読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

へぇ~♪そうなんだ~♪

映画<ネタバレ・あらすじ>本

「 夏美のホタル 」< ネタバレ あらすじ >写真学科の学生が人生に悩み父親の形見であるバイクで思い出の地をまわる・有村架純

 

夏美のホタル [DVD]
夏美のホタル [DVD]
posted with amazlet at 17.04.01
KADOKAWA / 角川書店 (2017-02-03)
売り上げランキング: 16,907

 

◆河合夏美(有村架純)

◆相羽慎吾(工藤阿須加)

◆榊山雲月(小林薫)

◆福井恵三(光石研)

◆吉行和子(福井ヤスエ)

◆河合忠男(淵山泰史)

◆公英(村上虹郎)

◆美也子(中村優子)

 

< ネタバレ あらすじ >  夏美のホタル

 

写真学科の学生・河合夏美は同じく写真家志望である相羽慎吾と付き合っていました。

グランプリを獲得するなど同級生にはどんどん先を越されるなか慎吾は才能がないから実家に帰るかもしれないと言い出します。

夏美は父親の形見でもあるバイクに乗り思い出の森に出かけ綺麗な湖など写真を撮りながらホタルを探します。

 

小さな店・たけ屋を営む主人は近所の子供から地蔵さん(福井恵三)と呼ばれていました。

バス停で子供を見送る姿が地蔵さんみたいだからです。

「ふらっと迷い込んで来る人がいるんだ」

地蔵さんからスイカでも食べて休んでいきなよと招かれた夏美はホタルがいる場所を聞きます。

小さい頃にレーサーだった父親と一緒に見た思い出がありキャンプをしながら探していたが見付けられないでいました。

地蔵さんとその母であるヤスばあさん(吉行和子)から昔ホタルがたくさんいた場所に案内されます。

景色に満足した夏美は、ここにいればこの先何をしたいか見付かりそうだと思い「たけ屋」に居候して触れ合いを楽しみます。

スポンサーリンク
 

翌日、慎吾が夏美を追って電車でやってきました。バイクで迎えに行った夏美は慎吾も居候させてほしいとお願いしました。

地蔵さんのたった1人の友人である榊山雲月は口も態度も悪かったが近所の子供たちと釣りをしたり地元の食を味わいながら夏美は満足いく写真を撮り続けました。

 

「怖くなったからレーサーをやめたんだ」

自然の中でシャッターをきりながら夏美は父親の言葉を思い出していました。

父親とは何か分からない夏美だが毎日家族のために働くのは幸せだったと地蔵さんや雲月は言います。

地蔵さんは美也子と離婚して離れてしまった息子・公英に「生まれてきてくれてありがとう」と言えなかった事が心残りだと言っていました。

もしかしたら父親は自分のために夢を諦めたのではないかと夏美は思います。

 

地蔵さんが動脈瘤破裂で倒れてしまいます。

50年以上暮らしている親子に同情など必要ないから無理していないで帰れと雲月に言われます。

夏美は地蔵さんの変わりにバス停で近所の子供を見送ったあとヤスばあさんに美也子と公英に連絡してあげてとお願いします。

 

地蔵さん(恵三)は公英が生まれてすぐに事故に巻き込まれ脊髄損傷となりました。

美也子にはその気はなかったが恵三は自分といても幸せになれないと一方的に別れを告げたのです。

恵三も夏美と同じく幼い頃に父親を亡くしていたが授かった「恵三」とは、生まれた喜び、親に愛される喜び、子供を愛する喜び、という意味が込められていました。

美也子から3つの恵みを奪うわけにはいかないと思ったのです。

地蔵さんはお見舞いに来てくれた美也子に感謝を述べると来る予定なかった公英も後から来てくれました。

「俺の子供に生まれてきてくれてありがとう」

 

慎吾は一緒に新潟に行かないかと誘っていたが自分に自信が持てないのを夏美のせいにしていたと気付きます。

夏美の写真が大好きな慎吾は実家を継ぐために別れを告げ電車に乗りました。

夏美はしばらくの間、線路と平行している道をバイクで走り見送りました。

夏美は写真を現像しても結果は出ませんでした。結果なんて出たらそれで終いだろうと雲月は言いました。

「でも…地蔵さんのこんな幸せな顔見た事なかったな」

 

夏美は地蔵さんに写真を渡しに行くと3つの恵みの話を聞かされます。

夏美が持っていた父親の写真の裏にも同じ言葉が書かれていたので驚きます。

地蔵さんは夏美を始めて見たとき昔ふらっとやってきたレーサーと同じバイクに乗っていた事であの時の子供だと気付いていました。

忠男(夏美の父親)はレース中に仲間を亡くし落ち込んでいました。レーサーを続けるべきか悩んでいたので恵三は3つの恵みの言葉を伝えたのです。

「忠男は夏美を愛していたからレーサーやめても幸せだったはず。

他人と比べる必要なんてないよ。」

 

夏美はホタルを撮りながら「お父さん、ありがとう」と涙を流します。

恵三が亡くなり葬儀には美也子や公英、そして慎吾も駆け付けました。慎吾は実家を継いでみて変わらない事を守る事も大事だと学んでいました。

夏美は恵三をモデルとした地蔵さんを掘ってバス停の前に置いてほしいとお願いしました。

金を稼ぐためにではなく人を笑顔にさせる、人の心を動かすような写真を撮ると覚悟を決めました。

月日は流れ、

夏美と慎吾は地蔵さんに会いに行きます。恵三の地蔵の横にはヤスばあさんの小さな地蔵も並んでいました。

夏美は大きくなったお腹を触ります。

「生まれてきてくれてありがとう」っていっぱい伝えようねと慎吾に言いました。

 

「ビリギャル」<ネタバレ・あらすじ>東西南北も分からない馬鹿な金髪ギャルが1年で偏差値40あげ慶應義塾大学合格! - へぇ~♪そうなんだ~♪

 

「僕だけがいない街」< ネタバレ・あらすじ >特殊能力”リバイバル”を持つ青年は母親を殺され原因である小学生の頃にタイムリープする - へぇ~♪そうなんだ~♪