へぇ~♪そうなんだ~♪

映画<ネタバレ・あらすじ>本

「ロシアン・スナイパー」< ネタバレ あらすじ > 実在した女性狙撃手、リュドミラ・ミハイロヴナ・パヴリチェンコの人生

 

ロシアン・スナイパー [DVD]

 

 

◆リュドミラ・パブリチェンコ(ユリア・ペレシルド)

◆エレノア・ルーズヴェルト(ジョーン・ブラッカム)

◆レオニード(エフゲニー・ツィガノフ)

 

第二次世界大戦、ナチスドイツ兵309人を射殺した実在のソ連女性スナイパー。

リュドミラ・ミハイロヴナ・パヴリチェンコの人生を描いた戦争映画。

 

< ネタバレ あらすじ >  ロシアン・スナイパー

スポンサーリンク
 

1937年、

キエフ国立大学に史学科1位の成績でリュドミラは合格します。

射撃場で友達が見てるなかリュドミラは初めて銃を構えるが男よりも成績が良かった。

授業中、学長室に呼ばれたリュドミラは射撃の腕を認められ半年間、射撃訓練を行うよう言われます。

英語教師をしている母親は、軍人である傲慢な父親がリュドミラを男にしてしまったと責めた。

 

リュドミラは友人ソーニャに食事に招待され医療機関で働く兄ボリスを紹介されます。

しかし宣戦布告なしにドイツ軍が侵攻し国境付近に攻め入り空襲を仕掛けたニュースが流れます。

”女性が戦場に行くことはない”

ボリスは止めるがリュドミラは”臆病者は黙ってて”と言い放ち戦場へと行きます。

 

1941年、

新兵訓練に参加したリュドミラは脱落者が半分以上いるなか狙撃手として生き残ります。

次々と仲間が目の前で死んでいくなかリュドミラは戦場での活躍が認められ将軍からモシン・ナガン狙撃銃を渡されます。

 

f:id:netabare1:20161017155331j:plain

 

オデッサの地でリュドミラは仲間を見捨てない逞しい軍人となっていたが微笑みながら狙撃していた。

爆弾により負傷したリュドミラは目を覚ますと軍医としてやってきたボリスと再会します。

治療を受けたリュドミラはセヴァストポリ司令部で戦線復帰させて欲しいと願い出るが愛するマカール隊長が死んだ報せを受けます。

 

特命を受けレオニード新隊長と供に敵の後方から狙撃していたリュドミラは敵を簡単には殺さず楽しんでいた。

同志を失いたくないレオニードは生きがいがなければ簡単に殺されるから止めるよう言います。

 

新年を迎えリュドミラはレオニード新隊長と愛し合います。

結婚して子供が欲しいとずっと願っていた友人マカーシャだったがパイロットをしていた恋人は撃墜され戦死してしまいました。 

リュドミラは子供が欲しいと思うようになり生きがいを見付けるがレオニードは戦場で亡くなってしまいます。

 

英雄扱いされるリュドミラだったが精神を病むようになります。

軍医の診断書を提出しもう戦えないと発言するが許可されず無理矢理、戦場に行かされるようになります。

ボリスは何度も重症を追うリュドミラの送還許可証を作るが将軍はサインしてくれず軍医として特別に持っていた自分の送還許可証を持たせ帰国させました。

セヴァストポリは独軍の激しい攻撃により陥落しました。

 

1942、

駐米ソ連大使館にいた少佐リュドミラ宛にルーズヴェルト夫人からホワイトハウスへの招待状が届きます。

 

学生会議に軍服を着てやってきた小さな女性リュドミラは戦場でナチスドイツ兵を309人殺したと冷酷な表情で発言しました。

”死の女”と呼ばれているリュドミラは賢く教養があり美しい女性であり夫人は気に入りホワイトハウスに滞在させます。

 

クールで無表情なリュドミラを見てルーズヴェルト夫人は演説の仕方を教えます。

リュドミラは少しずつ笑顔を取り戻し夫人と一緒に料理をするようになるがフライパンを落とした音で砲弾に遭った事を思い出し咄嗟に包丁を持って構えてしまいます。

よほど辛い体験だったのだろうと感じ取り夫人は大丈夫だと声をかけ抱き締めました。

夫人からワンピースをプレゼントされ着るようになったリュドミラは女性らしくなっていき夫人と友達になりました。

 

f:id:netabare1:20161017155354j:plain

 

リュドミラは用意された報告書を握り潰してファシズム打倒を訴えました。

”あなた方は長いこと私の陰に隠れていませんか?”

アメリカ国民は全員立ち上がり拍手を送りました。

 

リュドミラは前線に戻り狙撃教育隊の教官になりました。

戦後、大学を卒業し国家最高の栄誉称号であるソ連邦英雄を授けられた。

 

1957年、モスクワ

ルーズヴェルト夫人はリュドミラ、そしてリュドミラの息子と一緒にオペラを楽しみました。

 

「 杉原千畝 スギハラチウネ 」<ネタバレ・あらすじ>ナチスドイツとソ連を相手にユダヤ人6000人を救った外交官の生涯

 

「The Lady アウンサンスーチー ひき裂かれた愛」<ネタバレ・あらすじ>スーチーさんの半生を描いたドラマ映画