読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

へぇ~♪そうなんだ~♪

映画<ネタバレ・あらすじ>本

「漫才ギャング」<ネタバレ・あらすじ>売れない漫才師がタトゥーだらけの不良とコンビ結成

コメディ

 

原作者・お笑い芸人の品川裕が品川ヒロシとして監督・脚本を担当。

売れない漫才師と不良が留置所で偶然出会い漫才師を目指すコメディ。

<ネタバレ・あらすじ>はキャストの後で。

漫才ギャング スタンダード・エディション [DVD]

漫才ギャング スタンダード・エディション [DVD]

 

 

◆黒沢飛夫(佐藤隆太)  ◆鬼塚龍平(上地雄輔) 

◆宮崎由美子(石原さとみ)◆石井保(綾部祐二)

◆金井(宮川大輔)    ◆岩崎(大悟)

◆佐山(金子ノブアキ)  ◆デブタク(西代洋) 

◆小渕川(秋山竜次)   ◆門倉(笹野高史)

 

<ネタバレ・あらすじ> 漫才ギャング

スポンサーリンク
 

「ブラックストーン」のコンビ名で黒澤飛夫は相方・石井保と漫才をしています。

10年経っても売れなかったが漫才師になりたい夢を持っている飛夫は落ち込むことなく自分達の漫才を信じて前だけを見てきました。

しかし急に保から借金を抱えたという理由で解散しようと言われます。

この10年はなんだったのかと酒をあび保の家に行くが、そこにいた借金取り・金井ともみあっている途中で気を失ってしまいます。

気付くと留置所にいて慌てるが、そこには敵対する「スカルキッズ」と乱闘騒ぎを起こし捕まった鬼塚龍平がいました。

タトゥーだらけでドレッドヘアーの龍平に更に慌てる飛夫だがツッコミの才能があると感じ勇気を持って話しかけ漫才やらないかと誘います。

するとなんとなく生きてきただけの龍平はあっさりと受け入れました。

f:id:netabare1:20160608221238j:plain

 

龍平の「龍」と飛夫の「飛」を合わせて「ドラゴンフライ」を結成し本格的なネタ作りを開始します。

龍平の親友・デブタクと供に歩いていた時スカルキッズと鉢合わせてしまい龍平は乱闘してしまいます。

飛夫は、人は絶対に変われるから二度と喧嘩はしないよう説得します。

家に帰ると借金取りが来ていたが金井と一緒にいた人が昔ダークスーツのコンビ名で活躍していた河原だった。

飛夫はダークスーツを見て漫才師を夢見たので感激してしまいます。

 

漫才の練習を公園で続ける日々が続き、

別れてから大事な存在だと気付いた由美子が妊娠していると知り飛夫はプロポースします。

デブタクから出産祝い金を貰ったので飛夫はそれで借金を返済しました。

若手が集まる舞台に立ったドラゴンフライは練習通りにうまくやれました。

見に来てほしいとお願いしていた金井と河原が訪れ、

「めっちゃつまらんと思ってたけど、むちゃくちゃ面白いやん」と褒められます。

 

龍平は漫才の楽しさを公園でデブタクに力説していました。

その時、スカルキッズに囲まれ暴行を受けるが飛夫との約束を守るため龍平は手を出さず耐えました。

優勝賞金1千万のMANZAI ONEグランプリに向けて頑張っている時に飛夫がスカルキッズに暴行され病院に運ばれます。

 

飛夫は龍平と出会って明るくなり人に優しくなりました。

龍平は飛夫と出会い人前で漫才する楽しさ、そして努力する喜びを覚えました。

龍平は自分のせいで飛夫が暴行を受けたことが許せなく解散を決意してスカルキッズに仕返しに行き暴行事件で留置所に入る事になってしまいます。

 

龍平は仕返しに行く前に保を訪ね飛夫と再結成をしてほしいとお願いしていました。

保も飛夫と離れてからやはり自分には漫才しかないと思い「ブラックストーン」を再結成したいとずっと思っていました。

~二ヶ月後~

MANZAI ONEグランプリで素人ながら4位の成績をおさめたブラックストーンはテレビに出れるようになっていました。

~六ヶ月後~

養成所の講師を任された飛夫はそこで入学した龍平と再会しました。

 

「舞妓Haaaan!!!」< ネタバレ あらすじ >舞妓に人生をかけた男を阿倍サダヲが演じるコメディー! - へぇ~♪そうなんだ~♪ 

 

「探偵はBARにいる」<ネタバレ・あらすじ>死んだはずの女性から探偵の依頼 - へぇ~♪そうなんだ~♪