読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

へぇ~♪そうなんだ~♪

映画<ネタバレ・あらすじ>本

「帝王の娘 スベクヒャン」<ネタバレ・あらすじ> ③諜報団のソルランは王妃の侍女となる / 偽物のスベクヒャンに成りきるソルラン / 姉妹の再会 / 本物のスベクヒャンは自分だと知るソルラン

 

前回の<ネタバレ・あらすじ>はこちら

「帝王の娘 スベクヒャン」< ネタバレ・あらすじ >②スベクヒャンの座を妹ソルヒに乗っ取られるソルランは何も知らずピムン(諜報団)の一員に。 - へぇ~♪そうなんだ~♪

 

 

f:id:netabare1:20170207161502j:plain

 

< ネタバレ あらすじ >帝王の娘 スベクヒャン ③

 

武寧王は安蔵王(高句麗王)に対面するよう新書を送るが百済で会談する変わりスベクヒャン(ソルヒ)を請人(王の娘や妻を会談終了まで預かる制度)に出せと要求されます。

スベクヒャンはチンム(東城王の息子=実父は武寧王)の制止を振り切り百済のためになるのならと受け入れる覚悟を王様に伝えます。

一方、ピムン(諜報団)に認められたソンヨン(本物のスベクヒャン)はミョンノン(武寧王の息子=実父は東城王)に命じられトリム(もとは高句麗の密偵)の元で女人になるための教育を受けます。

 

王様が高句麗に行かないように寵愛する王女がいるとミョンノンが流したのだとへ佐平(へ・ネスク)は勘付きます。

ミョンノンは王様と王女を守るために偽のスベクヒャンを出す計画だったがチンムは王様のためにミョンノンが高句麗に流したのだとスベクヒャンに伝え不安にさせます。

王女の身代わりとなる偽物のスベクヒャンはトリムから教育を受けたソルランが選ばれました。

ソルランはピムンの称号である獏の入墨を入れる時、幼い頃から首の後ろにあるホクロが守百花スベクヒャンの入墨だったと知ります。

 

ソルランはスベクヒャンに成りきり王女がいる宮殿から王様、ミョンノンと共に加林城に向かいます。 

宮殿で待つスベクヒャンは身代わりとなった娘が伽耶から来た者で家族は盗賊に殺されたと聞きます。

ミョンノンが寄越した護衛に私物を持って来るよう頼むと見覚えのある簪を見付け名前がソルランだと知ります。

 

スベクヒャンは加林城まで出向きソルランを確認します。

厳しいピムンの訓練を突破しここまで上り詰めたのは本物の王女だからであり、自分は姉になんて酷いことをしたのかとソルヒは涙します。

しかし高句麗の将軍(ウルミル)に見付かり身分を聞かれたソルヒは”私が本物の王女スベクヒャンだ”と言い放ちます。

偽物だとばれたソルランは高句麗で厳しい拷問を受け、絶対にバレるわけないと自信があったトリムは王女が姿を消した事と関係があるはずだと疑います。

 

スベクヒャンは偽物の王女は高句麗の密偵だと聞いたので王様が心配になり駆け付けてきてしまったと言い逃れます。

牢獄されたソルランは”高句麗王の女が百済にいる”とミョンノンに伝えるが、ウルミルから金を手渡され百済に行ってはならない事を言われ逃がされました。

スベクヒャンがソルランを高句麗の密偵だと仕立てるために仕組んだ事ではあったがソルランは何か罠があると気になりミョンノンを信じ牢屋に戻りました。

ミョンノンは高句麗王を調べると太子だった時に密偵として百済に滞在していた頃、愛した女ユジュと子供と離れ離れになった事を知ります。ユジュと子供を探し出し引き換えを条件にソルランを助け、両国の話し合いも休戦として解決されました。

ウルミルは家族を百済の王に殺され強い憎しみを持つ者を密偵として百済に行かせるが、その者は死んだと思われていたクチョンでした。

スポンサーリンク
 

百済に戻ったソルランはウネ王妃(へ佐平の娘)の侍女となり度々出くわすチンムと仲良くなります。

へ佐平の存在により身分が暴かれそうだと警戒したスベクヒャンはウルミルと手を組み書状をやり取りしていたと宴の席で訴えます。

王女を信頼する王様は忠誠を尽くしてくれたへ佐平を投獄しました。

宴を覗いていたソルランは王女の姿を見てソルヒそっくりだったため言葉を失うが年齢が同じ年だと聞いて見間違いかと思います。

しかしへ佐平が投獄されウネ王妃が落ち込んでいるので誤解を解いて貰おうとミョンノンに頼み込みスベクヒャンに会いに行きます。

 

逃れられないと覚悟を決めたソルヒは2人だけで会いソルランは妹が生きていた事を喜び涙を流しながら抱きしめました。

ソルヒは母親からスベクヒャンであると告げられたと嘘をつき妹想いのソルランは信用し姉妹である事を伏せておこうと言いました。

 

ウネ王妃は父親(へ佐平)を投獄させたスベクヒャンを恨むようになりじわじわと追い詰めるようになるが、

へ佐平に罪を着せようとしている者がいると王様は内心思っておりトリムに真相を探るよう命じました。

トリム、ミョンノン、テウン(ピムンの訓練教官)は罠を仕掛けるため、へ佐平がウルミルと内通した者の書状を持っているから無実だという情報を流すと餌につられ奪いに来たのは王女に仕えるピムンのサドでした。

しかしサドはスベクヒャンの魅力に惹かれ1人でやった事だと言い張り命を落としました。

本物の密偵が捕まったという事でへ佐平は釈放されるがミョンノンは内心では黒幕は王女ではないかと疑っていました。

 

ソルランはソルヒが年齢を誤魔化していた事で何か隠していると思います。

あんなに父親を愛していた平凡な母親が百済の王と出会い惹かれ合うなんて信じられないからです。

事実だと言い張るソルヒだが、では何故ソルヒではなく自分の肩にスベクヒャンの入墨があるのか心で問います。

 

高句麗の密偵として百済にやってきたクチョンは狩りをしているチンムに接触を計ります。

ソルランは王様を狙った刺客を捕らえ褒美として休みをもらいペク・カの使用人でありチェファ(ソルランの母親)の付人マックムを探す旅に出ます。

ソルランに想いを寄せるミョンノンは視察の次いでだと言い同行するがキムンのスニムン王に雇われた者に捕まりソルランと共に監禁されてしまいます。

 

スニムン王は国力が衰え百済に逃げた民を返すよう要求しました。

王様はミョンノンの命を救うため仕方なく屈する結論にいたるが探すよう命じていたピムンが救い出しました。

ミョンノンを人質にして脅迫した理由で殺すのは簡単だが命を救う代わりに谷鎚(百済とキムンの境界地域)を手に入れました。 

 

テウンはサドの死の真相を探るためサドが持っていた女用の指輪が誰のものなのかトリムに捜査を願います。

またスベクヒャンはソルランを探らせマックムを探していることを突き止めていました。

スベクヒャンからマックムの捜査を頼まれたチンムだが、その頃にはソルランはマックムを探し出し共に加林に向かっていました。

そして父親クチョンに助けられた母親チェファのお腹には現在の百済の王の子を身篭っていたと知り自分がスベクヒャンだと真実を知るのです。

 

続きはこちら

「帝王の娘 スベクヒャン」< ネタバレ・あらすじ > ④クチョンと涙の再会と別れ / 王女の母親(チェファ)殺しの罪を着せられるへ佐平 - へぇ~♪そうなんだ~♪