へぇ~♪そうなんだ~♪

映画<ネタバレ・あらすじ>本

「ナショナル・トレジャー」< ネタバレ あらすじ > 宝の在り処!独立宣言書に隠された謎と地図!!ニコラス・ケイジ

 

ナショナル・トレジャー [Blu-ray]

ナショナル・トレジャー [Blu-ray]

 

 

◆ ベン・ゲイツ(ニコラス・ケイジ)

◆アビゲイル・チェイス(ダイアン・クルーガー)

◆ライリー・プール(ジャスティン・バーサ)

◆パトリック・ゲイツ(ジョン・ヴォイト)

◆イアン・ハウ(ショーン・ビーン)

◆ピーター・セダスキー(ハーヴェイ・カイテル)

◆ジョン・ゲイツ(クリストファー・プラマー)

 

<ネタバレ・あらすじ> ナショナル・トレジャー

 

1974年、ワシントンD・C

まだ子供だったベン・ゲイツは祖父ジョン・ゲイツから秘密話を聞く。
 
1832年、チャールズ・キャロルはアメリカ独立宣言書にサインした1人でフリーメイソンのメンバーだった。
もうすぐ死ぬと分かっていたチャールズはジョンの祖先であるトーマス・ゲイツに宝の秘密を託した。
何百年と皇帝やファラオや将軍達が争うが、ある時急に宝物が消えてしまう。
1000年後、ソロモン神殿の地下から十字軍の騎士達が見付け、
宝物を長い時間かけて運び出しテンプル騎士団を名乗りやがてフリーメイソン秘密結社をつくる。
アメリカ独立戦争がはじまり宝物をイギリスに渡さないように謎と地図で隠したのだ。
ベンは「秘密はシャーロットと共に眠る」と書かれた紙をジョンから渡される。
 
大きくなったベンはイアン・ハウと凄腕ハッカーのライリー・プールと供に雪山に埋もれたシャーロット船を見付ける。
ミイラ化した船長が覆い被さっていたタルの中から回宝石のパイプを見付ける。
ベンはパイプの中に埋め込まれた紙を見付けると騎士団による暗号が書かれていた。
 
「伝説は書かれ、シミは浮き上がり、サイレンスの鍵は人目を逃れる、鉄のペンで書き込まれた55、マトラック氏は触れない」
 
書かれたものが鉄なのではと考えていたベンは、
鉄とは揺るぎない絆でありマトラックが書き55人が署名した独立宣言書の裏に地図が書かれているのではと考えた。

スポンサーリンク
 

イアンが独立宣言書を盗もうと言い出しベンが反対すると銃口を向けられる。
地面には火薬が落ちていたため松明を投げ爆発するまでに脱走した。
 
国立公文書館にいるアビゲイル・チェイス博士に会いに行く。
独立宣言書を見せて欲しいと頼み正直に見えない地図が書かれていると話すが信用されなかった。
イアン達に盗まれる前に手に入れなければならないと考え仕方なく自分で盗む決意を固める。
 
70周年記念パーティーで警備が手薄になるあいだに保存室に忍び込もうと考えた。
ライリーが監視カメラを操作させベンはパーティーでアビゲイルが飲んでいたシャンパングラスから指紋を取る。
アビゲイルの指紋を使い保存室まで辿り着き独立宣言書を手に入れるが後ろからがイアン達が追ってきていた。
アビゲイルに捕まってしまい瞬時にすり替えたレプリカをベンは渡すがイアン達はアビゲイルを拉致してしまった。
仕方なくレプリカを取り戻すふりをしてアビゲイルを助け出した。
 
クレジットカードを使ってしまった事で身元がすぐばれる。
父親であるパトリック・ゲイツに助けを求めにいくがパトリックは宝物などないと考えている。
ベンはライリー、アビゲイルと供に独立宣言書の裏にレモン汁につけた綿棒でそっとたたき息を吹きかけドライヤーで温めるとオッテンドルフ暗号の数字が浮かび上がる。
3つの数字がセットとなっておりページ数、行数、何文字に当てはめると解読出来るのだ。
 
 「サイレントの鍵は人目を逃れる」=「サイレンスからの手紙」と読んだベンはパトリックに手紙を渡すようお願いするとベンジャミン・フランクリン会館に寄付したことを知る。
 
「宝に彩られた過去を見るには時の影に従え。横切る文字はパスとストウ」
 
パスとストウは自由の鐘を作った人物であり時の影とは時刻を示している。
100ドル札には1780年ベンジャミン・フランクリンの友人によって描かれた独立記念館がありその時計台は2時22分を示していた。
夏時間が導入されたのは第一次大戦の頃だから1776年には2時ということになるのだ。
 
時計台の影が示した赤レンガをくり抜くと接眼鏡を見付ける。
独立宣言書の裏を接眼鏡で見ると「Heere at the wall」(ここの壁にあり)という文字が浮かび上がるがイアン達が自分等を探している姿を捉え別々に逃げ出す。
 
ベンはFBIに捕まる。
事情聴取の時に接眼鏡をよく見るとレンズが重なっておりいくつかパターンがあることを知る。
また携帯にイアンから電話があり無傷で独立宣言書を返してほしければ接眼鏡を持ってニューヨーク空母イントレピッドに来いと言われる。
ベンはFBI監視の下、空母に行くとイアン達が妨害電波を発したためFBIと連絡が取れなくなってしまう。
 
アビゲイルとライリーはベンを助けるためイアン達と合流していた。
独立宣言書と回宝石パイプを返してもらったベンは、
「Heere」は現在のブロードウェイであり「wall」はウォール街だとイアンに伝えた。
しかしイアンはパトリックを人質にしており、
仕方なくトリニティ教会で独立宣言書をもう一度、接眼鏡で見る。
接眼鏡の重なっているレンズを動かすと「パーキントンレーン」の文字が浮かび上がる。
 
トリニティ教会の壁にパーキントン・レーンの文字を見付けるとイアンの仲間がハンマーで破壊した。
地下に続く階段があり進むが200年も昔に作られた木であり腐っていて所々崩れる。
 
なんとか下までたどり着くと宝はなく誰かが持ち去ったあとだった。
パトリックとベンは嘘の情報をイアン達に言うとベン達を置き去りにして行ってしまう。
 
ベンは「全てを見通す目」が書かれているドアを開け中に入る。
部屋には何もなかったが部屋を作る時の空気穴があるはずだと感付き探すと壁の窪みを見付ける。
そこに回宝石パイプを嵌め込むと隠しドアが表れ進むと宝の山を発見するのだ。
 
外へ抜けられる階段も姿を表し教会に戻ってきたベンはFBIに連絡し独立宣言書を返す。
刑務所に行きたくないベンは100億ドルで見逃してもらえるよう頼み、
宝物を見付けたのはゲイツ一族とライリーの功績でありアビゲイルの罪はふせ記録を残さないようお願いした。
 
フリーメイソンのFBI捜査官は誰かに責任とってもらうためイアン達を逮捕するのだ。
 
1%の取り分でベンとアビゲイルは豪邸に住みライリーは高級車を購入した。
残りはすべて人類の財産として寄付するのだった。
 

続編はこちら

blog.netabare-arasuji.net