へぇ~♪そうなんだ~♪

映画<ネタバレ・あらすじ>本

「君を憶えている」< ネタバレ あらすじ > (中編) 凶悪犯ジュニョンと弟ミンの正体が判明

f:id:netabare1:20160810202236j:plain

 

 <前編>はこちら

「君を憶えてる」< ネタバレ あらすじ > (前編) 20年前の出来事・20年ストーカーしている捜査官 - へぇ~♪そうなんだ~♪

 

< ネタバレ あらすじ > 君を憶えている(中編)

 

シン検事はジュニョンを起訴した検事でした。

ジュニョンは無数の死体なき殺人の容疑者であったがヒョンの父親ジュンミンが証拠を捏造をして強盗殺人で逮捕していたのです。

それだけでなくヒョンが記憶を失っているのも知っていたが実は父親が殺される前にも1度記憶を失っていた事を聞かされます。

 

話を聞いていたヒョンは何者かに後ろから頭を殴られ気を失います。

目を覚ますとシン検事の自宅にいたが、その日から誰もシンと会ってはおらず消えてしまいます。

現場には青い花が書かれた絵が置かれていました。

 

ヒョンは犯罪捜査チームの顧問になります。

ヒョンは幼い頃のジアンが警察署の前で父親は共犯ではないと叫んでいたことを思い出していました

 

法医官ジュノと食事をしている時にヒョンの携帯に殺人の容疑者イ・ジョンハが病院にいると連絡が入ります。

ジョンハは特別講座を行った時に殺人者と同じ血が流れていると自分も殺人者になるのではと心配して相談してきた者でありヒョンは心配で連絡先を教えていたのです。

 

現場に向かうと犯人は右利きだと分かりヒョンは左利きであるため犯人を庇っていると思いジョンハの弁護をチョン弁護士に頼みます。

 

ジョンハの知り合いであるイ・ジヌを逮捕します。

ジョンハの父親はジヌの父親を殺して服役しているがジヌは母親が持っていたファイルから父親は殺人者だから自分を守るためにいないと言われていたと勘違いして面会に行っていました。

ジョンハの父親は殺した者とそっくりだと気付き父親のふりをして目撃者を殺せと唆したのです。

ジョンハはジヌが勘違いをしていると気付いていたので自分が殺したとかばっていたのです。

ジョンハは敗血症性ショックで不安と闘いながら生きる18年の人生を終えました。

スポンサーリンク
 

ジアンはヒョンもジュニョンと同じようにモンスターではないかと疑いストーカーしていたが近くで見ていて違うと確信しました。

幼い頃、ジュンミンが殺される前に”私はあなたのパートナーだから”と言った言葉をもう一度伝えました。

ヒョンはジアンとデートするが何者かに付けられていると気付きます。

 

ヒョンの元に車の絵が書かれたカードが届きます。

シン検事が消えた時にもカードが置かれていた事で心配になりジアンの家に行くと殴られて怪我をしたジアンと助けに入ったというチョン弁護士がいました。

 

ヒョンは自宅でジアンの面倒をみることにします。

ヒョンは弟ミンがジュニョンに車で連れて行かれ追いかけていた事を思い出します。

(ミンは大好きだった兄がジュニョンに自分を引き渡したと思っていました。)

 

死体なき殺人を繰り返す場合は、

自分なりの方法があるはずだと法医官ジュノは言います。

殺人現場にあった絵を美術品を輸入しているファコ物流の社員が覚えておりヒョンは社員となって荷物をチェックすると死体が入った荷物を見付けます。

殺された女性社員と仲良かった者が自白し逮捕するが、

大金を貰えたので運んでいたが指示していた者は声しか分からないとの事だった。

 

ヒョンはチョン弁護士とジュノ法医官が知り合いだと知り2人を自宅に招くが、

連続ストーカー殺人事件を追っていたジアンが連れ去られたと連絡を受けます。

ヒョンは2人に協力してもらい3人で推理して犯人を捜すがジアンと一緒にいて怪我をしたチーム長が行先を聞いていたので居場所が分かり助けます。

犯人は精神疾患の夫と、その影響を受けて感応性妄想性障害になった妻の共犯でした。

ヒョンはもしもミンがジュニョンに拉致されていたら感応性妄想性障害になっているのではないかと考えていました。

 

ヒョンは育ての親であるヒョン・ジスを訪ねます。

当時、面会や手紙を禁じられていたジュニョンから解除してくれれば犯罪情報を教えると言われます。

ジスは女性は男よりも成果を上げないと出世出来ないと思い受け入れたが、まさかそれだけで脱獄しジュンミンを殺しミンが連れ去られるとは思いもしなかったのです。

 

ジュニョンが消えたあと釣りの本の広告を通して連絡が来ていました。

月に一度犯罪に関するメッセージが書かれており”死んだ子供の歌”の詩と共にジスへのメッセージは途絶えていた。

ヒョンは”会う時が来たのでは?”と広告を載せました。

 

ヤン刑事が持っていた手帳が送られてきて本の広告には”今こそ戻るべきでは?”とメッセージがありました。

ヤン刑事の手帳には1993年一家失踪事件(一家とその家で働く人たち含む13人が消えた未解決事件)が書かれていました。

 

ヒョンとジアンは現場に向かいます。

家の壁に煉獄(カトリック教で天国に行く前に死者が罪の浄化を受ける場所)の絵が描かれておりハンマーで壊すともう1つ部屋が表れ白骨化した女性を見付けます。

遺骨はこの家の末娘であり大事に育てられてきたが外で乱暴され妊娠していました。

生まれた子供は戸籍のないまま幽閉されて育ち母親が自殺してから一家全員を殺しました。その子供がジュニョンなのです。

 

ヒョンはジュノ法医官に遺骨を預けます。

ジュノは”お久しぶりです”と遺骨に話しかけると”感動の親子の再会か?”とチョン弁護士が姿を現します。

 

ジュニョンはジュノ法医官でありミンはチョン弁護士でした。

 

帰国のたびに貰った贈り物をヒョンは意味すら分からず記憶から消しており開けてもいませんでした。

全部調べると謎のカードがいくつかあり今までミンがメッセージを送っていた事をしります。

それは”探してくれ”か”止めてくれ”なのか…。

 

日頃から暴行を受けていた死体が発見されます。

暴行した者達はすぐに逮捕されるが養子だった被害者は日頃から心理的虐待を受けていたはずだとヒョンは疑い両親から話を聞きますがチョン弁護士が付き添っていました。

チョン弁護士は証拠もないし殺してもいないのだから虐待を証明するのは難しいと言います。

しかし被害者と対面したチョン弁護士は”僕が君を覚えておくよ”と言いました。

 

 <後編>はこちら

「君を憶えている」 < ネタバレ あらすじ > (後編) 結末!!すべての記憶を取り戻したヒョンの決断! - へぇ~♪そうなんだ~♪