へぇ~♪そうなんだ~♪

映画<ネタバレ・あらすじ>本

「リップヴァンウィンクルの花嫁」< ネタバレ あらすじ >傷付きたくないから偽りの姿になる。人は儚く、そして強い! 黒木華、綾野剛、Cocco

 

リップヴァンウィンクルの花嫁 [Blu-ray]
ポニーキャニオン (2016-09-02)
売り上げランキング: 39,289

 

監督・脚本・原作 = 岩井俊二

 

◆皆川七海(黒木華)

◆安室行舛(綾野剛)

◆里中真白(Cocco)

◆鶴岡鉄也(地曵豪)

◆鶴岡カヤ子(原日出子)

◆高橋優人(和田聰宏)

◆里中珠代(りりィ)

 

< ネタバレ あらすじ >

リップヴァンウィンクルの花嫁

 

中学校の臨時教員をしながらコンビニでアルバイトしている皆川七海はSNSサイトでクラムボンという名前で活用し日々口に出来ないような事を書き込んでいました。

声がとにかく小さく生徒からはマイクを使うよう小馬鹿にされていたがネットでの生徒から気に入られていました。

そんな七海はお見合いサイトで知り合った鶴岡鉄也を買物でもするかのようにワンクリックで手に入れ付き合うようになります。

鉄也との結婚が決まると親戚や友人が少ない事でどうしようとSNSでつぶやくとランバラルから「なんでも屋」に頼んでみればと教えられます。

声の小さな事が致命傷となり臨時教員はクビになるが生徒たちからは寿退社と思われ花束を渡されました。

花束の中からマイクが出てきてやはり馬鹿にされていました。それでもネットの生徒の母親からは辞めないで欲しいと頼まれ引き続き教える事にしました。

 

ランバラルに紹介してもらった安室行舛(安室紹介)に代理出席を頼むと結婚式は盛り上がり無事に終えました。

しかし結婚してすぐ部屋の掃除をしているとイヤリングを発見し浮気されていると悩む七海は安室に調査を依頼してしまいます。

すると高橋優斗が訪ねてきて自分の彼女と鉄也が浮気していると言われます。ホテルに呼ばれた七海は身体でつぐなえと脅されトイレに閉じ籠り安室に助けて欲しいとお願いするとシャワー浴びたりとにかく時間をかせぐよう指示されます。

部屋に入ってきた安室は「お疲れさん」と高橋を帰らせ仕掛けたカメラを回収し七海に「もう追い返したから大丈夫だよ」と声を掛けました。

葬儀のため鶴岡の実家へ行くと鉄也の母親・カヤ子に呼び出され両親が離婚しているのに黙っていた事や代理出席を頼んでいた事など責められます。そして「どうゆう事?」とホテルで高橋と会っていた映像を見せられ浮気を疑われ離婚するよう家を一方的に追い出されてしまいました。

安室から浮気調査の件で連絡がありカヤ子が別れさせ屋に依頼したのだと知らされます。

スポンサーリンク
 

仕事も家もない七海は安室から代理出席のバイトを紹介され安くて古いホテルで生活を始めます。代理出席のアルバイトで売れない女優をしている里中真白と出会い連絡先を交換します。

5人家族役で真白の妹として出席するが本当の家族のように感じられ楽しくなりお酒が進みます。

リップヴァンウィンクルとSNSで登録している真白は元気で明るく正反対な性格だが七海は酒を飲んだりカラオケしたりして惹かれ始めます。

 

七海は月100万の報酬で豪邸で住み込みのメイドをしないかと誘われます。

もともとレストランだった場所を買い取ったオーナーは海外性格が長くほとんど住んでいない状態でペットとして飼っている毒クラゲや毒エイ、毒貝などの世話や家の掃除が仕事でした。

怪しい仕事で警戒するがもう1人いるメイドは真白でした。真白は女優の仕事が忙しく家にいない事が多かったが七海は何より楽しく感じられ幸せでした。

家にはコスプレ衣装部屋があり七海はメイド服を借りて仕事します。夜は仕事を終わって帰ってきた真白に抱き付かれそのまま朝まで一緒に寝ることが多くなります。

ある日、真白の携帯が鳴り起きないので七海が出ます。仕事の電話らしく起こそうとすると熱があるのに気付き迎えにきた恒吉と病院に運びます。車に運ぶときに七海は真白を背負うが体重が軽すぎることに気付きます。

七海は真白がAV女優で最近10キロも痩せたこと、そしてオーナーから高い家賃で家を借りている事を恒吉から教えられます。安室に連絡して真白から雇われているのか聞くと「それは契約違反で言えないが友達が欲しいと言うのがクライアントの依頼です」と言われます。

 

水槽の前にしゃがみこみ真白は酒と一緒に薬を飲んでいました。何の薬を飲んでいるのか聞いても真白は答えず七海は酒を取り上げます。

七海はこの仕事辞めるから家や自分なんかに金を使うのを止めてと涙を流します。真白は七海にキスしてこの涙のためだったら命を捨てることも出来ると言いました。

 

2人でずっと一緒に暮らすため物件探しを始めます。帰りにウェディングドレスを見ていた真白は2人で試着しようと言います。

記念写真を撮りレンタルしてそのまま豪邸に戻ります。2人でパーティーをして豪華な食事にワインを飲んで楽しみベッドに横になりキスを交わします。

「幸せには限界がある。この世界は私には優しすぎるんだよ。だから私は人の有り難みを金で買うんだ」

そう言った真白は「私と一緒に死んでくれる?」と聞くと七海は「はい。」と頷きました。

 

翌朝、安室が豪邸に行くと葬儀屋の人が玄関の前にいました。

ウェディングドレス姿で2人が横になっているのを見て安室は「末期ガンの真白から1千万で一緒に死んでくれる人を探してと依頼されたんですよ」と葬儀屋に話します。

しかし七海が寝返りをうったので驚きます。

真白から「今から死にます」とメールがきて心配で駆け付けたんだと誤魔化しました。七海は真白が死んでいるのが信じられず泣きながら必死に起こそうとします。

 

真白の葬儀には代理出席した家族やAV女優の仲間たちが駆け付けるが親は来ませんでした。

死んだあとの処理も依頼されていた安室は七海と一緒にお骨を持って母親・珠代を尋ねます。

子供は捨てたんだし骨はいらないと珠代は言うがどれだけ説得しても仕事を辞めなかったと話し始めました。

真白がプライドを持ってする仕事を少しでも分かりたいと珠代は2人の前で服を脱ぎ始め泣きます。

珠代の気持ちを理解できた安室も服を脱いで恥ずかしいと言いながら泣き始め七海は泣き笑いの表情を浮かべ真白のために酒を飲みます。

 

一人暮らしを始めた七海は引っ越し祝いだと家具を持ってきた安室から最後の給料を受け取り前を向いて一歩踏み出しました。

 

「ソロモンの偽証」< ネタバレ あらすじ >クラスメイトの死は自殺なのか!殺人なのか!学校内裁判(原作 宮部みゆき) - へぇ~♪そうなんだ~♪

 

「 舟を編む 」< ネタバレ・あらすじ >言語学部卒の無口で生真面目な変人が辞書作りと共に成長する / 松田龍平・宮崎あおい・オダギリジョー - へぇ~♪そうなんだ~♪