へぇ~♪そうなんだ~♪

映画<ネタバレ・あらすじ>本

マリアビートル(伊坂幸太郎)<ネタバレ・あらすじ>(前半)東北盛岡行き「はやて」の新幹線に目的は違えど殺し屋が集結する

 

完全ネタバレですので読んでいない方はご注意くださいませ。

 

マリアビートル (角川文庫)

 

 

<ネタバレ・あらすじ>

マリアビートル (前半)


木村雄一はアル中になり殺し屋を引退するが6歳の息子・渉を育てるために警備の仕事に就いていた。

しかし、現在、渉はデパートの屋上から中学生の王子慧に突き落とされ意識不明で病院にいる。

雄一は昔の仲間が情報を仕入れ復讐してやろうと久しぶりに拳銃を持ち出し盛岡行き「はやて」に乗り込んだ。

二人組の殺し屋、檸檬と蜜柑。
檸檬はなんでも機関車トーマスに出てくるキャラクターに例えて話し相棒の蜜柑は文学好きである。
背も体格も同じな檸檬と蜜柑は兄弟と勘違いされる事が多い。
そんな二人は峰岸良夫から、
誘拐され監禁されている息子を助け、身代金は持ち帰り犯行グループ全員を殺せと依頼され実行した。
身代金が入ったトランクを持ち、ぼんぼんを連れて2人は盛岡行き「はやて」に乗り込んだ。

とにかくツキに見放されている殺し屋の七尾。
「二度ある事は三度ある」
そんな言葉があるが七尾は1度ある事は永遠に続くと考える。
「簡単な仕事」なのにいつも爆発が起きたり銃乱射する人が現れたりと最悪な偶然の出来事が近場で起きてしまうのだ。
いつものように真莉亜から指示を受け「誰かの旅行荷物を奪って降りる」という簡単な仕事をするために盛岡行きの「はやて」に乗り込んだ。
 
雄一は王子の姿を見付けると後ろから近付くがスタンガンを押し付けられ気付いた時には窓側に座らされ両手首、両足首を縛られていた。
王子は見た目は普通の中学生であるが、誰でも操れる自信があり完全に人を下にみる話方だ。
王子はこれまでに自分の手で罪を犯さずに9人殺していた。
そして自分に何かあって連絡がつかなくなったら病院で待機してる人が渉を殺すと脅す。
 
車両の荷物置場から身代金の入ったトランクが消えている事に気付いた檸檬と蜜柑は探すが見付かず席に戻ると峯岸の息子が死んでいた。
真莉亜からトランクを盗めと携帯で連絡を受けた七尾は任務を完了し上野駅で降りようとしていたが乗ってくる乗客の中に因縁のある「狼」がいるのに気付きます。
狼は必死な形相で通せんぼをし、上野で降りる事が出来なかった七尾は、やっぱり、と思うのだ。
ナイフを突き付けられた七尾は狼の背後に回り誤って得意技である首を折って殺してしまいました。

スポンサーリンク
 

大宮の駅で根岸の部下が確認しにくる予定だと分かり、トランクを隠し素知らぬ顔で座っている犯人を探す檸檬と蜜柑は王子に、黒縁メガネをかけた人がトランクを持ってたと言われそちらに向かう。
七尾は狼の服の中から乗車券を探している時に大丈夫ですか?と王子に話かけられる。
酔っ払って自分では動けないからと誤魔化すが王子は死んでいると見抜きます。
また業界でも一番仕事が確実で無茶で怖いと評判の檸檬と蜜柑を見付け彼等が相手なのはゴメンだと真莉亜に話すが、そんなのはアカデミー賞有力候補って煽り文句と同じで言ったもん勝ちなんだと言われる。
かつて業界で強い力を持っていた会社に潜入し寺原社長を殺害した事で名を揚げたスズメバチを思い出した。スズメバチは1人もしくは2人で行動し毒を忍ばせた針を刺すのだ。
依頼してきた人物も峯岸から依頼された仕事をこちらに回してきた事が分かった。
 
王子は七尾が死体を抱えトランクを檸檬と蜜柑が探している事から大事な物が入っていると思いトランクを探し見付けていた。雄一にダイヤル式の鍵を開けさせると中には大金とカードが入っていました。
蜜柑は大宮駅にいる峰岸の部下にすべてうまくいってるから大丈夫だと伝えろと言うが窓際を見ると檸檬が死んでいるぼんぼんの手を掴んで振っていた。
寝ているように誤魔化したが部下がなんか様子がおかしいぞと気付いた時には新幹線は動き出していた。
いつもツキに見放されている七尾はトランクが消えていて落ち込んでいた。
やはりこうなってしまうのかと落ち込むが峯岸の怖さを知っているため檸檬、蜜柑からトランクを奪い返そうとする。
 
七尾は勇気を持って突入し2人が座る後ろの席に座りこんだ。
2人の会話を聞いているとどうやら同じ峯岸からの依頼らしく、また峯岸の息子が誰かに殺されたと聞いて震えそうになった。
また檸檬と蜜柑も七尾がいる事に気付いていて、ぼっちゃん殺害の罪を七尾に着せようと考えていたのだ。
蜜柑がトイレに行くと行って席を外し残った檸檬がいきなり声をかけてきた。互いにトランクを盗んだに違いないと疑っていたがどうやら違う事に気付く。
七尾は一瞬の隙をつき拳銃を押さえ込み檸檬の顎を叩き意識を失わせ銃を奪った。
檸檬が座っていた席に置いてあるペットボトルに睡眠薬を混入しこれからどうしたらいいか考えた。
 

王子は盛岡まで行き雄一に峰岸を殺させようとしていた。
虐めていた同級生の父親の知り合いらしく峰岸から電話がかかってきて脅され中学生らしく泣きながらすいませんと演技したら簡単に許してくれたが物騒な人間を集めた物騒な社長と呼ばれる人物が本当にすごいのか興味があったのです。


雄一の携帯が鳴る、父親の茂からだ。

王子に指示された通り雄一は「捕えられているから助けてくれ」と求めた。
王子は電話を横取りして「年寄りを慌てさせてやるとふざけてます」と告げる。
茂は横のおじさんは酒飲んでないか確認して電話を切った。

 

トランクが元の場所に戻っていた。
七尾は車掌に落し物だと預け檸檬と蜜柑に携帯電話を渡していたので連絡する。
トランクを返すから降参だと告げ次の仙台駅で降りるから探さないでくれと頼んだ。
この時二人は三号車と四号車の間のトイレにぼんぼんを隠し細い同線を使い外から鍵を閉めていた。

七尾は、ぼんぼん殺しはスズメバチの仕業だと教えました。殺してしまった狼は寺原の事を慕っていて殺してしまう直前に女性の写真を見せ復讐しに来たと言っていた。寺原を殺害したスズメバチに復讐するという意味だった事に気付いたのです。

狼を見付けた檸檬と蜜柑から電話があり写真の女はワゴンで車内販売している女だと言われ七尾の目の前を通るところだった。
七尾はペットボトルのお茶を買い「蜂が社内に入っていませんか?」と訊ねていた。
七尾は普段は情けない事ばかり口にし頼りない感じだが、ここぞという時に威力を発揮する。
スズメバチが持っていた針を奪って逆に刺すと女が解毒剤を押し当てようとしていたので、すばやく後ろに回り込み首を折って解毒剤を自分に押し当てた。そして相手に提供する羽目になるのではと思い檸檬から奪った拳銃の弾倉だけを捨てた。


檸檬は王子と雄一にばったり会ったとき雄一は同じ業界の人間だと感付き王子が持っていたリュックを素早く奪うと中から雄一の拳銃を発見します。

王子と雄一はどっちがリーダーなんだと訊ねると、王子は雄一を指差し雄一は自分で手を上げました。

檸檬は雄一に発砲して個室トイレの中に押し込め銅線で内側から鍵を閉めるが雄一は濡れ衣着せられるタイプだと気付きます。

悪の王子に銃口を向けるが七尾が混入した睡眠薬が効いてきて銃を奪われてしまう。
最後の力を振り絞り、「蜜柑におまえの探し物の鍵は盛岡のコインロッカーにあると伝えてくれと」と言った。
王子は眠ってしまった檸檬をひきずって雄一を押し込んだトイレに押し込み銃で檸檬の頭をうった。

そして雄一の父親に電話して「さっき息子さんが言っていた事は本当です。モタモタしてるから危険な目に遭ったんです。お子さんも危ないみたいですよ」と楽しそうに報告しました。

 

後半はこちら

マリアビートル(伊坂幸太郎)<ネタバレ・あらすじ>(後半)最強に強いけどツキに見放されている七尾!そして伝説の殺し屋復活