へぇ~♪そうなんだ~♪

映画<ネタバレ・あらすじ>本

「 二重生活 」< ネタバレ あらすじ >理由なき尾行!秘密があるから欲しくなるが秘密を知ると心は冷める

 

二重生活

 

監督 = 岸善幸

原作 = 小池真理子

 

◆白石珠(門脇麦)

◆石坂史郎(長谷川博己)

◆鈴木卓也(菅田将暉)

◆篠原弘(リリー・フランキー)

◆石坂の妻(河井青葉)

◆石坂の愛人(篠原ゆき子)

 

< ネタバレ あらすじ >

  二重生活

 

女子大学院生の白石珠はゲームデザイナーの鈴木卓也と同棲し平凡で幸せな日々を過ごしていました。

夕ご飯はたまには外で食べようと約束し2人は一緒に家を出ると管理人からゴミの出し方が酷いから監視カメラを付けたと知らされます。

珠は修士論文の「現代日本における実存とは何か」のテーマが決まらず篠原教授に相談すると「たった1人を対象にして尾行して人間を探る=理由なき尾行」をしてはどうかと言われます。 

珠は帰りに探偵入門書を立ち読みしている時にアパートの向かいの一軒家に住む石坂が作家さんのサイン会に同行しているのを目撃し軽い気持ちで尾行しました。

妻と娘と暮らす石坂は家族想いで誠実そうな人だと印象を持っていたが彼はカフェで待ち合わせしていた女性とビルの陰で激しくキスを交わしました。

石坂がタクシーに乗って行ってしまったので珠は女性を尾行するとデザイン事務所を立ち上げている澤村だと分かります。

家に帰ると卓也はアニメのキャラクターのデザインに頭を悩ませていました。それでもいつものように何気ない会話をしながら仕事に取り組む卓也だったが珠からの返答がない事に気付き振り向くとイヤホンをして論文を書き始めていました。

 

篠原教授に「哲学的な方法論として尾行を取り入れ生活や行動を記録する」と伝えると「対象者と接触してはいけない」と言われます。

珠は会社から出てくる石坂を待ち構えていると彼はタクシーに乗りました。珠はお金を心配しながらもタクシーに乗り込み後を付けます。

仕事を終えた石坂は娘のためにデザートを買って帰宅しました。管理人から石坂さんに何か用なの?と話し掛けられた珠は素敵な家で綺麗な庭があるから見惚れてしまったと誤魔化します。

翌朝、石坂が家族と出掛けるのを見て急いで着替えます。卓也は何気ない会話が消え休日も出掛けてしまう珠との関係に疑問を感じ始めます。

石坂家族は水族館で楽しんでいたが携帯がなるたびにトイレに行っていたため妻が疑いの目で見ていました。

翌朝、珠は洗車をする石坂をアパートの部屋から監視していると携帯が鳴り慌てて車の中で会話し始めました。それを離れたところから妻が見ていることに気付きます。

スポンサーリンク
 

ホテルの部屋で石坂と澤村が落ち合い珠は1階のロビーで待っていました。2人は食事をするためレストランに向かい珠は後を付けます。

すると口論となり澤村が出て行きました。珠は急いで会計を済まし外に出ると石坂の前に妻と娘がいました。

妻は「娘と先に帰っててくれる」と言い澤村の後を追い掛けていきました。珠は一瞬迷うが女性2人を尾行することにしました。途中、卓也から電話があるがそれどころではなく無視してしまいます。

ホテルのフロントで石坂が誰と泊まっているのか問い詰めていました。珠はトイレに入った澤村を追います。

すると、

「あなたホテルにもレストランにもいたでしょ。奥さんに頼まれたの?」と言われてしまい「え…なんか、私、悪いことしました?」と口にすると「そうね、ごめんなさい」と澤村は出て行きました。

フロントで問い詰めていた妻はホテルを出て行く澤村を見て追い掛けるがタクシーで行ってしまいました。

とんでもない事になったと焦る珠は朝まで飲み歩く妻をずっと尾行し帰宅しました。疲れ切って服も着替えずベッドに倒れ込む珠を卓也は呆然と見ていました。

 

卓也は珠が家にいるときイヤホンをするようになっていました。

夜中、救急車が石坂の家の前に止まり慌てて珠は部屋を出て行きます。卓也は珠のただならぬ様子に驚きます。

妻が自殺未遂をし動揺する石坂は珠がいる事に気付くが「早く乗ってください」と救急隊員に言われ乗り込みました。

翌朝、珠は「白石さん、僕の事分かりますよね、君はずっと僕を監視していたよね、妻に頼まれたのか」と言われ珠は「私はあなたと接触したらダメなんです。それがルールなんです」と逃げ出します。

 

逃げても無駄だと思った珠は石坂と待ち合わせします。

「妻に頼まれたんだろ」と疑われるが珠は正直に修士論文のテーマで尾行したと言います。

しかし何で俺なんだと言われ酒をどんどん飲まされます。

「尾行した事は論文にするな」と責められる珠は酔い潰れながらも「論文だけは書かせてください」とお願いします。

強引にキスしてお願いすると最初は嫌がっていた石坂もその気になってしまいホテルに入ります。

しかし娘からのメールで我に返ります。

珠は初めての経験が亡くなった父親の親友でした。でもその親友は癌で亡くなってしまいました。

何で私の大切な人はいなくなるのか?取り残されるのか?ずっとモヤモヤして生きてきたが石坂を尾行しているとすこしずつモヤモヤが埋まり始め何か答えが出るかもと思い理由なき尾行にのめり込んでしまったのです。

泣きじゃくる珠を見て石坂は「俺の秘密、書いていいぞ」と言いました。

 

哲学の論文の題材で石坂をずっと尾行していたと卓也に白状します。

卓也は今まで自分達の関係を壊してまでそんな事していたのかと理解できず何で一緒にいるのか分からないと言いました。

卓也はホテルから珠と石坂が出て来るのを目撃しており別れる決心をしました。

部屋で1人になった珠は寂しく涙を流します。

 

石坂に接触してしまった事で珠は対象者を篠原教授に変えて論文を完成させました。

「素晴らしい論文です」と篠原教授から褒められるが妻だと思っていた人は他人だと知らされます。

篠原教授の母親は直腸癌で肺に転移していました。篠原は母親を安心させたくて代行エージェンシーに依頼し劇団員の女性を妻役として2ヶ月派遣してもらっていたのです。

母親が亡くなり指輪を返された篠原教授は「またいつかお会い出来ますか?」と聞くと女性は微笑み帰っていきました。

妻代行とはいえ母親が亡くなった時に涙を流してくれた女性に篠原は惹かれていました。

1人になった篠原は今まで女性が作ってくれた弁当の写真や母親と一緒に撮った3人の写真を見て寂しさを感じます。

そして珠の論文に高評価したあとパソコンのコードをドアノブにかけ自殺を図ります。

 

平凡で穏やかで裏切りも隠し事もない人生などない。誰もが苦しみから逃れられないが少しでも楽になる方法がおそらく秘密なのだろう。

理由なき尾行とは他人と置き換えて情熱や意思を知ること。人間が人間にとってかけがえのない存在になる方法。

 

あなたは私のことをどう思っていたのか。

私をどうしたかったのか。

あなたにとって私はなんだったのか。

私は永遠に知らない。

 

「 後妻業の女 」< ネタバレ あらすじ >遺産目的で高齢者と結婚し殺害して遺産を騙し取るブラック・コメディ!

 

「 聖の青春 」< ネタバレ あらすじ > 名人になるために命を削った対局!村山聖29年の生涯!