読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

へぇ~♪そうなんだ~♪

映画<ネタバレ・あらすじ>本

「 TAJOMARU 」< ネタバレ・あらすじ >愛する者のために地位や名誉を捨てるが裏切られ多襄丸を引き継ぐ!

 

TAJOMARU 通常版[DVD]

TAJOMARU 通常版[DVD]

 

 

◆畠山直光/多襄丸(小栗旬)

◆畠山信綱(池内博之) ◆桜丸(田中圭)

◆阿古(柴本幸) ◆道兼(やべきょうすけ)

◆猿(綾野剛) ◆景時(近藤正臣)

◆多襄丸(松方弘樹) ◆足利義政(萩原健一)

 

< ネタバレ あらすじ > TAJOMARU

 

畠山家次男の直光は生まれた頃から継承するのは長男の信綱だと思っている。

家を継ぐわけでもなく偉くなるわけでもなく、、だからと言って好き勝手な行動はとれず未来が霞んで見えていました。

幼い頃、直光は信綱、そして大納言の娘、阿古姫と3人でいつも一緒にいたが芋を盗んだ盗人を許し「桜丸」と名付け部下にしました。

 

成人を迎えると信綱は子供の頃から自分よりすべての能力が勝る直光に権力を奪われるのではないかと恐れていました。

 

大納言一族が疫病により亡くなり地獄谷に投げ捨てられました。

足利義政が訪れ「兄弟どちらかが阿古姫と婚姻し大納言家の財産を受け継ぎ次期管領の重職を引き継げ」と宣言しました。

直光は許嫁である阿古姫を渡すわけには行かないが金塊はすべて兄上に差し上げると伝えます。

スポンサーリンク
 

桜丸は陰謀を企て”金塊を独り占めするつもりだから阿古姫を奪うしかない”と信綱に伝え確認したのち”信綱が阿古姫を力付くで連れ去りました”と直光に報告して身内で争いを起こさせます。

 

直光は家老の景時と共に阿古姫を助け出し逃げるが力付くで手に入れようとするのは兄らしくないと疑問を持ちます。

桜丸は幼い頃に世話になった景時を話があるからと呼び出し斬殺した後、屋敷に向かい信綱を殺しました。

 

洞窟で一夜を過ごした直光は誰もいない事を不審に思い外に出ると景時の死体を発見します。

阿古姫を連れて山中へ逃げ込む直光は盗賊・多襄丸に襲われます。

直光は多襄丸に歯が立たず気を失ってしまいます。

 

阿古姫の悲鳴で目が覚めた直光だが、

多襄丸について行くから直光を殺してと口にした阿古姫に呆然とします。

「生きるも死ぬも一緒だ」と直光は訴えるが阿古姫は立ち去ってしまいます。

 

直光は阿古姫を追う多襄丸を後ろから襲います。

多襄丸は「これからは、おまえが多襄丸だ。多襄丸は生き続けるんだ」と代々手にしてきた刀を渡し死んでしまいます。 直光は地位も名誉も捨て阿古姫を選んだのに裏切られたと思い多襄丸として生きます。

 

盗賊の服を身に付け多襄丸(直光)は山中を歩いていると道兼率いる盗賊が用意した食事を見付け勝手に食べてしまいます。

気付いた盗賊に襲われるが多襄丸は簡単に相手が持っていた刀を折るとあっさり頭になって欲しいと頼まれます。

 

盗賊と宴会を繰り返す日々の中で絆が生まれる多襄丸だが心の奥では阿古姫を忘れられない自分がいます。

''長男の信綱が急死して次男の直光が管領式におさまる”と耳にした多襄丸は屋敷に帰ると投獄されてしまいます。

 

桜丸が直光と名乗り、その横には阿古姫がいました。

すべては桜丸が企てた事だと知る多襄丸だが翌日の処刑が下され成す術がありません。

そんな時、多襄丸が畠山家に逃げ込んだと道兼が所司代の耳に入れ屋敷の詮索にやってきます。

この時を待っていたのか阿古姫は、

「直光ではなく、直光の部下、桜丸です」と訴えました。

 

今更どうでも良いが話をすれば胸のつかえが少しでも楽になるかも知れないと思い直光は多襄丸を受け継いだまでの出来事を話しました。

 

所司代が桜丸の処罰を決定した時、足利義政がやってきます。

目が見えない足利義政は桜丸を気に入っており畠山家を代理する事は自分が決めた事だと口にし所司代は下がりました。

 

阿古姫を愛し畠山家を案じ、御所様には忠誠を、桜丸の友情、一時も忘れた事はないが、この胸には何1つ残ってない。

しかし、

道兼は多襄丸と直光のやり取りの一部始終を見ていました。

直光が意識を失っているあいだ、阿古姫は死に物狂いで多襄丸と戦い、辱めを受けるぐらいならと自殺しようとしていたのです。

それを多襄丸が止め阿古姫は自分がいると信綱から一生狙われるからと直光を守るため芝居をうっていたのです。

 

すべてを知った多襄丸は立ち上がると仲間の海賊が助けに来ます。

阿古姫が地獄谷に落とされる前に間に合います。

”何も知らず悪かった”と謝罪するが”すべてを終わりにしたい”と阿古姫は自ら身を投げてしまいます。

 

直光は地獄谷に飛び降り阿古姫を探します。

死骸だらけの中、苦しんでいる阿古姫を見付けます。

楽にさせねばと剣を振り上げるが多襄丸は抱き締め”最後まで一緒だ、生きて行こう”と脱出を試みます。

地獄谷には誰が探しても見付けられなかった大納言が捨てた金塊がありました。

 

多襄丸の仲間、道兼ひきいる盗賊は全員、桜丸ひきいる畠山家に殺られます。

多襄丸は阿古姫を背負い道兼が残してくれた鎖を使って登り脱出しました。

 

畠山家に阿古姫を連れて戻った多襄丸。

多襄丸は殺された仲間の鎧を身に付け、大納言の金塊目当てに多くの人を裏切った桜丸を斬殺しました。

 

直光は阿古と共に多襄丸として自由に生きる事に決めました。

 

信長協奏曲<ネタバレ・あらすじ>ドラマから映画完結まで一気に振り返ろう<ドラマ前半>サブローが織田信長となり美濃を手に入れる・殿を務める猿! - へぇ~♪そうなんだ~♪ 

 

キツツキと雨 < ネタバレ あらすじ > 木こり職人と新人映画監督!偶然な出会いが互いに影響を与える! - へぇ~♪そうなんだ~♪