へぇ~♪そうなんだ~♪

映画<ネタバレ・あらすじ>本

流星の絆<東野圭吾><ネタバレ・あらすじ> (前編) 14年前の出来事・詐欺行為、戸神行成との出会い

 

完全ネタバレですので読んでいない方はご注意ください

 

流星の絆 (講談社文庫)

流星の絆 (講談社文庫)

 

 

<ネタバレ・あらすじ> 流星の絆 (前編)

 

<14年前>

真夜中に親に見付からないよう二階の窓から外へ出る小学生の三兄妹(功一、泰輔、静奈)。

ペルセウス流星群を見るため一台の自転車で三人乗りし丘の上まで走らせブルーシートを敷き三人で寝転んでいるとまだ1年生の静奈は寝てしまいます。

天気が悪く予想通り流星が見える気配すらなかった、

雨が降り始めたので急いで帰ると血まみれで倒れている両親の姿を発見します。

 

洋食店「アリアケ」の有明夫妻が刺殺された。
この事件の担当となった柏原と萩原は三日前にも「アリアケ」でハヤシライスを食べていた常連客でもあった。

 

裏口付近に放置されていたビニール傘が家族のものではないという事で調べてみると指紋は拭き取られていた事が判明したが販売している店を調べても手掛かりは見付けられなかった。
顔見知りの犯行の可能性が高く人間関係を調べると、
殺害された有明幸博は博打好きで周囲の人物に金を貸して欲しいと相談していた事が分かった。

そして二人は正式な婚姻手続きをしていない事を知ります。


功一と泰輔が有明幸博の実子で静奈は塔子の娘だが戸籍上の父親は存在していなかった。
静奈の父親と思われる人物は認知しないかわりに静奈が成人するまで一定の額を塔子に支払う約束をしていた。
結婚したら支払いは停止する約束だったので塔子はこのお金を目当てに手続きをしなかったと予想される。

借金を抱えている確かな証拠が取れずにいたが、
事件直前にそれぞれの口座から合わせて200万、本人達によって引き出されていた。

事件の日、泰輔が裏から出て行く男を目撃しているため、
似顔絵を根拠に何十人と取り調べたが犯人と思われる人物は見付からなかった。

スポンサーリンク
 


<~6年後~>

高校三年になった功一は、
「あの事から逃げてはいけない、誰も助けてはくれない、あの日に戻ってやり直そう」と泰輔・静奈に告げる。
あの日と同じように、夜中に施設を抜け出し獅子座流星群を見に行く。
流星が天上を駆け巡る中、三人の絆はガッチリと結ばれこの先なにがあっても怖がらない事を誓うのであった。

 

功一が小さなデザイン事務所で働いている時、泰輔はバイト先を転々としていた。
静奈が施設を出たばかりのころ資格商法に引っかかり、
その損失を他人から同じ手で回収してから三人は詐欺行為を始めるようになっていた。
本業にしようとは誰も思わなかったが、
三人が力を合わせれば他人から金を巻き上げる程度は難しくなかった。
この力を使って生きて行こうと決心したのは功一が被害にあった時です。

デザイン会社の経営者が多額の借金を抱え逃げてしまい功一自信が受取書にサインしたものもあり兄弟達のお金を使う嵌めになってしまった。

親は殺され家を売ったお金は親戚に取られ三人で暮らそうと思ったら他人がお金をとっていく、

そんなのは絶対におかしいと静奈は口にし三人は「うちら兄弟はこれから騙す側に回る」と決心したのだ。

作戦を功一が考え、泰輔と静奈が実行役。

静奈は美貌を武器に男の心を掴む能力があり泰輔は変装の能力があった。



冷静な功一は、
いつまでもこんな事をやっていると今に捕まるから次を最後にしようと言いだす。
最後のターゲットは洋食チェーン店「とがみ亭」の御曹司・戸神行成であり宝石を一千万で買ってもらう計画をたてた。

ワインの試飲会で偽名を使い浸入した高峰佐緒里(静奈)と春日井健一(泰輔)は、

戸神行成がいる事を確認するとわざと「とがみ亭」が美味しかった話をする。

でも女性にとっては好き嫌いはっきり分かれるかも知れないと行成の気になる事を話した。

すると計算通り行成が話しかけてきた。

社交辞令でない生の声を聞けるのはラッキーだという行成に対して、

佐緒里はもう一度お店に行き確認してから報告させていただきますと言いました。

春日井は宝石会社の名刺を使いうまく挨拶をかわし佐緒里は自分はまだ学生だと話した。


後日「とがみ亭」に行った佐緒里は店の作り、照明の角度、料理の感想などを功一の言われた通り述べた。
行成の様子を見ているとこちらのペースに持ち込めた事を確信するが罪悪感のようなものを感じていました。


新しくお店をオープンするにあたって全権を任せられた行成は目玉のメニューはハヤシライスにしたい考えを佐緒里に熱心に話しだした。

オープンする時はそのお店のオリジナルのハヤシライスを完成させるのが条件だったが、今回新しくオープンする店はコース料理にして最後に元祖「とがみ亭」のハヤシライスを出すのを売りにしたいと考えているようだった。

近くハヤシライスだけの試食会があるので佐緒里に食べてもらい感想を聞きたいと誘われ次に彼と会う口実を考えていた佐緒里は微笑んだ。


向かえに来てくれた泰輔の様子がおかしい。

「あいつだ、親父たちが殺されたあの日、裏から出て行ったのはあいつに間違いない」

見て見るとそれは行成の父、戸神政行だった。

 

<中編>

流星の絆(東野圭吾)<ネタバレ・あらすじ> (中編) 「とがみ亭」の原点・証拠を作る三兄弟 - へぇ~♪そうなんだ~♪