へぇ~♪そうなんだ~♪

映画<ネタバレ・あらすじ>本

「マスカレード・ホテル」東野圭吾 < ネタバレ あらすじ >次の殺人はホテルで起こる!客の仮面を守るホテルと客の仮面をはがす警察が手を組む!

マスカレード・ホテル (集英社文庫)

 

2019年に映画化。監督・脚本・主演が発表されました。

監督=鈴木雅之 脚本=岡田道尚

木村拓哉(新田浩介)・長澤まさみ(山岸まさみ)

 

完全ネタバレになりますのでご注意くださいませ 

 

 

< ネタバレ あらすじ >

マスカレード・ホテル 東野圭吾

 

「ホテル・コルテシア東京」のフロント係を務める山岸尚美は部屋をグレードアップさせるのが目的でクレームを受けても「お客様は正しい、無駄な駆け引きはしない」と教わっていたので謝罪しスイートに案内しました。

総支配人たちの会議に出るよう言われ尚美は事務棟に行きます。

「都内で起きた連続殺人の次の事件が、ホテル・コルテシア東京で起きると警察から連絡が入り捜査に協力しなければならなくなった」

捜査員を潜入させることになり情報が集中するフロントには帰国子女の新田浩介が担当となり尚美は教育指導をしなければならなくなります。

身だしなみ悪く姿勢、歩き方もよくないため早速指導するが新田は「殺人事件を阻止するためであってホテルの教育を受けるためにいるんじゃない」と言います。

怒りを抑える尚美は高級ホテルに傲慢で横柄な態度をとる者はいないから偽物だと簡単に分かると言い放ちます。

渋々指導された通り頑張る新田だが順番も守らない者、自分勝手な言い分、あきらかに人としておかしい事には客であっても言い返します。尚美は「客は神様であり、客がルールブック、それがホテルなんです」と伝えます。どちらも言っている事は正しいが客への感謝の気持ちを持つホテルと他人を疑いの目で見る警察では価値観も人間観も違うため度々衝突します。

しかし悪事を見抜く新田のおかけで助かることもあり2人は徐々に互いを認め合う良い関係となっていきます。

 

※連続殺人事件とは?

車の中で絞殺された岡部哲晴、ビルの建設現場で発見された首に扼殺痕がある野口史子、高速下の路上で発見された全身に殴られた痕がある教師の畑中和之、3つの事件現場には数字と小数点の活字が並ぶメッセージが残されていました。

警察が連続殺人と断定したのは似たような数列のメッセージが残されていたからです。

また3つの事件の繋がり、次の事件現場がホテルであること、警察は事件が解決するまで公表しない姿勢を保ちます。

尚美はサービスを何よりも重んじる総支配人や部長が簡単に受け入れるとは思えず2人は警察から知らされているはずだと気付きます。尚美は初上京した時に当時副支配人だった藤木を見てホテルで働きたいと決意しました。総支配人として責任を持つ藤木を守るために自分には何ができるのか考えます。

そんな尚美を見て新田はなぜ次の犯行現場がこのホテルなのか教えます。事件現場に残された2つの数字は経度と緯度を示しており事件の起きた日付の月と日を引き算すると次の犯行現場と一致したのです。

 

スポンサーリンク
 

 

不思議なお客様 

尚美が視覚障害者の老婦人・片桐瑶子の手続き行うと洞察力鋭い新田は触覚を重要視する視覚障害者が手袋をしていた事で目の不自由な芝居をしていると見抜きます。尚美もレストランで食事する瑶子を見て確信するが事件と関係があるわけではないので部屋の変更や落し物を嫌がらせと分かっていながらお客様に尽くします。

しかし帰る時に視覚障害者の夫が近々泊まりに来るので下見として目の不自由な演技をしたのだと説明され素晴らしい接客に尚美は感謝されます。

 

チェックインする長身で美人の安野絵里子は写真を出し「この男を近付けないで、自分がいる事は絶対に言わないで」と言いました。

安野に関する問い合わせに一切答えないようにするのは可能だが「近付けないで」という要望には詳しい事情を話してくれないと期待に応えられないと尚美は言います。

しかし新田は安野の様子が気になり警備担当と相談した結果、要望に応えますと話し写真を手に入れました。

すると写真の男・館林光弘がやってくるが彼はスイートルームを予約していました。予約が入っている以上、追い返す事は出来ないので尚美は手続きを済ませたあと安野に報告しました。

新田はすぐに偽名だと気付き監視モニターで見張っているとスイートルームに1人の女性が入っていきました。そして安野がスイートルームに向かっているのを確認すると一緒にいた尚美は客の部屋番号をほかの人に伝えるミスをおかした事に気付きます。

安野が館林を狙っているのだと気付き尚美と新田は急いでスイートルームに行きノックします。

すると先に入ってた女性が勢いよく飛び出してきました。安野と館林は2人とも偽名を使って宿泊していた夫婦だったのです。夫が東京へ行くたびに浮気しているのを知り現場を押さえるために張り込んでいたのです。気持ちが吹っ切れた彼女は離婚届を渡し尚美に見送られタクシーで去って行きました。

 

新田は客の栗原健治から公式サイトに出てる夜景と違うと文句を言われます。空いてる部屋を順番に紹介していくが栗原は納得しなかったので仕方なくスイートルームを紹介すると最初の部屋で良いと言いました。

結局最初の部屋まで栗原のバックを持って運ぶが今度はデーターが消えたと文句を言い始めます。新田は栗原が出掛けるあいだ部屋から出ずにデーターが消えた英文を打ち込めと強いられます。

栗原は新田の携帯に電話してすぐ切るから部屋の固定電話から電話してこいと言いました。この部屋から出ていないか確認するためです。

打ち込むのが得意な尚美が手伝うが新田は英文を見ているうちに栗原と会っている事を思い出します。

高校時代の新田は教育実習できた栗原の英語の発音を馬鹿にし笑いにしていました。調べると栗原は最近塾を解雇されており教師志望だったが挫折した事を知ります。

翌朝、英文が抜けてる箇所があると怒鳴られるが新田は冷静に対処すると栗原は泣き出してしまいます。

栗原は実家に帰ることを決め最後の贅沢をしようと泊まる事にしたが新田を見て無性に怒りが込み上げたのです。暴力をふるわせてクビにするため嫌がらせをしていたがどんな時でも冷静に対処する新田を見てプロとはこういうものなんだと思い始めます。生徒にからかわれたぐらいで逃げ出すならもともと教師になれるような器ではなかったのだと。

プロと言われ誇らしく感じた新田だが何回も怒りそうになったところを尚美に説得され抑えられていたのです。新田は謝罪し今からでも遅くはないと励ましました。

尚美は知らないうちに恨みを買っている場合もあるとして総支配人の藤木に犯人のターゲットが従業員の可能性もあると意見を述べます。

 

スポンサーリンク
 

 

※連続殺人事件ではなかった?! 

第二の事件の被害者、野口史子の夫が保険金目当て殺害したことが判明するがハードディスクを復元した結果、複数の者が犯行についての打ち合わせをしてるメールが発見されました。

分析すると今回の連続殺人は闇サイトを利用していた4人だと分かるが彼等には面識がない事が分かります。他の連中は身分証明書が必要ないネットカフェを利用していたため特定する事ができません。関連性はないと分かれば他の犯人の正体は近いうちに判明すると予測出来るが闇サイトで殺したい人間に声をかけ連続殺人に見せかけた首謀者の手掛かりは殆どありません。

 

尚美はプライダル課で働く同期入社の仁科理恵から妙な話を聞きます。

新婦の兄と名乗る者からサプライズをしたいから式のスケジュールを教えてくれと電話があります。妹の式のスケジュールを知らないのは怪しいと思い理恵は担当者がいないと断りました。そして電話があったことを伝えると新婦が最近ストーカーに遭って悩んでいる事を知ったのです。

捜査員は準備に取り掛かるが新田は今まで通りフロントに立つよう言われます。

落ち込む新田を見て素人なりに役に立ちたいと思った尚美は5年前に開かれたパーティーのリストの中に第二の事件被害者の夫の名前があるのを見付け報告します。

すると新田は「犯人」だと口走ってしまいます。

「それではなぜ捜査が続いているのか?」と責めると「連続殺人に仕向けたトリック」を知らされます。

首謀者を逮捕するためにお客様と従業員を危険な目に遭わせるわけにはいかず尚美は支配人に報告しようとします。

しかし刑事を辞める覚悟を持つ新田に説得され自分もホテルを辞める覚悟を持ち結婚式が終わるまで待つことにしました。

 

※ここから、結末まで一気に書きます٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

 

犯行場所をわざわざ示すメッセージを残していた事で新田は犯人は事件の構造がばれても良いと思っているのではと思います。2人殺したい人間がいるとして今から起こる事件と結び付けないためのカモフラージュではないかと閃いた新田は第一の事件を共に捜査していた所轄の能勢に近郊で起きた殺人事件で容疑者が特定できてない事件とホテルに何か関係ないか調べるようお願いしました。

 

結婚式を行う新郎と新婦が前日にスイートルームに宿泊するが2人宛にワインがフロントに届きます。

包み紙はデパートのものなのに伝票は違うことで不審に思った尚美は確認をとると勝手に新郎の友人の名前を使い送られた事が分かります。鑑識が調べるとコルクに注射器で刺したような穴が確認されました。

新田は式のスケジュールを聞いてきたり、死んだか確認できないようなワインを送ってきたりする事に疑問に感じます。ワインが届いた時も式を訪ねるような怪しい電話がなければ普通に届けていたからです。

そんな時、女装した怪しい人に職質をかけた捜査員から「逃げた」と無線が入り新田は待ち構えて捕まえます。しかし彼はネットで知り合った者からホテルのプライダル係に手紙を渡すよう言われただけだと言いました。

手紙には数字が並んでおり解読すると最初の事件現場に辿り着きます。

 

フロントに立つ新田は能勢から連絡を受けます。

最近起きた死因が特定できない事件があり被害者の松岡高志は足首に注射の痕が残されていました。被害者と同棲していた女性に話を聞くと同棲する前に松岡は友人の家で居候していた事を知ります。

また松岡は5年前に「ホテル・コルテシア東京」に宿泊していたと知るが尚美はトラブルがあった記憶はないと言いました。

しばらくして松岡が所属していた劇団員の写真が送られてきました。その中に視覚障害の真似事をした老婦人の片桐瑶子が写っていました。

調べさせると彼女はまだ35歳で老人に扮するのを得意とする長倉麻貴だと分かります。

新田は急いでフロントに戻ります。

その頃、尚美は片桐瑶子を部屋に案内していたがすごい力で抑えられ縛られます。

彼女の本来の姿を見た尚美は5年前に「遠距離恋愛している彼をサプライズで驚かせたいから部屋を教えてほしい」と訪ねてきた人だと思い出します。

長倉麻貴は妊娠した途端に逃げ出した松岡を追って責任を取ってもらおうと追いかけてきたのです。しかし尚美に断れたため朝まで外で見張っているうちに流産してしまったのです。

その逆恨みから松岡を毒殺した長倉麻貴は関係ない3つの事件を1つにする計画を実行し捜査の目を結婚式に集中させたのです。

尚美を探していた新田はちょっとしたベッドの乱れに気付きドアを閉める音を立ててそっとバスルームに近付きタイミングを見計らって突入し尚美を助け出しました。

長倉を逮捕した事で野口の夫に逮捕状が出されました。また第一の殺人は被害者の妻と不倫関係にあった男の共犯で第三の殺人は虐められていたのに何もしてくれなかったと恨みを持つ生徒が自主をしてきて解決しました。 

 

虚ろな十字架(東野圭吾)<ネタバレ・あらすじ>娘が殺され、そして別れた妻が殺された!犯人に望むことは!?償いとは何なのか?!

 

「恋のゴンドラ」 (東野圭吾) < ネタバレ あらすじ > 恋愛コメディー 恋愛だけでなく人と繋がるだけでも覚悟が必要ね♪