにはワン・ユとタンギセがいました。罠だと気付いた時には遅く丞相がやってきます。タンギセは怪文書を書いた逆賊だと報告しました。

しかしワン・ユが「丞相のために心から忠言したのに天下を動かす方の器はこの程度だったか」と激怒するとタンギセは証拠がなく丞相はワン・ユを信用し息子の無礼を詫びました。 

しかしタファンの側近であるヤンが連れて行かれたため釈放すれば怪文書を書いた逆賊を捕らえる秘策を教えるとワン・ユは言いました。

 

麻酔入りの酒を飲み死んだと偽れば裏切者は判明するとワン・ユは教えるがそれに気付いたペガン将軍とタルタルはタファンに命じられ本物の毒入り酒とすり替えました。

タファンは愛するヤンがワン・ユのそばにいる事が我慢できず丞相だけでなく2人とも始末しようとしたのです。

 

続きは⇒「 奇皇后 」< ネタバレ あらすじ > ③反乱失敗 / 皇太后の復位 / タファン陛下の側室となるヤン / ヤンの計画・皇后を追い詰める