へぇ~♪そうなんだ~♪

映画<ネタバレ・あらすじ>本

むかし僕が死んだ家(東野圭吾)<ネタバレ・あらすじ> (前半)~父親の遺品から謎の地図と鍵が!幼い頃の記憶を取り戻すため向かう

 

完全ネタバレですのでご注意ください

 

むかし僕が死んだ家 (講談社文庫)

むかし僕が死んだ家 (講談社文庫)

 

 

<ネタバレ・あらすじ> 

むかし僕が死んだ家 (前半)

 

私は倉橋紗也加と高校2年から大学4年までの6年間付き合っていました。

別れてから7年後 、高校の同窓会があり互いに意識してはいるが目が合うと逸らしてしまい会話はなかった。
彼女は結婚していて3歳になる女の子がいるようでした。 
そんな彼女から急に電話がかかってきたのです。


喫茶店で紗也加と会う事になりました。
出会った時には父親しかいなかったが1年前に亡くなったそうです。 
彼女の話しによると、
父親は休みの日は趣味である釣りに出掛けていたが、たまに何の準備もせずに出掛ける事があったようで、

別の場所に行ってる気がして調べていたが結局行き先が分からず1年たってしまったようです。

最近になって釣用具入れのバックの中から地図とライオンの形がした鍵が見付かり地図が書かれている場所に一緒に行って欲しいと頼まれました。 

 

紗也加には幼い頃の記憶がないようでした。
アルバムを見ても小学生からのしかないようでずっと悩んでいたそうです。 
その記憶を取り戻すために地図の場所に行きたいのだと言う。
行けば幼い頃を思い出す気がすると言っていた彼女の手首にリストカットの痕があるのに気付きました。

スポンサーリンク
 

私は中学一年の時、本当の子供ではないと知らされ、
しばらくたって実母が急に子供を返して欲しいと我が家にやってきました。
実母は自分の老後のために子供を確保しておこうしているだけであり養父は家の跡継ぎの事しか考えていないことは分かりました。
将来の保険として見られているだけなんだと記憶しています。
やがて自分で判断する事になり面倒なので今のままの生活でいいと決断しました。
それからの私は彼等の息子という芝居を演じ続け世界は自分一人だけではないだろうかと思うようになりました。
ちょうどその頃、高校2年になった私は沙也加と出会いました。
その頃の私は人より成績優秀であり、どいつもこいつも幼稚でくだらん奴だと見下し彼女もみんな子供みたいで退屈と言っていました。
私は彼女となら一緒にいて楽しいと思ったから声をかけました。
あの頃の私はそういう人間を求めていたのです。
 
最初は断りましたが彼女のリストカット痕を見て一緒に行く事を決めました。
彼女の夫はアメリカへ出張中で娘の晴美は夫の実家へ取られたのだと言っていました。
彼女は愛情どころか憎しみを持って叩いたりする事があったようで悩んでいました。
 
地図には「松原湖駅」-「三本松」ー「石碑」-「ライオン」とあり何を表しているのか分からなかったが、とりあえず行ってみる事にしました。

松原湖へ車を走らせるとやがて森が現れ松の木が三本立っており車で入ると小さな道標が立っていました。
その道標には白いペンキでライオンの絵が描かれていました。
建物が見えたので行ってみると灰色に見える建物に尖がった屋根、窓が二つあり煙突がありました。

玄関のドアにライオンの鍵を差し込もうとしたが鍵穴の大きさが違いました。
玄関の裏側に金属製の板がありその穴に鍵を差し込むとぴったりはまり開ける事が出来ました。
開けて見ると地下に下りる階段があり懐中電灯を照らしながら下りてみると、
建物の地下室に通じているようで上に上がり玄関のドアを開けようとしたら固定されて開かないようになっていました。

建物に出入りするにはここしかないと言う事です。
 
子供部屋から小学6年生、御厨祐介という名前の日記を見付けます。
教科書の日付けや、戸棚にある本が23年前より新しい本がない事から23年間放置されているようでした。
また、この家の中にある時計がすべて11時10分で止まっていて電気やガスは止まっていました。
日記から推測される事は、
御厨祐介はチャーミーという猫と「さやか」という女の子と仲良さそうでした。
彼女は自分の名前が出てきて驚いていたが何も思い出せないようでした。
また父親が病気で死んでから「あいつ」が頻繁に日記に出てきました。
祐介は「あいつ」から暴力をうけているようで「死ねばいい」と最後に書かれていました。

枕元に色紙が置いてあるのに気付きました。
色紙の真ん中に「御厨祐介 安らかに眠ってください」と書かれていました。
日記の最後に「死ねばいい」と書いた翌日に亡くなった事が分かります。
 
<後半>