読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

へぇ~♪そうなんだ~♪

映画<ネタバレ・あらすじ>本

「告白」<ネタバレ・あらすじ> ドッカーーーン・これが娘を殺された女性教師の復讐!!主演・松たか子

ミステリー サスペンス


告白 【DVD特別価格版】 [DVD]

◆原作 湊かなえ 

◆森口悠子(松たか子) 

◆寺田良輝=ウェルテル(岡田将生)

◆下村優子(木村佳乃)

◆森口愛美(芦田愛菜)

◆桜宮正義(山口馬木也)

◆戸倉(高橋努) 

◆下村直樹(藤原薫)

◆北原美月(橋本愛)

◆渡辺修哉(西井幸人)

 

< ネタバレ あらすじ > 告白 

スポンサーリンク
 

中学教師の森口悠子のクラスに、母親に愛されたいと願う渡辺修哉という生徒がいる。

修哉は低学歴な電気店を経営をする父親を内心馬鹿にしており高学歴な母親からは科学を遊びのように教わり尊敬していた。

しかし両親は離婚して母親は大学で研究者として働くようになり修哉は捨てられたのだ。
修哉は褒められたい一心で一生懸命勉強し優秀な成績となるが母親に気付いて貰えず、ある日、自分が開発したポシェット「電流が流れる」を発明し試したいと下僕だと思っている下村直樹に相談する。


修哉と直樹は学校の近辺で遊んでいた森口の娘(愛美)にポシェットを渡し学校のプールへ連れて行く。
ポシェットを開けようとした愛美の身体に電流が流れ倒れてしまい直樹は怯えてしまうが、
修哉は事件を起こせば母親に気付いて貰えると思い俺が殺したと話してもいいよと言って立ち去る。
愛美は気を失っていただけだったが、いつも見下されていた直樹は修哉に出来なかった事をやってやろうと思い愛美をプールに投げ捨てたのだ。


森口は教師を辞めることを生徒に話し始めると生徒は喜ぶ。


愛美が生まれた時に桜宮正義がHIV感染している事が分かり娘の将来を考えて籍は入れなかった。
大事に育てていた娘が、ここにいるAとBに殺され復讐するために桜宮の血液を犯人二人の牛乳に混ぜた事を告白し教室を出る。
(原作では気付いた桜宮が普通の牛乳と入れ替えた。映画では気付いた桜宮に止められた)

 

新しく担任となった寺田良輝はHIV感染したと思いこみ引きこもりとなった直樹の家を何回も訪ねるが母親に追い返されるため森口に相談する。
寺田は愛美の父親で教師の桜宮を尊敬していたからだ。
森口は精神的にもっと追い込ませるために「桜宮だったら諦めずに何回も訪ねると思う」と答える。
一方修哉はクラスの生徒から「人殺し」と虐められるようになるが学校には毎日来ていた。
ただ1人虐めに加わらない北原美月とは強引にキスをさせられたことで外でも会うようになっていく。


寺田が何回も訪れることで錯乱状態に陥った直樹は、
なんでも自分の見方で守ってくれる母親に対して人を殺したんだと告白して殺してしまう。
また母親に捨てられた修哉の方も美月から「母親に会いに行く勇気もない、ただのマザコン」だと言われ殺してしまう。
修哉は自分のホームページに開発した商品を紹介していて母親からコメントがあるのに気付く。
「自分の事を見ていてくれたんだ、捨てられてなかったんだ」と喜んだ修哉は母親の勤め先である大学を訪ねるが、
母親は妊娠しており再婚相手と旅行中だった。
(母親の妊娠と再婚した事実を知らせるため森口が母親の名前を使ってコメントを書き込んだ)


失望し自棄になった修哉はコンクールで入賞した作文を生徒の前で読み上げた後、仕掛けた爆弾のスイッチを押す。
しかし体育館は爆発しなかった。
手に持っていた鳴っていた携帯電話の通話ボタンを押すと森口の声が聞こえてきた。


「ドッカーーーーーン」


「体育館に仕掛けた爆弾は私があなたの母親に送りました。
爆弾のスイッチを押したのはあなたです。あなたが自ら大好きな母親を殺したのです。
これが私の復讐です。。。。な~んてね。」 終

 

「探偵はBARにいる」<ネタバレ・あらすじ>死んだはずの女性から探偵の依頼 - へぇ~♪そうなんだ~♪

 

「紙の月」<ネタバレ・あらすじ>~真面目な女性銀行員が起こした横領事件 - へぇ~♪そうなんだ~♪