へぇ~♪そうなんだ~♪

映画<ネタバレ・あらすじ>本

「 オオカミ少女と黒王子 」< ネタバレ あらすじ > おまえは犬なんだからご主人様の言うこと聞いとけ

 

オオカミ少女と黒王子 DVD (初回仕様)

 

 

監督=廣木隆一

原作=八田鮎子

 

篠原エリカ(二階堂ふみ)

佐田恭也(山崎賢人)

三田亜由美(門脇麦)

日比谷健(横浜流星)

神谷望(鈴木伸之)

日下部憂(吉沢亮)

佐田怜香(菜々緒)

 

< ネタバレ あらすじ >

オオカミ少女と黒王子

 

私立八田高等学校に通う篠原エリカは孤独になるのを恐れ目立つ女子グループの輪に入り話を合わせます。

お付き合いすらした事がなかったが友達が話す内容すべてに既に経験済みと見栄を張ります。

女子校に通う友人の三田亜由美から電話があると「あっ、もしもしダーリン」と応答するが「毎回毎回彼氏のフリさせやがって!」と言われます。

 

「エリカって本当に彼氏いるの。見た事ないんだけど。」

トイレに入ってる時に友達に疑われてる事を知ったエリカはカフェで亜由美に相談しているとイケメンを見付け盗撮しました。

翌日、これが彼氏だとグループに写真を見せるがなんとその男は学年1のイケメンで女子達から王子と呼ばれる佐田恭也だと分かります。

「みんなで見にいこう」となってしまったのでエリカは恭也の腕を掴んで連れて行きます。

恭也は優しい笑顔で「なんか訳ありなんでしょ。相談に乗るよ」と言ってくれます。エリカは正直に話すと恭也は彼氏のフリをしてあげると承諾してくれたが…。

恭也は実はドSの黒王子。「3回回ってお手してワンだ」と言いました。

「ただでこんな面倒クセェ事引き受けるわけないだろ」

教室で一人ぼっちになる事を想像したエリカは言われた通り犬になります。

 

昼休みになると必ず恭也からメールがありダッシュで昼飯買って来いと命じられます。

女子グループは尾行しエリカと恭也がいるテーブルにつきます。

「エリカが言ってたけど王子なのに拘束プレイが好きなんですか」

エリカは内心やばいと思うが恭也は女子生徒の口をつまみ「この煩い口がきけないぐらい身動きとれないぐらい縛ってやろうか」と言いました。

恭也に助けられたエリカだが「俺に完全に頭上がらなくなったな」と念を押されます。

 

下校する時に雨が降ってきます。恭也は折り畳み傘を鞄から出し「おまえが持つんだろ」と言いました。

エリカは恭也が濡れないように傘を持ち、恭也の友人の日比谷健がアルバイトするカフェに行きます。

「犬には散歩が必要だからな」

エリカは、恭也の両親は別居中で姉の怜香と母親は神戸にいて、父親は仕事が忙しいからほとんど一人暮らしなんだと健から聞きます。

しかし、座った瞬間、「おまえもういいから俺の傘やるから早く帰れ」と言われ不貞腐れて出て行きます。

 

エリカは恭也と付き合っている噂が広まり妬んだ女子から因縁をつけられます。

その時、イケメンの神谷望が助けてくれます。

神谷は「前からエリカの事気になってたんだよね」と言いアドレスを交換しました。

デートに誘われ悩んでいると背後から近付く恭也に携帯を取られ消去されます。

「俺以外の男に尻尾振ってんじゃねー.神谷に関わるな。おまえは犬なんだからご主人様の言う事聞いてればいいんだ」

分かりましたと返事するエリカだが神谷とデートします。

「恭也と付き合ってるの?俺なんか勝てるわけないよな…」

エリカは正直に彼氏のフリをしてもらってるのだと話すと神谷は「なんだ、違うのか。恭也の女じゃないなら意味ない。すべて忘れて」と言いました。

ショックを受けるエリカの前に「やっぱりそうか」と恭也が姿を表します。

恭也は「こいつは俺のだから。勝手に傷付けるな」と神谷を殴ります。

 

スポンサーリンク
 

 

冬休みに入ってから一回も恭也から連絡がありません。

亜由美はエリカが拗ねている事に気付き「いつの間にか黒王子が好きになったみたいね」と言いました。

女子グループから「エリカは王子とどっか行ったの?写真見せてね」とラインが入ります。

ヤバイと思ったエリカはダメ元でデートに誘うと恭也は来てくれました。 

「暇だったし。久しぶりに飼い犬の顔でも拝んでやろうと思ってな」

水族館デートをしたエリカは証拠となる写真を撮ります。恭也も写真の時だけ優しい王子スマイルになってくれます。

恭也はお揃いのでも買っておけば大丈夫だろうと黄色い亀のストラップを買いました。

 

冬休み開け、恭也は学校に来ませんでした。

デートの時に咳をしていたのを思い出したエリカは健から住所を聞いて訪ねます。

帰れと言われるがエリカは熱さまシートをオデコに貼り付け差し入れを冷蔵庫にしまいます。

「弱ってる時は素直に甘えて。犬なんだから甘えやすいでしょ」

酸っぱい物が食べたいと恭也が言うのでエリカは買いに行き、洗濯物を片付け晩御飯を作り帰ります。

次の日もエリカは学校を終えると走って恭也の家に行きます。恭也の熱が下がってたので安心して帰ろうとすると「ありがとう」と言われ驚きます。

「おまえは他の女と違って見返りとか求めてないから礼でも言ってやろうと思っただけだ」

 

エリカは恭也のことが本気で好きになります。

「このまま犬でいいの?告白しちゃえば」と亜由美に言われたエリカは「恭也くんの事好きになっちゃったから犬は嫌だ」と伝えます。

「それ勘違いだから。俺の事考えて日々悶々と過ごせ」

鬼だ!と思うエリカだがどうやったら振り向かせる事ができるのか健に相談しに行きます。

すると、そこに恭也の姉・怜香がいたのでエリカは挨拶して相談に乗ってもらいます。

恭也よりも更にドSな怜香はエリカの本気度を試すため甘い物大食い競争を強要してきました。エリカは食べ過ぎて気持ち悪くなり具合が悪くなります。

恭也を「優しい」と評するエリカの根性を気に入った怜香はアドレスを教え「何かあったら気軽に電話して」と言いました。

 

研修旅行で神戸に行く事が決まりエリカは「自由時間に一緒に行動しよう」と恭也を誘います。

「集団行動より犬といる方が気楽だからいいぞ」

やったーとはしゃぐエリカを見て恭也は「おまえ打たれ強くなったな」と言います。

研修旅行委員のしおり係に選ばれたエリカは放課後に日下部憂と活動しなければならなくなります。

日下部はいつもメガネをかけて下を向いてるのでエリカはまじまじと顔を見るのが初めてです。

自分は女みたいな顔で気持ち悪いと思っていた日下部はエリカから「すごく綺麗な顔だからモテると思うよ」と言ってもらい少し自信を持つようになります。

 

好きな人と一緒に南京錠をかけると永遠に結ばれるビーナステラスがあると日下部から教えられるが恭也はベタなデートコースを嫌うためエリカは無理だと思います。

日下部は「好きな人が喜ぶ事だったら僕はなんでもしてあげたいと思うけど…」と言います。

エリカは南京錠を買いに行くと亜由美から「本物の恋人じゃないまま南京錠かけても意味ないんじゃないの」と言われます。

目先のこと気にしていたらいつまで経っても彼氏なんて出来ないと言われたエリカは健の店に恭也を呼び出し自由行動のしおりを渡します。

そして、

勇気を持って想いをぶつけ告白すると恭也は「好きでもない女といるわけないだろ。俺も前から想ってたよ。」と言いました。

喜ぶエリカだったが……

「で、この猿芝居いつまで続けてほしい。おまえ単純だな。俺がそんな甘いこと言うわけないだろ」

弄ばれたエリカは涙を流し水を恭也にぶっかけて走り去ります。

 

バスの中でエリカは本当は付き合っていない事を正直に伝え謝罪するが女子グループから貶すメールが大量に届きます。

エリカは怜香に「すいません。頑張れませんでした。」と伝えたあと携帯の電源を切ります。

そんな様子を見ていた日下部は「今日1日だけ篠原さんを笑顔にするチャンスが欲しい」と言いました。

エリカは恭也と一緒に行く予定だったコースを日下部とまわるがビーナステラスだけは「私1人で行きたい」と謝ります。

一方、エリカを気にする恭也は怜香からの電話を受けます。

「どんなに酷い事言われてもエリカはあんたを優しいと言っていた。必死に本心を見ようとしていた。大切な気持ちは言葉にしないと伝わらないんだからね」

恭也はエリカを探しに行こうとすると300件の女性のアドレスを持つ神谷に呼び止められ「女1人ほっといて楽しもうよ」と言われます。

恭也は「その中に本気で守ってやりてぇと思える女が1人でもいるのか」と言って神谷の携帯を奪い全アドレスを消去して去ります。

 

エリカから受け取ったしおりに書いてあるコースをまわるが恭也は見付ける事ができません。

エリカは水族館デートした時に恭也に買ってもらったストラップを落とし探していたのです。

恭也はゴミ箱からストラップを見付けて喜ぶエリカを発見し「携帯の電源切って何やってんだバカ犬」と声をかけます。

恭也はエリカの首にネックレスを付け「首輪。これでおまえは俺のものだからな」と言います。

エリカは「分からない。私の事どう思ってるか分からない。ちゃんと言ってくれないと分かんない」と涙を流しながら訴えます。

恭也は「うるせぇ口だな」と近付きキスしたあと耳元で「好きだよ」と言いました。

さっさと歩いて行ってしまう恭也を追いかけエリカは「もう一回言って」とリクエストするが「言わねーよ、バカ犬」と言われます。

エリカは予定通り恭也とビーナステラスで南京錠をかける事ができました。

 

「 orange-オレンジ- 」< ネタバレ・あらすじ > 10年後の未来から来た手紙!!好きな人の心を救うには?!(感動作)

 

「 四月は君の嘘 」< ネタバレ あらすじ >母親の死をきっかけにピアノの音が聴こえなくなった!彼女の嘘がすべてを変える!広瀬すず×山崎賢人