へぇ~♪そうなんだ~♪

映画<ネタバレ・あらすじ>本

「君の声が聞こえる」<ネタバレ・あらすじ>(前半)交通事故で特殊能力を持った者と勇気を持って証言した者が10年後復讐に遭う

 

ストーリーはとても面白いですね。

しかし、かなりおぞましいミステリーサスペンスですが、

ちょっとメインの話からそれるとまるでコメディ映画のようでちょっと残念です。

1番恐怖を感じるべき人物がやたら明るいですし何故かキャラがコロコロ変わる人物もいます。

弁護士と検事が絡んでいるので仕方ないかも知れませんが関係ない事件も横やりで入ってきます。

メインの事件を中心にコメディ部分は抜かして書きました。

君の声が聞こえる DVD-BOX1

君の声が聞こえる DVD-BOX1

 

◆パク・スハ(イ・ジョンソク)=少年時代(ク・スンヒョン)

◆チャン・ヘソン(イ・ボヨン)=少女時代(キム・ソヒョン)

◆ソ・ドヨン(イ・ダヒ)=少女時代(チョン・ミナ)

◆チャ・グァヌ(ユン・サンヒョン)◆オ・チュンシム(キム・ヘスク)

◆ミン・ジュングク(チョン・ウンイン)◆ファン・ダルジュン(キム・ビョンオク)

◆ソ・テソク(チョン・ドンファン)◆ウンスン(ヨ・ホミン)

◆パク・ジュヒョク(チョ・ドクヒョン)

 

<ネタバレ・あらすじ> 君の声が聞こえる

 

スハは父親と車に乗っている時、横からトラックが衝突してきて頭を強く打ってから人の心の声が聞こえる能力を持ちます。

トラックから降りてきた男・ジュングクに父親は助けを求めるが、

”こいつまだ生きてやがる、殺さねば!”という声を聞きスハは逃げるよう言うがジュングクは鉄パイプで何回も殴り事故死にみせかけ殺したのだ。

しかし裁判で、事故現場に通りかかった女子高生・ヘソンがカメラを撮っていて勇気を持って証言者として現れたので殺人犯として処罰されたのだ。

目撃していたのは実はヘソンだけではなくドヨンもいた。

ジュングクに見た事を話せばどこまでも追い続け殺すと脅されドヨンは逃げてしまったが、ドヨンに嵌められ無実の罪で高校を退学させられたヘソンはドヨンみたいになりたくないと勇気を持って駆け付けたのだ。

(ドヨンはテストの時にカンニングしているのをヘソンに見られたことで父親にばらされるのを恐れ花火の火が目に直撃したときにヘソンにやられたと嘘をついたのだ。住込みで働いていた母親も家を出されヘソンも退学となった。)

心の声を聞いたスハはヘソンの手を握って”僕が守る”と言った。

スポンサーリンク
 

~10年後~

高校生になったスハはムエタイを習い続けており逞しく育っていた。

ヘソンは国選弁護人の面接を受け過去にドヨンに嵌められた話しをすると見事合格した。

ドヨンは父・テソクが大手法律事務所代表であり有名な元判事だったことで検事となった。

 

スハの同級生が無実の罪で訴えられた。

まったく興味ないスハだったが弁護する人物が新聞に載っておりヘソンだったことに驚く。

付き添いで一緒に行くスハは10年振りに対面するがヘソンは覚えていなかった。

それだけでなく心の中では面倒そうに罪を少しでも軽くすることを考えており無実だとは思ってもいなかった。

スハは真面目にやるよう頼むが話しを聞いてくれなかったので心が読めることを証明し無実だと信用させた。

検事は10年振りに再会した憎むべきドヨンだったが傍聴席にいたスハと心で会話しながら無罪を勝ち取ったヘソン。

喜ぶスハだったが”あいつ、国選弁護人になったのか・・・”というジュングクの声を聞き慌てて探すが姿を見付けられなかった。

 

出所してヘソンを殺しにきたに違いないと思ったスハは徹底的に調べます。

ヘソンは”ずっとそばにいるよ”というメールを何回も受けておりスハだと思っていたが違った。

電話をかけ直すと不思議な事に家の中から着信音が聞こえ怖がるヘソンだがスハが危険を察知して駆け付けて来た。

ジュングクが家に入り込んだと警察に連絡するが、スハは心の声を聞き真面目に捉えてない事を知りそのまま家に泊まります。

(ヘソンはなんでこんなに自分の事を心配してくれるのかまだ気付きません)

スハはジュングクがボランティアをしている事を突き止め偽名を使って会いに行きますがスハの忘物を学校まで届けに来たジュングクに本名がばれてしまいます。

呼び出されたスハは心で挑発してくるジュングクを何発も殴り警察に捕まります。

出所したジュングクが自分について調べていると情報を得ていたヘソンは保護者となってスハを引き取り、そして10年前の子供がスハだと気付くのだ。

 

ジュングクはヘソンの母親・チュンシムが店の従業員を募集していることを知り近付きます。

ヘソンは母親から電話がかかってきて何気ない会話をします。

しかし母親はジュングクに手足を縛られ殴られており”人を憎んではいけない、くだらない事に大切な人生をつかうな”と最後の言葉を伝えます。

ジュングクはチュンシムがいる家ごと燃やして殺害し自ら途中で助けるフリをして傷を負ったことでなんと無罪になります。

しかも無罪を勝ち取った弁護士はヘソンの同僚・グァヌであり、グァヌはヘソンに恋していました。

(このグァヌもそこそこ重要人物なんですがキャラがコロコロ変わるんですよね)

 

スハはグァヌにヘソンの周囲をしっかり監視するよう伝えた。

またヘソンの家にわざと悪戯をしてジュングクがヘソンを狙っているように見せ掛け警察のパトロールを強化させた。

ジュングクに電話をかけ呼び出されるスハ。

ヘソンはGPSを見てグァヌと供にスハを追います。

 

スハはジュングクにナイフで襲いかかろうとした時、止めに入ったヘソンを刺してしまいます。

”誰にも言ってはいけない、私はジュングクに刺されたの”

心を読んだスハは戸惑います。

ヘソンが病院で入院している頃、スハは”あなたが心配している事は絶対にやらないから心配しないで”と言い姿を消します。

退院したヘソンはニュースを見て驚きます。

ジュングクの左手が発見され、殺害容疑でスハが指名手配されたのです。

 

<後半>

blog.netabare-arasuji.net