へぇ~♪そうなんだ~♪

映画<ネタバレ・あらすじ>本

「 マリアンヌ 」< ネタバレ あらすじ >同じ任務で出会い結婚した諜報員!しかし妻に二重スパイ容疑が!!

 

マリアンヌ ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]

 

 

監督 = ロバート・ゼメキス

 

◆マックス・ヴァタン(ブラッド・ピット)

◆マリアンヌ(マリオン・コティヤール)

◆フランク・ヘスロップ(ジャレッド・ハリス)

◆高官(サイモン・マクバーニー)

◆ブリジット・ヴァタン(リジー・ギャプラン)

◆ホバー(アウグスト・ディール)

◆ガイ・サングスター(マシュー・グッド)

 

< ネタバレ あらすじ >  

  マリアンヌ

 

1942年。第二次世界大戦真っ只中。

フランス領モロッコの砂漠地帯にパラシュートで降下したカナダの諜報員マックス。

しばらくすると迎えの車がやってきて乗り込むと結婚指輪を渡され「あなたの妻は紫色のドレス」と言われます。

スーツを着て身だしなみを整えパーティーに参加すると紫色のドレスを着た女性が近付いてきて「私の夫です」とドイツ将校の奥様方に紹介されます。

彼女はフランスの諜報員マリアンヌで夫婦を装うためカサブランカで生活し始めます。

2人の任務はナチス・ドイツの大使や将校を暗殺する事でした。そのためマリアンヌは奥様方と仲良くして信頼を得ていました。

 

カサブランカ式の夫婦を演じ誰が見てるか分からないのでマックスは夜になると屋上で休みます。

カサブランカでは妻とセックスした後、夫は屋上に行くとマリアンヌから説明されたからです。

最初の夜に妻が来ないと変に思われるので後からマリアンヌもやってきます。

マックスは戦争が終わったら牧場と馬を買って大草原でのんびり暮らしたいと話しました。

 

夫婦を装い生活するうちにマックスとマリアンヌは互いに惹かれるようになります。

暗殺計画の日が迫っているためマリアンヌは夜会の参加許可をもらうためナチス・ドイツのホバー将校に会いに行きます。

マックスが見事なトランプ捌きを披露するとポーカー好きのホバー将校は喜んで許可してくれました。

成功して2人とも生き残る可能性が低いため2人は日の出を見るため砂漠地帯まで車を走らせ車中の中で結ばれます。

 

予定した時間通りに大使が現れ挨拶を始めます。

マックスとマリアンヌはグラス片手にライフルを隠してある机に移動します。そして外で予定通り爆発が起こると2人はテーブルをひっくり返しライフルを乱射します。

将校や奥様方がマリアンヌの裏切りに驚くなか2人は容赦なく撃ちまくり見事に生き残り逃走します。

逃走する車の中でマックスは「僕の妻になってくれ、一緒にロンドンに行こう」と言いました。

 

スポンサーリンク
 

 

3週間後、上司のフランクから「マリアンヌの入国が認められた」と報告を受けます。

マックスとマリアンヌの結婚式は盛大に行われドイツの空襲をうけるなかマリアンヌは無事に女の赤ちゃんを出産しアナと名付けました。

1年後、通常任務に就いていたマックスだが以前所属していたチームの高官から緊急で呼び出しを受けます。

「君の妻はドイツのスパイだ」

暗号化された通信を傍受すると特殊作戦執行部のフランスでの動きであり、すべてマックスのデスクを通った情報で発信先はロンドンでした。

マックスは「マリアンヌと共にドイツ大使を暗殺したんだからドイツスパイのわけがない」と訴えます。

するどマリアンヌは41年に捕らえられ処刑されており偽名だと知らされます。また暗殺したドイツ大使や将校たちは反体制派でヒトラーが殺害を命じていた事を知ります。

 

「偽情報をマリアンヌに見せ、もしもロンドンからドイツに伝えられた場合はスパイだと確定し君の手で妻を殺せ」

 

マックスは家に帰りいつものように生活していると予定通り電話があり嘘の情報が伝えられます。

マックスは41年にマリアンヌがディエップから脱出させたガイ・サングスター大佐を訪ねます。

マリアンヌの写真を見せ、この女性だったか聞くがガイは独軍の対空砲だらけの場所で失明しており写真を見ることが出来ませんでした。

ドラマールが今でもディエップで活動していると教えられ、マックスは初めて支援に向かうハンターに「この女性はマリアンヌか?」と書いた写真を持たせドラマールに渡すよう伝えます。

 

盛大なパーティーを自宅で行いマックスは注意して周囲を観察しているとマリアンヌに近付く宝石商のロンバートに気付きます。

すると上司のフランクが訪ねてきて独自で調査していた事がばれ厳しく責められます。マックスが写真をドラマールに見せるよう命じたばかりに離陸に手間取り機体は穴だらけで墜落したのです。

ドイツの空襲があり撃墜した機体が自宅のすぐ横に落ちてきました。

 

「明日は3人でピクニックして楽しみたい。戦争を忘れて幸せな1日にしましょう」

マックスの様子がおかしい事に気付いていたマリアンヌは言いました。

マックスは自らディエップに支援に向かいドラマールに会いに行くが酒のせいで地元警察に監獄されていました。

襲撃をかけて侵入し写真を見せると「似ている。彼女は見事な水彩画を描きピアノが得意だ」と言いました。

 

帰宅したマックスはアナを預けマリアンヌをBARに連れて行きます。

「41年、ドイツ兵の前で弾いていた”ラ・マルセイエーズ”を僕だけに弾いてくれ」

ピアノを前にするマリアンヌはマックスがすべて突き止めたのだと気付き「とても勇敢な女性だった」と言いました。

マリアンヌはマックスを心から愛しておりロンドンに入国すれば幸せになれると思ったがドイツ諜報員が近付きアナを殺すと脅され仕方なくスパイ活動していたのだと涙を流し謝罪します。

 

マリアンヌが偽情報を送ったと知ったマックスは逃げようと伝えるとマリアンヌからアナを預けている女性も宝石商のロンバートもドイツのスパイだと知らされます。

マックスは2人を射殺しマリアンヌとアナを連れて米軍基地に入ります。そして米軍機で飛び立とうとするがフランクが車でやってきました。

マックスは見逃してくれとひっしに頼みこむがフランクは聞く耳持ちません。そこへマリアンヌが車から出てきて「愛している。娘をお願いね」と言い残し拳銃自殺しました。

マックスは涙を流しコートを脱いでそっとマリアンヌにかけました。

フランクは「マックスが自らの手でスパイを処刑した」と報告しました。

 

数年後、マックスはマリアンヌと一緒に夢見た大草原でアナと幸せに暮らしていました。

 

「 僕の妻と結婚してください 」< ネタバレ あらすじ >余命を宣告され妻と息子を支えてくれる人を探す!織田裕二×吉田羊 -

 

「1944 独ソ・エストニア戦線」< ネタバレ あらすじ >何のための戦いなのか?!敵も味方もエストニア人!