へぇ~♪そうなんだ~♪

映画<ネタバレ・あらすじ>本

「 奇皇后 」 <ネタバレ・あらすじ>⑦(最終)メバク商団の正体・奇皇后の誕生・愛する者のために自ら犠牲となる2つの愛

 

前回の<ネタバレ・あらすじ>⇒ ⑥マハ皇子の出生・愛する者を守るヨンビス・権力に溺れ野望に憑かれたペガン丞相の最後

 

 

f:id:netabare1:20170806141233j:plain

 

< ネタバレ あらすじ >

奇皇后 ふたつの愛 涙の誓い ⑦(最終)

 

メバクの頭に成りすましたワン・ユは各行首に殻物をすべて売るよう命じて偽の交鈔で一気に買い占めました。

殻物価格が下落し怒ったコルタは直ちに買い戻すよう指示するが殻物はすべて消えていました。買い占めた者の顔に焼印があったと知り視察していたタルタルはワン・ユが大都にいると気付きます。

ヤンは陛下の許可を得てタルタルに丞相の座に就くようお願いしました。偽の交渉が出回っていると知ったヤンは交鈔を無くし銀貨を使うよう提案し皇帝の権威は民心あってこそ成り立つと伝えます。

確かな交鈔を銀貨に交換することで闇資金を無くす事にもなり丞相となったタルタルは皆に発表します。

またタファン陛下はこの場でヤンを元の母となる皇后に迎えると皆に伝えました。

アユ皇太子を廃位しようと目論んでいた皇太后、そして大打撃を受けたメバクの頭コルタは悔しさを押し殺します。

宮殿には民を助けるよう無名で大量の殻物が届きました。ヤンは贈り主は誰なのか聞くがタルタルはいずれ分かると答えました。

 

ソ尚宮からマハの出生を知ったタンギセは新たな皇帝を探しタファンとヤンの暗殺を目論みます。

民に殻物を与え宮殿に戻るタファンとヤンの前にタンギセが現れました。タファンの護衛官もタンギセの手のものであり窮地に陥るがそこにワン・ユ達が現れました。

ヤンが矢を放つとタンギセの胸に突き刺さりワン・ユが後ろから斬りつけました。ヤンは母親、ワン・ユはヨンビスの仇を取りました。

タファンはタンギセに掴まれ「マハはワン・ユとキ・ヤンの子供だ」と告げられ衝撃を受けるが近寄るヤンにも何か言おうとしたので口を封じるため止めを刺しました。

ワン・ユが生きていた事に驚くヤンはタルタルによって逃がされていた事を知ります。

 

タファン陛下はソ尚宮から真実を聞きオジンが殺害された時に「1人だけ生きているのは申し訳ない」と言ったヤンの言葉を思い出します。

子まで失い辛かっただろうとヤンの気持ちを理解しタファンは真実が広まらないようソ尚宮の口を封じました。

そしてワン・ユを復位させ皇后即位式を行いました。遠くて見守るワン・ユと目があった奇皇后(ヤン)は涙をこぼしました。

スポンサーリンク
 

タファン陛下は自ら兵を挙げ高麗へ戻るワン・ユを討つため後を追います。また、異変に気付いたタルタル丞相から報告を受け奇皇后は陛下を追います。

ワン・ユは遼陽の城門で足止めをくらいタファン率いる兵と挟み撃ちにされます。

ワン・ユは部下2人しかおらず今まで側近だったムソンとチョンパギは命を落とします。

ワン・ユはタファンに剣を突き付けるが「マハが誰の子が知っている。おまえが死ねばヤンは助かる」と言われ剣を捨てます。

「今までタファンの命を何度も救ったがお前はヤンに何をした」

愛するヤンを守るためワン・ユは「命をくれてやる」と告げるとタファンの剣が突き刺さりました。

奇皇后が駆け付けた時にはワン・ユが殺された後でした。

「縁を切り自由になってください。来世では私のことを忘れてください。でも私は忘れません」と号泣しワン・ユを抱き抱えました。

 

なぜワン・ユを殺したか問い詰めようと奇皇后は向かうが陛下と皇后に亀裂が入っては困ると丞相が立ち塞がります。

「ワン・ユ殿を殺さねば皇后様は生きられないと陛下は言っていた」と丞相から聞き奇皇后はマハの秘密を知ったのだと気付きます。

陛下は今まで1人で悩みを抱えていたのだと心情を理解しタファンを抱き締めました。

またワン・ユの部下が駆け付けた事で「なぜワン・ユ殿が危険だと分かったのか」と聞くとメバクの頭(コルタ)が言っていた事を知ります。

殺害の件を知っていたのは陛下の側近だけであり奇皇后はワン・ユが潜入する時に被っていた仮面を被りメバク商団に潜り込みます。

ヤンは会合の時に仮面を外すと頭は「皇后」と口にしました。ワン・ユの部下と共に戦うがコルタやビョンスには逃げられてしまいます。

 

コルタは毒薬を少しずつ飲ませており陛下は記憶が途切れる事を心配します。

陛下が眠りにつく間にコルタは玉璽を押し自分の手中にある者を要職に就けていました。また陛下がいなくなれば奇皇后を消せると話を持ちかけられた皇太后は次期皇帝となる者と会いメバクの資金を使い勢力を築いていきます。

陛下はいつもコルタが持ってくる薬が原因ではないかと疑い始めた頃、奇皇后から報告を受けコルタに薬を持ってこさせます。

いつもはすぐに意識を失うが陛下は割れた破片を握りしめなんとか意識が遠のくのを送らせました。そしてコルタと護衛兵の会話からメバクの頭がコルタであり、長年自分を苦しめたワン・ユからヤンへ送られていた密書はビョンスが仕組んだものだと分かります。

 

陛下はトクマンに調べさせると解毒剤がない毒薬だと分かり吐血したことで手遅れだと分かります。

陛下は奇皇后とアユ皇后を守るため薬を飲み続けコルタから「陛下の薬に毒を入れたのはヤンから命じられた側近のパクです」と報告され騙されたフリをします。

陛下は奇皇后を守るためわざと遠ざけ、コルタは今が好機だと皇太后に正体を明かしました。

陛下は摂政を皇太后に任せ譲位書を書きます。そして譲位を告げる日、大明殿には皇太后の勢力とコルタの勢力が集まりました。

「皇帝と皇后を殺そうとした逆賊たちの罪を厳しく問う」と発表し密命を受けていたタルタル丞相が勢力を始末していきます。

皇太后は「先に裏切ったのは高麗のヤンにうつつを抜かした陛下だ」と言い放ちコルタは「私は裏切ってはいません。乗り換えるロバを間違えただけで私の主は金です」と言いました。

陛下は信頼する側近のコルタ、そして母に命を狙われた事に涙を流しコルタに剣を突き刺しました。

 

皇太后を廃位し死罪は当然だが寺に追いやる事にしました。

皇太后は最後まで罪を認めず「死んでも皇宮殿に留まる」と告げ毒を呑み自害しました。

奇皇后は皇太后の死体を焼き皇宮殿の外に捨てるようトクマンに命じました。

また高麗村で捕らえたビョンスも最後まで罪を認めず恨みを持つ民から襲われ殴り殺されました。

奇皇后は強い国に生まれていればビョンスもいい父親になっただろうと涙を流しました。

 

数年後、

 

反乱軍が巨大化しタルタル丞相が戦死した報せが届きます。

「もし私が帰らなければ大都を離れ北に逃げてください。広大なモンゴルの地で再起を図ってください」

タルタルの言葉を思い出した奇皇后はタファン陛下の寝殿に向かいます。タルタルが勝利したと告げ2人で北方に参りましょうと告げました。

しかしタファンは「心からお慕いしています」と聞きたかった言葉を貰い奇皇后の膝の上で静かに息を引き取りました。

 

「元の人は母上を高麗の者、高麗の人は母上を元の者だと言います。母上はどちらの人なんですか?」

元であれ高麗であれ民を守るために戦ったと奇皇后は伝えました。終

 

 

実際は陛下と共に北方へ逃げ陛下が亡くなったあとアユルシリダラは第2代北元皇帝(昭宗)となりヤンは皇太后となる。

大都を征伐した明軍に北元は終われ昭宗は逃走したカラコルムの地で亡くなる。

北元は滅びキ・ヤンはどこで亡くなったか明らかになっていない。

 

「 海神 」 ヘシン 全話の<ネタバレ・あらすじ>を7話に纏めました!統一新羅時代に海上勢力を築いた張保皐(チャン・ボコ)・キャスト -

 

「トンイ」 全話の<ネタバレ・あらすじ>を8話に纏めました。最も長く王を務めた21代王・英祖の母である先淑嬪崔氏がモデル/キャスト -