へぇ~♪そうなんだ~♪

映画<ネタバレ・あらすじ>本

「 ミュージアム 」< ネタバレ あらすじ >被害者の共通点は裁判員制度に関わった者たち!!僕の作品を台無しにした者は刑に処す!

 

ミュージアム

 

監督 = 大友啓史

原作 = 巴亮介

 

◆沢村久志(小栗旬)

◆沢村遥(尾野真千子)

◆西野純一(野村周平)

◆秋山佳代(田畑智子)

◆橘幹絵(市川実日子)

◆沢村将太(五十嵐陽向)

◆カエル男/霧島早苗(妻夫木聡)

 

< ネタバレ あらすじ >  

 ミュージアム

 

仕事に没頭するあまり「仕事では優秀でも父親としては最低だ」と言われ妻子に家出されてしまった刑事の沢村久志。

現場に急行すると犬が激しく吠えており「ちゃんと躾しとけ」と注意するが「犯行に使われた凶器」だと知らされます。

鎖に繋がれていた死体は大型犬3匹に食い殺されており犬が吐き出した紙には「ドックフードの刑」と書かれていました。

また、現場周辺ではカエル男(雨ガッパを着たカエル姿)の目撃情報がありました。

翌日、働かず家に引き篭もり、親の脛をかじって生活する男の死体が発見されました。

身体はノコギリで削り取られていて「母の痛みを知りましょうの刑」と書かれた紙が見付かります。調べると生まれた時の体重と同じ重さの肉が削られていました。

 

沢村は部下の西野刑事と食事している時に、向かいに座る人の親指が傷だらけな事を気にします。

西野に「手足が動かせない状態で頬肉をノコギリで斬られたら抵抗するために噛み付くはずだから手に深い傷を負っているはず」と説明します。

思い出したように顔を上げると向かいに座る人がいつの間にか姿を消しており偶然なのだろうかと頭を悩ませます。

 

被害者2人の共通点が「幼女樹脂詰め殺人事件」の裁判員だったと分かり沢村は動揺します。家出した妻・遥もこの事件の裁判員だったからです。

「幼女樹脂詰め殺人事件」はすでに死刑判決が下されており犯人は自殺していました。

事件に関わった小泉裁判官は「均等の愛の刑」で体を半分にされ実家と愛人の家に届けられていました。

被害者3人の共通点は裁判員制度で「死刑」を主張していました。

そして、

瀬戸内裁判官は「ずっと美しくの刑」で凍らされ、真矢裁判員は文字通り「針千本飲ますの刑」で殺されていました。

スポンサーリンク
 

妻の命が危ないのに私情を挟まれると捜査に混乱を招くとして沢村は事件から外されてしまいます。

沢村は独自に行動をとり遥の親友・秋山佳代が勤務する病院を訪ねると遥が流産していた事を知ります。

そこへ遥の居場所を突き止めるために捜査していた沢村の上司がやってきます。

上司は「家を訪ねたら彼氏がここで働いてるって教えてくれたから…」と説明するが、遥と子供を家で匿っていた佳代は「私…彼氏いません」と答えました。

沢村は上司と共に急いで佳代の家に向かうと妻子の姿はなく「お仕事見学の刑」と書かれた紙が残されていました。

沢村は、すれ違った車を運転する者が雨ガッパを着ていたので車を飛ばして後を追うが逃してしまいます。

自分は遥のことを何も知らなかったのだと雨に打たれながら沢村は後悔します。

 

沢村は謹慎処分を受けるが西野をファミレスに呼び出し捜査状況を聞きます。

幼女樹脂詰め殺人は冤罪だったのではないかと話し始めると窓越しにカエル男が挑発してきました。

怒った沢村は追いかけるが車と接触してしまい「犯人を追え」と西野に指示します。

西野から電話だと思って出ると相手はカエル男でした。

ビルの屋上に呼び出された沢村は急いで向かうと西野が今にも突き落とされそうになっていました。

カエル男は「僕は人を楽しませるアーティスト、表現者だ。幼女樹脂詰め殺人事件の犯人は僕なのに素人の判決のせいで作品か台無しになった」と言い西野を突き落としました。

病院には西野の母親と婚約者が泣きながら駆け付けました。

 

犯行はいつも雨の日であり、西野を突き落とした時に急に日が差し始めカエル男が首をかく仕草をした事で日光アレルギーではないかと沢村は疑います。

次々と病院を周り日光アレルギーの患者を調べます。医師の橘幹絵は「捜査令状がないと個人情報のため何も教えられない」と言うが沢村は拳銃を突きつけ強引な捜査に出るとカエル男=高熱過敏症の霧島早苗だと分かります。

また沢村の捜査の後を追っていた捜査一課は霧島早苗と橘幹絵が兄妹だと調べ付きます。

まだ幼い頃に両親が殺されて兄妹はそれぞれ別の家庭に引き取られていたのです。

 

沢村は霧島の家に向かうが背後から襲われ気付いた時には部屋に監禁されていました。

部屋には定期的にハンバーガーとコーラーが届けられるので飢え死にすることはありませんでした。

パズルを完成させると暗号が浮かび上がり部屋から脱出することに成功するが冷蔵庫の中から妻・遥と息子・将太の生首を見付け、監禁され追い詰められていた事で信じショックのあまり叫び狂います。

それを満足そうに監視カメラでチェックしていた霧島のそばには遥と将太がいました。

遥は「私が悪いんだから夫は助けて」と涙を流しお願いしていました。

 

カエル男の姿を目撃した沢村は発砲しながら追うか泣く声を聞きゆっくり近付き被り物を取るとそこには泣きじゃくる遥がいました。

霧島は夫の手で妻を殺害させようと企てていたのです。

そこへ霧島が現れ「将太を救いたければ遥を殺せ」と言います。

遥から「将太を守るために私を殺して」と言われるが、そんな事は出来ない沢村は「俺はどうなっても良いから妻と子を助けてくれ」と訴えます。

そして沢村は隙をついて霧島を撃とうとするが先に撃たれてしまいます。

霧島は家族仲良く3人で暮らせと銃を向けるがそこに捜査一課が踏み込んできました。

沢村は駆け付けた捜査一課がすぐに救急車を呼んだ事で助かり霧島は逃走を図るが外に出ると晴天であり倒れてしまいます。

 

〜3ヶ月後、

橘幹絵は入院する霧島を殺害しようと点滴に細工しようとするが看護婦に見付かり警備員に連れて行かれます。

命が助かった沢村は仕事よりも家庭を最優先にして日々を過ごし、記者から「無実の者を自殺に追い込んだ気持ちは?」とマスコミに追われる遥を必死で守ります。

将太の運動会の日、ビデオカメラを手に駆け付けた沢村だが、将太は日差しを気にして首をかいていました。

 

信長協奏曲<ネタバレ・あらすじ>ドラマから映画完結まで一気に振り返ろう<ドラマ前半>サブローが織田信長となり美濃を手に入れる・殿を務める猿! - へぇ~♪そうなんだ~♪