へぇ~♪そうなんだ~♪

映画<ネタバレ・あらすじ>本

「 シェル・コレクター 」< ネタバレ あらすじ > 消えても形を変えこの世に戻ってくる。止まる事なく旅は続く!

 

シェル・コレクター [DVD]

 

監督・脚本 = 坪田義史

 

◆貝類学者(リリー・フランキー)

◆山岡いづみ(寺島しのぶ)

◆光(池松壮亮)

◆弓場嶌子(橋本愛)

◆弓場宗治(普久原明)

◆清吉(新垣正弘)

 

< ネタバレ あらすじ >

シェル・コレクター

 

沖縄の孤島で暮らしている盲目の貝類学者はいつものように海辺を歩き貝を採集していきます。

貝のような小屋に持ち帰り茹でて中身をくり出し指でなぞり確認したがら綺麗に磨いていきます。

貝は螺旋を描く、なぜこの美しい模様なのか、なぞっても答えは出ない。

 

手足の痺れから始まり皮膚に湿疹が出始め重症化して意識を失い死に至る謎の奇病のニュースがラジオから流れています。

ある日、海辺を歩いていると謎の奇病に侵された画家の山岡いづみが流れ着き倒れていました。

助けた事で奇妙な共同生活が始まり孤島に日常品を運んできてくれる清吉は女性がいるので驚きます。

清吉から手渡された荷物の中には息子・光からの手紙があるが貝類学者はまだ一度も読んだ事はありませんでした。

 

5年前から孤島にいる貝類学者は「1人でいて寂しくないの?」と聞かれ「そう思うのは若い証拠だ、孤独は親密なものだよ」と答えました。

海辺を散策して戻ると新種のイモガイを入れていた水槽がひっくり返っており山岡が倒れていました。

イモガイに刺された者は麻痺が徐々に広まり何も見えなくなりやがて凍り付いて死に至る。

しかし眠りから覚めた山岡は右手に感覚がある事に気付き手当たり次第に物に触れ生きている事を実感し壁一面に綺麗な螺旋の貝を描きました。

そして「私は生まれ変わったの、私に名前を付けて」と強引に貝類学者の上に跨り身体を重ねました。

スポンサーリンク
 

貝類学者は貝で作った料理を出され「なぜ美味しいか分かるか?貝は海に沈んだ人間の死体を食べるからだよ」と言います。

山岡はイモガイに刺された感覚をもう一度体感したいとお願いするが1人で誰にも邪魔されずに生きてきた貝類学者は「もうこれ以上、巻き込まないでくれ」と言ってその場から逃げます。

 

山岡が清吉のボートに乗って孤島を離れた事で噂が広まってしまい島の有力者・弓場宗治がボートでやってきて奇病に侵された娘・嶌子を治療してほしいと頼まれます。

貝類学者はイモガイは猛毒で死ぬかも知れないと断ると小屋の中をめちゃくちゃにされ「大事なコレクションが無くなり孤島から追い出される事になる」と脅されました。

仕方なく貝類学者はイモガイを拾いボートに乗って向かうと嶌子は意識朦朧としていました。

イモガイを手に握らせると少しづつ湿疹が無くなり奇跡的に助かりました。

 

アメリカの記者ジムが300年前に向島の火山が噴火して出来た貝類学者がいる島にやってきます。上空では軍機が飛び交い軍事訓練が行われていました。

山岡は感覚を取り戻してから精力的に描き絵画はこれまでにない高値がついていました。山岡から話を聞いて訪れたジムに貝類学者は「彼女が忘れられないのは自分ではない、あなたが探している貝類学者はもういない」と言いました。

小屋の中は弓場に荒らされたままで貝の採集すらやめていたのです。

取材できなかったジムは盲目と貝は似ていると思います。貝殻が中の生き物を守り安全に生活させるように盲目は盲人を世界から守る。

 

奇病を治す奇跡の貝が見付かったと噂が広まります。むやみに島に近付いたり上陸するのは控えるようラジオで流れるが貝類学者の小屋には人が集まりその中には慈善団体の職員である息子・光もいました。

ボランティア団体に所属する光は奇病には環境汚染が関わっていると人々に語り掛けます。

光は病に苦しむ人が治るかもしれないからイモガイの治療をするべきだと訴えます。

きっかけで薬が開発されるかもしれないと語る光に「生きて行くために使える物はなんでも使え、その代わり使われるな」と貝類学者は言いました。

 

光は自分でなんとかしようとするがイモガイに刺され死んでしまいます。報せを受けた貝類学者は愕然としイモガイを探して自分も死のうと試みるが嶌子に助けられます。

島の神事を司る役目の家系で育つ嶌子は神様からお告げを受けたのです。

「私たちの魂は形を変えて必ずこの世に戻ってくる」

貝類学者は「私は何も分かってなかった」と言いました。

 

火山が噴火し激しく小屋は揺れ流されます。漂着した島で貝類学者は貝を拾い上げ「美しい」と言いました。嶌子から「この貝の名前は?」と聞かれます。

「この貝にはまだ名前はない」

 

 

「 海よりもまだ深く 」< ネタバレ あらすじ >自分が見た未来はこんなはずじゃなかった!いつから人生くるったのだろう。

 

「凶悪」<ネタバレ・あらすじ>実際に起きた上申書殺人事件を基に描いたノンフィクション/山田孝之・ピエール瀧・リリーフランキー