読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

へぇ~♪そうなんだ~♪

映画<ネタバレ・あらすじ>本

「ソルト」<ネタバレ・あらすじ>アメリカCIAエージェント?二重スパイ?謎の美女は何者なのか~・アンジェリーナ・ジョリー

ミステリー サスペンス


ソルト (字幕版) 

 

◆イヴリン・ソルト(アンジェリーナ・ジョリー)

◆テッド・ウィンター(リーヴ・シュレイバー)

◆FBIピーボディ(キウェテル・イジョフォー)

◆ロシア連邦保安局オルロフ(ダニエル・オルブリフスキー

◆マイケル・クラウス(アウグスト・ディール)

 

< ネタバレ あらすじ > ソルト SALT

スポンサーリンク
 

二年前、北朝鮮に囚われたアメリカCIAエージェントのイブリン・ソルトは激しい拷問にあい死を覚悟するが、

同じCIAエージェントであるテッド・ウィンターが迎えに来て捕虜交換により解放された。
秘密を守るのが最優先のため工作員は見捨てられるはずだが何故解放出来たのか訊くと、
世界的に有名なクモの研究家マイクの必死な活動によりアメリカと北朝鮮の捕虜交換交渉が行われたのだ。

現在、リンク石油世界本部でデスクワークをしているCIA分析官ソルトは、マイクと結婚していてワシントンDCで幸せに暮らしている。
結婚記念日に早く帰ろうとするがロシアの連邦保安局オルロフが亡命したいと現れた。

1923年冷戦時代に子供達を集めスパイ教育が開始された。
1963年にアメリカ大統領を暗殺したソ連の英雄アレックは最初の成功者であり、
スパイの指導者はアレックのような人材をつくるため大勢のエージェンドを要請し廃墟となっていた修道院で子供達はロシア語を習う前にアメリカの言葉を覚えさせられた。
実行の日を何十年も待ち続けながらロシアスパイはアメリカに潜り込んでいる。
アメリカの副大統領の葬儀の場でロシアの大統領を殺すはずだとオルロフは伝えにきた。
ロシアのエージェントがロシア大統領を殺害するといった話にソルトはさっさと話を終わらせようとするが、
オルロフは「暗殺するのは、イブリン・ソルトだ!!」と言った。

自分はロシアのスパイではないと訴えるソルトだったが、
傍聴していたFBIピーボディなどからはオルロフに取り付けたスキャナーから嘘ではないと判断されてしまう。
連れて行かれたオルロフはFBI二人を殺害し逃亡しCIA本部に閉じ込められたソルトもマイクが心配で逃げ出してしまう。

家に帰るとマイクは帰宅していなかった。
拳銃やスパイ用具を持ち出すとFBIが突入してきたので外壁をよじ登り逃走する。
CIAテッドは、ソルトがどれだけ国に尽くしてどれだけ優秀なのか知っているのかと問うが、
FBIピーボディはスパイ容疑がかけられているのに逃げるから捕まえるか殺すかしなくてはならないと答えた。
やがてソルトはCIAやFBIに包囲されてしまうが高速道路を走るトラックに飛び移り危機を逃れる。

ニューヨークのホテルでヘルナンデスの名で泊まったソルトは、
オーツ副大統領の葬儀が行われるバーソロミュー教会の地下通路を調べていた。
式典でロシア大統領が立っている床を地下から爆破させ落下してきたところを殺害した。

 

スパイ教育者でありみんなの父親であるオルロフと供にアジトに向かう。
アジトではマイクが射殺され一瞬驚くが「兄弟よくぞ戻った、おかえり」と皆に称えられた。
NATO工作員と会い最終指令を受け地下に潜る事をオルロフから聞かされた後ソルトはアジトにいる連中を皆殺しにした。
結婚する場合は利益がある時だけと小さい頃から教育されていたソルトだったがマイクに対して愛が芽生え結婚していたのです。

NATO工作員は子供のとき一緒に教育されていた人物だった。
ホワイトハウスでNATO工作員はアメリカ大統領を暗殺しようと銃を乱射し自爆するが大統領は間一髪のところで逃れる。
ソルトは大統領を追うとアメリカ大統領を警護している連中を皆殺しにしたテッドがいた。
テッドもソルトと同じロシアスパイだったのだ。
ロシアでは実戦に向けてミサイルを準備している事からアメリカも核ミサイルの準備のため認証コードを解除して発射準備をしていた。
それを操作するテッドにソルトは自分も指令室に入れて欲しいと頼むが、
ロシア大統領が生きていたニュースが流れてしまいロシアスパイとしての仕事をしていない事がばれてしまう。
ソルトは毒クモの液を使い死んだように見せかけていたのだ。
テッドと格闘している時にFBIに捕まってしまうが一瞬の隙をついて手錠でテッドの首を絞め殺害する。

亡命しに来たオルロフとテッドが黒幕であり、認証コードを解除させ核ミサイルをテヘラン・メッカに設定してイスラム教徒を怒らせアメリカに報復させるのが本当の狙いだったのだ。
スパイ教育を受けていた者が目の前にいるロシア大統領やピーボディを殺せないわけないと説得すると、
ロシアスパイアジトからソルトの指紋が検出された情報を受けたピーボディは信用して連行中のソルトをヘリから逃がしたのだった。

 

「Mr.&Mrs.スミス」< ネタバレ あらすじ >結婚した互いのスミスはプロの殺し屋だった - へぇ~♪そうなんだ~♪ 

 

「告発の行方」< ネタバレ あらすじ > レイプ被害者の弁護人は犯罪教唆の罪として裁判に挑む! - へぇ~♪そうなんだ~♪