へぇ~♪そうなんだ~♪

映画<ネタバレ・あらすじ>本

「 善徳女王 」 全話の<ネタバレ・あらすじ>を6話に纏めました / 新羅初の女王 / 重要人物・キャスト

 

善徳女王(ノーカット完全版) コンパクトDVD-BOX1(本格時代劇セレクション)[期間限定スペシャルプライス版]

 

 

朝鮮半島で初の女王となった新羅第27代善徳女王。

双子が生まれると聖骨の男子(王族男子)が途切れると言い伝えがあり双子の妹は自分の出生を知らずにタクラマカン砂漠で育つ。

父親を探す旅に出ると偶然にも身分を知らないまま出会った双子の姉と仲良くなる。導かれるように宮殿に戻り自分の出生を知り亡き姉の意志を継いで王女として生きる。

絶対的な権力を持つミシルを敵視し新羅初の女王を目指し三韓一統の夢を抱く。

ネタバレ・あらすじは重要人物紹介の後

 

< 重要人物・キャスト >

 

徳曼トンマン(イ・ヨウォン)=少女時代(ナム・ジヒョン)

真平王と摩耶夫人の間に双子の妹として生まれるが「双子が生まれると男子が途絶える」と新羅で言い伝えが王女とは知らずに砂漠で育ちます。

父親を探す旅に出るが導かれるように宮殿に戻り王女だと知ります。そして新羅初の女王になる事を決意し三韓一統の希望を持つ。のちの新羅初・善徳女王

 

美室ミシル(コ・ヒョンジョン)

真興王の側近で絶大な権力を持つ。真興王が亡くなると玉璽を管理する璽主となり皇室を我が物とする。王妃の座を狙うがトンマンとの出会いで…

 

天明王女チョンミョン(パク・イェジン)=少女時代(シン・セギョン)

トンマンの姉。ミシルに恐怖心を持っていたが夫が戦死したように仕向けられてから逞しくなる。ミシルを倒すため妹のトンマンに協力。

 

キム・ユシン(オム・テウン)=少年時代(イ・ヒョヌ)

伽耶出身の努力家、チョンミョン王女を救った事で都に呼ばれ男装したトンマンを花郎にするよう頼まれる。龍華香徒のリーダー。

トンマンの側近として欠かせない存在。

 

ピダム(キム・ナムギル

チンジ王とミシルの子だが王妃に成り損ね赤ん坊の時に捨てられる。ムンノの武術を引き継ぐ。

トンマンが王女、そして女王となるまで側近として活躍。だが出生を知り…

 

アルチョン(イ・スンヒョ)

十花郎の1つのリーダー。最初はユシンやトンマンに敵意を抱いていたが共に戦場を戦い抜いた事で友情か芽生える。

ユシンと共にトンマンには欠かすことのできない存在

 

チュンチュ(ユ・スンホ)

チョンミョン王女の息子。ドラマ終盤から登場。のちの新羅第29代王・武列王。

 

ウォルヤ(チュ・サンウク)

滅亡した伽耶の王子。伽耶出身の者を王座に就かせようと目論む。復耶会のリーダー。

 

ソルォン(チョン・ノミン)

ミシルの情夫、ポジョンの父親。戦略家

 

ムンノ(チョン・ホビン)

国仙。花郎総指導者。武芸でこの人に勝る者はいない。生まれたばかりの双子の妹を宮殿から逃す。ピダムを育て三韓一統の夢を託そうとするが…

 

スポンサーリンク

 

 

< ネタバレ あらすじ >  善徳女王

 

新羅を牛耳る美室”ミシル”の存在・双子が生まれ妹王女を隠す王様・天明”チョンミョン”王女の決意

 

王権を取り戻す決意・花郎となった徳曼トクマンは自分が王女だと知る!

 

チョンミョンの死・トンマン王女の決意・育ての親ソファとの感動の再会

 

 国仙ムンノの帰還 / 三韓一統への希望 / トンマン、チュンチュの発言がミシルを目覚めさせた!

 

⑤王位を狙うトンマン王女とミシル璽主 / ピダムの母・ミシルの最後!

 

⑥ 

(最終話)女王の誕生・トンマンの恋・罠に嵌るピダム・三韓一統の夢

 

 

blog.netabare-arasuji.net